1135件中 161 - 170件表示
  • 小泉城 (大和国)

    小泉城 (大和国)から見た大坂城大坂城

    1601年(慶長6年)、豊臣秀吉に仕えていた片桐且元の弟片桐貞隆が小泉城を含め1万5千石で大名の列に加わった。その後『茨木市史』によると「片桐氏の茨木入城の時期については関ヶ原合戦後と考えた方がよい」とあり、関ヶ原の戦い後に片桐且元、片桐貞隆兄弟の本拠地としていた龍田城や小泉城から、大坂城の近くにある茨木城に移って豊臣氏を補佐していた。小泉城 (大和国) フレッシュアイペディアより)

  • 米津政容

    米津政容から見た大坂城大坂城

    綱吉からの寵愛は深く、綱吉が亡くなるまで小姓を務めた。その後も大番頭を経て、享保14年(1729年)11月に大坂定番に任じられたが、在任中の元文4年(1739年)7月27日に大坂で死去した。享年58。米津政容 フレッシュアイペディアより)

  • 大手橋 (大阪市)

    大手橋 (大阪市)から見た大坂城大坂城

    いずれにせよ、大坂城の正面虎口である追手口(大手口)に通じるため、防衛上の観点から見通しを悪くしているものと考えられており、追手口に至るまでに現在の府庁南交差点(上町筋)で再度南へ屈折している。名称についても同じく大手などと安易に付けられなかったものと考えられ、大手通や大手前之町(現・大手前)の町名が付いたのは明治以降、大手橋の名称が付いたのは大正以降である。大手橋 (大阪市) フレッシュアイペディアより)

  • 福島正守

    福島正守から見た大坂城大坂城

    福島正鎮とともに豊臣方として大坂城に入城。大坂冬の陣では、正鎮と共に誉田の戦い、道明寺の戦いに参加。天王寺・岡山の戦いの最終決戦では、茶臼山西部隊2500人の一員として、徳川勢と戦いを繰り広げた。大坂の陣の後の消息は不明。子孫を名乗る家がある。福島正守 フレッシュアイペディアより)

  • 大阪府農林会館

    大阪府農林会館から見た大阪城大坂城

    大阪城の南側、難波宮跡公園の北側に位置した。大阪府農林会館 フレッシュアイペディアより)

  • 金井半兵衛

    金井半兵衛から見た大坂城大坂城

    毛利家に出入りしていた丸橋忠弥により推挙されて由井正雪の門弟となる。正雪の門弟のなかでは、丸橋に次ぐ立場であった。その後、正雪の江戸幕府転覆計画に加担し、半兵衛は大坂の主将として大坂市中を焼き討ちし、混乱に乗じて大坂城を占拠し篭城する手はずだった。しかし、実行前に計画が発覚したため半兵衛は潜伏したが、8月13日に天王寺で自害した(慶安の変)。金井半兵衛 フレッシュアイペディアより)

  • 中島城

    中島城から見た大坂城大坂城

    落城後、中島氏は豊臣秀吉の家臣となり、中島式部少輔氏重(のち中島氏種)は大坂城に移り大坂七手組頭に任じられた。中島城 フレッシュアイペディアより)

  • 瀬名弌明

    瀬名弌明から見た大坂城大坂城

    元禄13年(1700年)10月12日、大坂城在勤の鉄砲奉行となり、正徳元年(1711年)6月15日に勤めを辞した。享保17年(1732年)8月26日に致仕、養子の俊光に家督を譲って一円と号する。瀬名弌明 フレッシュアイペディアより)

  • 神明神社 (大阪市)

    神明神社 (大阪市)から見た大坂城大坂城

    神明神社は内平野町1丁目にあり、神明宮と称し、大坂三神明の一つに数えられ、俗に日中神明と呼ばれた。もと京都西院に鎮座し、後陽成天皇の勧請したもので、元和2年(1616年)に松平忠明が平野町に移転して大坂城守護・三郷町中祈祷の社とし、明治維新まで祈願所とした。また、『摂津志』には窪津王子祠、一名渡邊王子というとある。神明神社 (大阪市) フレッシュアイペディアより)

  • 諏訪盛政

    諏訪盛政から見た大坂城大坂城

    慶長19年(1614年)、大坂の陣の際に、藩主・頼永が甲府城守備を命じられ、その供をした。元和6年(1620年)、藩主頼永が幕府より大坂城加番を命じられ、その供をした。諏訪盛政 フレッシュアイペディアより)

1135件中 161 - 170件表示

「大坂城」のニューストピックワード