1135件中 171 - 180件表示
  • 諏訪頼意

    諏訪頼意から見た大坂城大坂城

    天和3年(1683年)、検地の功績により、江戸城に登城し、老中・大久保忠朝出座の上で、時服と白銀を賜った。元禄4年(1691年)、藩主・忠晴が、幕府より大坂城加番を命じられ、その供をする。諏訪頼意 フレッシュアイペディアより)

  • 味舌藩

    味舌藩から見た大坂城大坂城

    織田信長の弟長益(有楽斎)は、信長の次男信雄が改易された後、大坂城で豊臣秀吉の御伽衆として仕え、摂津国島下郡に2千石を知行していたが、慶長5年(1600年)の関ヶ原の戦いの後、大和国山辺郡に新たに恩賞として2万7千石を加増された。これにより都合3万石を領し、大名に列することになった。味舌藩 フレッシュアイペディアより)

  • 松光斎長栄

    松光斎長栄から見た大阪城大坂城

    師系不詳。松光斎あるいは松光亭と号す。明治3年(1870年)ころに大阪の風景を描いた錦絵を残している。大判3枚続の「浪花繁栄東堀鉄橋図」は、明治3年に東横堀川に従来の木造から鉄橋にかけかえられた高麗橋を渡る人々を描いており、その中には西洋人や、当時流行した洋傘を差した女性の姿もみられる。その遠景には大阪城や明治4年(1871年)創業の川崎金吹場(現・大阪造幣局)なども描かれている。松光斎長栄 フレッシュアイペディアより)

  • 喜佐姫

    喜佐姫から見た大坂城大坂城

    慶長2年(1598年)大坂城にて生まれる。母は三谷氏。慶長13年(1608年)6月16日、徳川秀忠の養女となった。慶長15年(1610年)毛利秀就に嫁ぎ、四男三女をもうけたが、そのうち4人は早世した。慶安2年(1649年)4月落飾し、龍昌院(龍照院)と号した。明暦元年(1655年)に死去した。享年59。天徳寺に葬られた。戒名は龍照院長誉光山秋英大禅定尼。喜佐姫 フレッシュアイペディアより)

  • 支城

    支城から見た大阪城大坂城

    城主がおらず本城から直轄されている支城(江戸時代の大阪城や二条城なども公儀の番城としてこれに当たる)。支城 フレッシュアイペディアより)

  • 保科正徳

    保科正徳から見た大坂城大坂城

    安永4年(1775年)8月28日、第7代藩主・保科正率の長男として江戸で生まれる。寛政4年(1792年)12月、従五位下、能登守に叙位・任官する。享和2年(1802年)6月3日、父の隠居で家督を継ぐ。文化7年(1810年)6月に下総守に遷任する。大坂加番、日光祭礼奉行などの諸役を歴任した。保科正徳 フレッシュアイペディアより)

  • 破城

    破城から見た大坂城大坂城

    大坂城 - 大坂冬の陣(慶長19年(1614年))における徳川方の和平の条件として二ノ丸・三ノ丸・総構(真田丸を含む)破却と堀の埋め立てが盛り込まれ実施された。破城 フレッシュアイペディアより)

  • 空堀商店街

    空堀商店街から見た大坂城大坂城

    大坂冬の陣後に埋め立てられた大坂城南惣構(みなみそうがまえ)堀の遺構である空堀通の西半分、松屋町筋から上町筋に至る中央区側の東西約800mのアーケード商店街。2009年(平成21年)3月には「新・がんばる商店街77選」に選ばれた。空堀商店街 フレッシュアイペディアより)

  • 保科正率

    保科正率から見た大坂城大坂城

    寛政3年(1791年)10月、大坂定番に任じられ、享和元年(1801年)5月まで務めている。そのほかにも大坂加番を3度、日光祭礼奉行を2度ほど歴任している。享和2年(1802年)6月3日、家督を長男・正徳に譲って隠居し、以後は南御殿で余生を送った。保科正率 フレッシュアイペディアより)

  • 茨木藩

    茨木藩から見た大坂城大坂城

    且元は関ヶ原後、衰退する豊臣氏を懸命に支え、その存続に尽力した。近年では且元が大坂の陣直前に家康に寝返ったため裏切り者扱いされているが、大坂城にいる豊臣秀頼や淀殿、大野治長などが、家康との交渉に尽力する且元が家康と内通しているのではないかと猜疑し、且元を暗殺しようとしたため、且元はやむなく大坂城を退去し、弟の片桐貞隆とともに茨木城に立て籠もるしかなかったのである。茨木藩 フレッシュアイペディアより)

1135件中 171 - 180件表示

「大坂城」のニューストピックワード