889件中 11 - 20件表示
  • 南条氏

    南条氏から見た大坂城大坂城

    その後、元忠は慶長19年(1614年)の大坂冬の陣に際し多くの一族、旧臣とともに大坂城へ入り戦ったが、元忠は徳川方の藤堂高虎と内通していたことが発覚して家臣とともに大坂城内にて切腹、南条家再興の道は完全に絶たれることになってしまった。元忠の嫡子・南条勘右衛門の家系はその後、鳥取藩に仕え、元忠のひ孫に当る南条喜右衛門は郡奉行などの要職に就いている。南条氏 フレッシュアイペディアより)

  • 山崎城 (山城国)

    山崎城 (山城国)から見た大坂城大坂城

    山崎城(やまざきじょう)は、京都府乙訓郡大山崎町字大山崎にあった山城。山崎の戦い後、大坂城が築城するまで豊臣秀吉が本拠地としていた。別名「天王山宝寺城」や「天王山城」とも呼ばれている。山崎城 (山城国) フレッシュアイペディアより)

  • 佐野綱正

    佐野綱正から見た大坂城大坂城

    河内国誉田村の土豪で三好康長に属した佐野綱重の子。三好康長に仕えたのち豊臣秀次に仕え小田原の役に従軍し、山中城攻めに首2級を挙げ豊臣秀吉より褒美を賜った。秀次自刃の後は徳川家康に仕え、秀吉没後、大坂城西の丸に家康が入り、綱正は大坂城西の丸留守居役を務め近江国野洲郡および上総国において3000石を賜り、与力10騎同心50人を預けられ近江国内8万石の領地を預かった。佐野綱正 フレッシュアイペディアより)

  • 土方豊義

    土方豊義から見た大坂城大坂城

    享保3年(1718年)、大坂加番となったが、まもなく発病して享保4年(1719年)7月1日、在任中のまま大坂城で死去した。享年31。跡を長男の雄房が継いだ。土方豊義 フレッシュアイペディアより)

  • 大溝藩

    大溝藩から見た大坂城大坂城

    戦国時代、大溝は織田信長の家臣・磯野員昌や津田信澄が治めていた。元和5年(1619年)8月27日、伊勢上野藩から移封された分部光信が2万石で入部することにより、大溝藩が立藩した。光信は陣屋や武家屋敷の建設に尽力し、幕府においても大坂城本丸普請や比叡山延暦寺の造営奉行として活躍した。寛永20年(1643年)に光信が死去して子の分部嘉治が後を継いだが、明暦4年(1658年)7月9日、妻の叔父に当たる池田長重と些細なことから口論となって長重を斬殺してしまい、自分も長重によって負わされた刀傷が原因で翌日に死去してしまったのである。家督は子の分部嘉高が継いだが、嘉高は寛文7年(1667年)6月12日に20歳で嗣子無くして若死する。このため、分部氏の系統はわずか3代で断絶した。大溝藩 フレッシュアイペディアより)

  • 森村市左衛門

    森村市左衛門から見た大阪城大坂城

    明治維新後、この資金を元手に1869年から翌年にかけて大阪城内での養蚕や小樽での網を抵当とした漁師への融資事業、四国での銅山経営などを次々と行なったが、ほとんどが失敗し負債を抱えて破産した。しかし戊辰戦争での関係から帝国陸軍重騎兵用の馬具を製造・販売する工場の経営を始める。フランス軍から製造法を学び、工員が数百人を超えるまでに事業が成長して借金の返済に成功したが、担当の役人に賄賂を要求されたことから馬具製造業をやめたとされる。その後銀座で洋裁店モリムラテーラーを営んでいたが、1876年に弟森村豊がニューヨークへ渡る事を決めた事から匿名組合森村組(現・森村商事)を設立した。森村市左衛門 フレッシュアイペディアより)

  • 北条氏喬

    北条氏喬から見た大坂城大坂城

    天明5年(1785年)、第8代藩主・北条氏昉の長男として生まれる。享和元年(1801年)10月26日、父の隠居により家督を継ぐ。相次ぐ外国船の来航に備えるため、文化7年(1810年)4月に幕命により摂津・和泉方面の海防を任じられた。しかしすでに狭山藩では小藩のために財政難が起こっていたため、氏喬は負担の軽減を求めている。天保7年(1836年)に大坂加番に任じられる。北条氏喬 フレッシュアイペディアより)

  • 今福の戦い

    今福の戦いから見た大坂城大坂城

    大坂城東北、大和川の北岸に今福村、南岸に鴫野村がある。この地域は低湿地帯になっており、軍隊が展開できるのは堤防上のみ、まわりは田圃という地形だった。豊臣方は今福村に三カ所の堀切と四重の柵を設置し、矢野正倫および飯田家貞 にそれぞれ兵300で守備させていた。徳川家康は今福村に付け城を築くため、今福・鴫野の両柵の奪取を命じた。今福へは佐竹義宣指揮下の兵1,500を送った。今福の戦い フレッシュアイペディアより)

  • 毛利高政

    毛利高政から見た大坂城大坂城

    1583年(天正11年)の大坂城築城、1586年(同14年)の方広寺建立の際には石材運搬の奉行を務めており、この年にキリスト教の洗礼を受ける。1587年(同15年)、九州平定では舟奉行。1589年(同17年)、山城国の検地奉行を石川貞通とともに務める。1590年(同18年)には兵600を率いて小田原の役に参陣、戦後に行われた後陽成天皇の聚楽第行幸の際には陪従している。1591年(同19年)、朝鮮出兵の備えとして対馬に陣城普請を命じられ、清水山城・撃方山城・向ノ平砦を築いている。1592年(文禄元年)、文禄の役では舟奉行を務め、春川合戦で敵将元豪を生け捕るという武勲を立てている。毛利高政 フレッシュアイペディアより)

  • 中国国分

    中国国分から見た大坂城大坂城

    秀吉は、賤ヶ岳戦勝後の同年5月15日(グレゴリウス暦1583年7月4日)付の近江坂本(滋賀県大津市)からの手紙で、東海・北陸地方での戦果と旧武田氏領をのぞく信長の旧版図が秀吉の支配下にはいったことを、輝元の叔父小早川隆景に伝え、輝元がもし自分に従う覚悟をするなら、「日本の治、頼朝以来これにはいかでか増すべく候や」と述べ、信長から自立した独自の政権づくりによって天下一統を推し進めていく抱負を示した。そして、新しい天下の拠点として9月には大坂城の築城を開始した。中国国分 フレッシュアイペディアより)

889件中 11 - 20件表示

「大坂城」のニューストピックワード