1135件中 141 - 150件表示
  • 土岐頼行

    土岐頼行から見た大坂城大坂城

    その後は検地や羽州街道の整備、城下町の整備を実施して藩政の基礎を固める一方で、朝鮮通信使の饗応役、大坂城番、甲府勤番などを歴任している。寛永6年(1629年)から寛永9年(1632年)まで紫衣事件で処罰された沢庵宗彭の身柄を預かり手厚く保護している。土岐頼行 フレッシュアイペディアより)

  • 河尻秀長

    河尻秀長から見た大坂城大坂城

    秀吉の死後、慶長6年(1600年)の関ヶ原の戦いにおいて西軍に属したが、伏見城の戦いで討死したとも、大坂城の守備につき敗戦後自刃、近江において梟首されたともいわれる。居城の苗木城は旧領回復をもくろむ東軍の遠山友政(苗木遠山氏)に攻略され、戦後没収された秀長の遺領は友政に与えられた(美濃苗木藩)。河尻秀長 フレッシュアイペディアより)

  • 福原資保

    福原資保から見た大坂城大坂城

    慶長19年(1614年)からの大坂冬の陣では、徳川家の重臣・本多正信の指揮下に入り、慶長20年(1620年)の大坂夏の陣では大坂方の首級32を取った。元和7年(1621年)には大坂城番に任命される。寛永10年(1633年)12月24日に死去した。享年63。福原資保 フレッシュアイペディアより)

  • クールアース推進構想

    クールアース推進構想から見た大阪城大坂城

    一回目となる2008年7月7日には、横浜ベイブリッジなどの照明が落とされた。また、通常時はライトアップされている施設も協力しており、さっぽろテレビ塔、札幌市時計台、東京タワー、通天閣などの観光施設、東大寺などの宗教施設、大阪城、熊本城などの歴史的建造物が協力した。官公庁だけでなく、セブン&アイ・ホールディングスやイオンなど民間企業も、傘下の各店舗で実施した。環境省の試算によれば、一日で二酸化炭素排出量を420トン削減できるとしている。クールアース推進構想 フレッシュアイペディアより)

  • 志染町志染中

    志染町志染中から見た大阪城大坂城

    1730年(享保15年)- 1742年(寛保2年)まで大阪城代土岐氏領になる。志染町志染中 フレッシュアイペディアより)

  • 本町通 (大阪市)

    本町通 (大阪市)から見た大坂城大坂城

    江戸時代より船場のほぼ中央を東西に貫通し、大坂三郷のうち北組と南組の境界を成していた。当時の東端は大坂城南西角、現在の馬場町交叉点で、ここを起点に南へ伸びる上町筋沿いの上本町と接続していた。西端は百間堀川で、江之子島・川口方面へは架橋されていなかった。本町通 (大阪市) フレッシュアイペディアより)

  • 南条元忠

    南条元忠から見た大坂城大坂城

    慶長19年(1614年)、大坂冬の陣では、旧臣とともに大坂入城、平野橋口で3000人の兵を与えられる。東軍の藤堂高虎の誘いを受け、伯耆一国を条件に東軍に寝返ろうとするも、渡辺糺に見破られ、城内千畳敷で切腹させられる。「裏切りの伯耆侍古畳み南条もって役にたたばや」と落首された。享年37。遺骸は小姓の佐々木吉高によって持ち帰られた。なお、従兄の宜政(よしまさ)の子孫は、600石を知行する旗本として存続した。南条元忠 フレッシュアイペディアより)

  • 織田頼長

    織田頼長から見た大坂城大坂城

    大坂の陣に際して、豊臣氏に帰参したと思われる。慶長19年(1614年)の大坂冬の陣では長益とともに大坂城に籠城し、二の丸玉造口などを守備する。雑兵を合わせて1万人あまりの部隊を指揮したという。同年12月、自ら率いる部隊内の喧嘩騒ぎにより、徳川方の藤堂高虎隊が織田隊方面から攻撃を開始して谷町口の戦いが起きるが、頼長は病気と称して一切の指揮をしなかったという。これは藤堂高虎と頼長とが示し合わせた上での謀略ともされている。(南条元忠参照。)織田頼長 フレッシュアイペディアより)

  • 賀島政重

    賀島政重から見た大坂城大坂城

    慶長3年(1598年)、細山政慶(賀島政慶)の子として阿波富岡城に生まれる。慶長5年(1600年)、関ヶ原の戦いの際には大坂城で証人(人質)を務めた。慶長19年(1614年)、大坂冬の陣、慶長20年(1615年)、大坂夏の陣に出陣する。賀島政重 フレッシュアイペディアより)

  • 世直し一揆

    世直し一揆から見た大坂城大坂城

    蔵屋敷が集中する大坂では、文久2年(1862年)頃から米価の高騰が続き、元治元年(1864年)に将軍徳川家茂が大坂城に入って以後、主だった幕閣や諸侯、旗本及びその家臣たちが大坂に集中して急激に人口が増加した。更に禁門の変によって長州藩追討が決定されると、関門海峡を支配する同藩の海上封鎖によって東北・北陸から同海峡・瀬戸内海を経由して大坂に向かう航路の封鎖が確実となり、第2次長州征伐実施のために事実上の幕府軍の拠点となっていた大坂において兵糧米確保が行われた慶応2年には10年前の米価の10倍の水準にまで跳ね上がった。そのため、大坂及びその周辺の住民はその日の米も確保できない状態に陥った。世直し一揆 フレッシュアイペディアより)

1135件中 141 - 150件表示

「大坂城」のニューストピックワード