1135件中 11 - 20件表示
  • 狩野永徳

    狩野永徳から見た大坂城大坂城

    狩野派の棟梁として織田信長、豊臣秀吉という天下人に仕え安土城、聚楽第、大坂城などの障壁画を制作した。永徳が力を振るったこれらの代表的な事績は建物とともに滅びてしまったものが多く、真筆とされる現存作品は比較的少ない。永徳といえば『唐獅子図』や『檜図』のような雄大なスケールの豪快な作品(大画)がよく知られるが、細部を緻密に描写した「細画」もよくしたとされる(『本朝画史』)。現存する代表作の1つである上杉本『洛中洛外図』は、彼が細密描写に秀でていたことを示している。狩野永徳 フレッシュアイペディアより)

  • 真田丸 (NHK大河ドラマ)

    真田丸 (NHK大河ドラマ)から見た大坂城大坂城

    畿内・西国では信長の後継者として羽柴(豊臣)秀吉が勢力を拡大していた。小牧・長久手の戦いで一度は秀吉を退けた家康をはじめ、真田、上杉、北条にも臣従せよという圧力がかかる。景勝は秀吉からの要請を受け、側近の直江兼続と信繁と、信繁を追ってきたきりを連れて上洛する。接待役の石田三成に迎え入れられた景勝は、臣従を受け入れ帰国する。信繁は秀吉に気に入られたことで、馬廻り衆として大坂に残るように命じられる。大坂城では三成から後に岳父となる大谷吉継を紹介され、そして信繁の運命に深く関わる女性・茶々に翻弄される。加藤清正や福島正則らを従え、陽気で気さくでありながら自己中心的かつ冷酷な顔も備える秀吉のもと、彼の意向次第で一歩間違えれば死が待つ綱渡りの日々を送ることになった。秀吉の甥である羽柴秀次に気に入られていたきりも、秀吉の正室の寧に仕えはじめる。真田丸 (NHK大河ドラマ) フレッシュアイペディアより)

  • 和宮親子内親王

    和宮親子内親王から見た大坂城大坂城

    一方、長州征伐は9月21日に勅許を得たものの、薩摩藩の出兵拒否などもあって開戦は延引となっていた。そんな中、慶応2年(1866年)4月になると大坂城の家茂は体調を崩し、6月には食事も進まなくなっていた。家茂の病状が伝えられると和宮は湯島の霊雲寺に病気平癒の祈祷を命じ、医師も蘭方医から漢方医に変えるよう手配し、医師3名を大坂に向かわせた。また孝明天皇も典薬寮の医師を派遣している。和宮親子内親王 フレッシュアイペディアより)

  • ブラタモリ

    ブラタモリから見た大坂城大坂城

    資料提供:講談社、交通博物館、国立国会図書館、新宿歴史博物館、新宿区教育委員会、河出書房新社、大阪城天守閣、毎日新聞社、日経映像、東京都江戸博物館、神奈川県立歴史博物館、影山智洋、岐阜県図書館、国立歴史民俗博物館、国土地理院、日映企画、日映美術、テイチクエンタテインメント、JTBパブリッシングブラタモリ フレッシュアイペディアより)

  • 土方豊義

    土方豊義から見た大坂城大坂城

    享保3年(1718年)、大坂加番となったが、まもなく発病して享保4年(1719年)7月1日、在任中のまま大坂城で死去した。享年31。跡を長男の雄房が継いだ。土方豊義 フレッシュアイペディアより)

  • 北条氏喬

    北条氏喬から見た大坂城大坂城

    天明5年(1785年)、第8代藩主・北条氏昉の長男として生まれる。享和元年(1801年)10月26日、父の隠居により家督を継ぐ。相次ぐ外国船の来航に備えるため、文化7年(1810年)4月に幕命により摂津・和泉方面の海防を任じられた。しかしすでに狭山藩では小藩のために財政難が起こっていたため、氏喬は負担の軽減を求めている。天保7年(1836年)に大坂加番に任じられる。北条氏喬 フレッシュアイペディアより)

  • 黒田直英

    黒田直英から見た大坂城大坂城

    藩財政再建に尽力するが、天明5年(1785年)に大坂加番に任じられて大坂に赴任していた最中の天明6年(1786年)7月18日、大坂城において死去した。享年29。跡を次男の直温が継いだ。黒田直英 フレッシュアイペディアより)

  • 大溝藩

    大溝藩から見た大坂城大坂城

    戦国時代、大溝は織田信長の家臣・磯野員昌や津田信澄が治めていた。元和5年(1619年)8月27日、伊勢上野藩から移封された分部光信が2万石で入部することにより、大溝藩が立藩した。光信は陣屋や武家屋敷の建設に尽力し、幕府においても大坂城本丸普請や比叡山延暦寺の造営奉行として活躍した。寛永20年(1643年)に光信が死去して子の分部嘉治が後を継いだが、明暦4年(1658年)7月9日、妻の叔父に当たる池田長重と些細なことから口論となって長重を斬殺してしまい、自分も長重によって負わされた刀傷が原因で翌日に死去してしまったのである。家督は子の分部嘉高が継いだが、嘉高は寛文7年(1667年)6月12日に20歳で嗣子無くして若死する。このため、分部氏の系統はわずか3代で断絶した。大溝藩 フレッシュアイペディアより)

  • 佐野綱正

    佐野綱正から見た大坂城大坂城

    河内国誉田村の土豪で三好康長に属した佐野綱重の子。三好康長に仕えたのち豊臣秀次に仕え小田原征伐に従軍し、山中城攻めに首2級を挙げ豊臣秀吉より褒美を賜った。秀次の自刃の後は徳川家康に仕えた。秀吉没後、大坂城西の丸に家康が入ったのち、綱正は大坂城西の丸留守居役を務め近江国野洲郡および上総国において3000石を賜り、与力10騎同心50人を預けられ近江国内8万石の領地を預かった。佐野綱正 フレッシュアイペディアより)

  • 今福の戦い

    今福の戦いから見た大坂城大坂城

    大坂城東北、大和川の北岸に今福村、南岸に鴫野村がある。この地域は低湿地帯になっており、軍隊が展開できるのは堤防上のみ、まわりは田圃という地形だった。豊臣方は今福村に三カ所の堀切と四重の柵を設置し、矢野正倫および飯田家貞 にそれぞれ兵300で守備させていた。徳川家康は今福村に付け城を築くため、今福・鴫野の両柵の奪取を命じた。今福へは佐竹義宣指揮下の兵1,500を送った。今福の戦い フレッシュアイペディアより)

1135件中 11 - 20件表示

「大坂城」のニューストピックワード