1135件中 151 - 160件表示
  • 織田秀則

    織田秀則から見た大坂城大坂城

    慶長元年(1596年)頃、大坂城下で暮らしており、キリスト教に入信し、パウロという洗礼名を得る。なお、兄秀信も同時にキリスト教に入信する。ルイス・フロイスは秀則を「素性を知らずに彼と少し話した場合、その品格によりドイツの貴族と判断してしまう」と評している。慶長3年(1598年)京都妙心寺に見性院を創建する。見性院はのち美濃の石河氏により桂春院として整えられ、現在も存続している。織田秀則 フレッシュアイペディアより)

  • 丹羽氏信

    丹羽氏信から見た大坂城大坂城

    寛永15年(1638年)に美濃岩村藩に移封される。正保元年(1644年)に大坂加番に任じられる。正保3年(1646年)5月11日に江戸で死去した。享年57。跡を長男の氏定が継いだ。丹羽氏信 フレッシュアイペディアより)

  • 板倉重高

    板倉重高から見た大坂城大坂城

    貞享元年(1684年)、高滝藩の先代藩主・板倉重宣が早世したため、その養嗣子となって跡を継いだ。元禄12年(1699年)2月、高滝から庭瀬藩に移封される。大坂加番となった。正徳3年(1713年)正月、大坂天王寺の常憲院に参拝中に病に倒れ、それがもとで2月10日に死去した。享年48。跡を次男の昌信が継いだ。法号は浄泰院徳岩源芳大居士。墓所は愛知県西尾市貝吹町の長円寺。板倉重高 フレッシュアイペディアより)

  • 堀直皓

    堀直皓から見た大坂城大坂城

    天明4年(1784年)、第8代藩主・直郷が嗣子なく死去したため、養子となって跡を継ぐ。駿府城加番、呉服橋御門番、大坂加番、大番頭、二条城在番などを歴任した。天明年間に石門心学講舎・教倫舎を、文化年間には藩校・立成館を創立した。堀直皓 フレッシュアイペディアより)

  • 下寺町 (大阪市)

    下寺町 (大阪市)から見た大坂城大坂城

    大坂の陣後、松平忠明が大坂城下の整理再編を行った際、大坂城の弱点といわれる南側に防御線として寺院を集中させた。城下に点在していた浄土真宗以外の仏教寺院を郊外に移転させ、そのうち最も南西に形成されたのが下寺町で、上町台地の西麓に位置することから西寺町とも呼ばれた。下寺町 (大阪市) フレッシュアイペディアより)

  • 堀直寛

    堀直寛から見た大坂城大坂城

    享保20年(1735年)、父・直英の隠居により家督を相続した。大坂加番、二条城在番を経て、延享3年(1746年)大番頭、宝暦元年(1751年)伏見奉行を歴任した。堀直寛 フレッシュアイペディアより)

  • 北川宣勝

    北川宣勝から見た大坂城大坂城

    大坂冬の陣では大坂城八町目口を守って奮戦。秀頼より長宗我部盛親を指揮下に置くよう命ぜられるが、「私が盛親の下に付くのが道理」と固辞した。北川宣勝 フレッシュアイペディアより)

  • 勝俣乙吉郎

    勝俣乙吉郎から見た大坂城大坂城

    文久3年(1863年)、大坂定番となった藩主・保科正益に伴い大坂に赴く。大坂では、主君の三河吉田藩主・松平信古が大坂城代を務めていたため在坂していた鏡新明智流の坂部大作と試合をし、足がらみで倒した。また、大坂講武所のフランス人の銃剣術教官とも試合をし、竹刀で銃剣を打ち落とし突きを入れてから、これも足がらみで倒したという。勝俣乙吉郎 フレッシュアイペディアより)

  • 歩兵第8連隊

    歩兵第8連隊から見た大阪城大坂城

    谷沢永一は、自身の連載で中野の著書を取り上げ、「この里謡が事実としての根拠が絶無である旨は今や明白となった」とし、自身も厳しく叩かれていると記述している。しかし、「捏造された架空の聖徳太子を現今に至っても頑固に信じている人が少なくないのと同様、いったん聞き知った訛伝を修正するのを好まず拒否する」とも記述し、「ほかならぬ大阪人がこのような見下し語になぜ抵抗せず、むしろ口々に言い伝えた理由を詮索すべきである。」と指摘し、ゴーストップ事件と関一の主導による大阪城再建時に移転させられた第4師団に対し、「私ども大阪人はこの一応は自虐的な言い廻しの陰に隠れて、実は陸軍への反感を共有したのである。」との自説を開陳している。歩兵第8連隊 フレッシュアイペディアより)

  • 織田昌澄

    織田昌澄から見た大坂城大坂城

    父信澄が大溝城主の時に誕生した。生母は明智光秀とその継室妻木煕子の娘のため、光秀と煕子の外孫にあたる。藤堂高虎の家臣として文禄の役に出陣する。後に藤堂家を去り、豊臣家に仕える。大坂冬の陣で高虎の部隊などと戦って活躍し、豊臣秀頼から褒賞を受ける。なお、大坂の陣に際し、長男勘七郎は戦死している。大坂城落城後、徳川方に出頭するものの、高虎のとりなしを受けて徳川家康に助命された。以後、剃髪して道半斎と号する。織田昌澄 フレッシュアイペディアより)

1135件中 151 - 160件表示

「大坂城」のニューストピックワード