1135件中 21 - 30件表示
  • 片桐且元

    片桐且元から見た大坂城大坂城

    豊臣家の直参家臣で、豊臣姓を許される。関ヶ原の戦い以降も、傅役として豊臣秀頼に仕えていたが、徳川家康に協力的な立場で、方広寺鐘銘事件で大坂城を退出して徳川方に転じた。且元系片桐家初代で、大和国竜田藩初代藩主となる。弟に同国小泉藩主となった片桐貞隆がいる。片桐且元 フレッシュアイペディアより)

  • 大蔵卿局

    大蔵卿局から見た大坂城大坂城

    大野定長の妻で、淀殿の乳母を務めた。豊臣秀吉の死後、正室である高台院とその従者の孝蔵主が大坂城から去ると、子の大野三兄弟と共に豊臣家で権勢を振るった。大蔵卿局 フレッシュアイペディアより)

  • 金剛組

    金剛組から見た大坂城大坂城

    16世紀にかけて、大坂城建設に携わったと伝えられる。金剛組 フレッシュアイペディアより)

  • 真田十勇士 (本宮ひろ志)

    真田十勇士 (本宮ひろ志)から見た大坂城大坂城

    幸村は重傷を負い、小助に見取られる。小助は、佐助が落ち延びた家康を追撃していることを、幸村に告げる。死闘の末、佐助は家康を討ち取ったが、その死は秘匿され、大坂城は落城した。真田十勇士 (本宮ひろ志) フレッシュアイペディアより)

  • 南千住砂場

    南千住砂場から見た大阪城大坂城

    「砂場」の名は、豊臣秀吉が大坂を築いたとき、大坂の和泉屋という菓子屋が、資材の砂置き場に蕎麦屋を開店し、「砂場」と呼ばれていたのに始まる。徳川家康が江戸城を築くときは、江戸に進出し糀町(現・麹町)に店を構えた。南千住砂場 フレッシュアイペディアより)

  • 南条氏

    南条氏から見た大坂城大坂城

    その後、元忠は慶長19年(1614年)の大坂冬の陣に際し多くの一族、旧臣とともに大坂城へ入り戦ったが、元忠は徳川方の藤堂高虎と内通していたことが発覚して家臣とともに大坂城内にて切腹、南条家再興の道は完全に絶たれることになってしまった。元忠の嫡子・南条勘右衛門の家系はその後、鳥取藩に仕え、元忠のひ孫に当る南条喜右衛門は郡奉行などの要職に就いている。南条氏 フレッシュアイペディアより)

  • 曲輪

    曲輪から見た大坂城大坂城

    本丸を囲む二の丸、二の丸を囲む三の丸、という縄張である。4方向に対して等しく防御が厚くなるが、曲輪を囲んでいく構造のために城郭の規模を大きくせざるを得ない。平城に多い縄張である。(例:山形城、松本城、大坂城など)曲輪 フレッシュアイペディアより)

  • 狩野派

    狩野派から見た大坂城大坂城

    狩野派の代表的な絵師としては、室町幕府8代将軍足利義政に仕えた初代狩野正信とその嫡男・狩野元信、元信の孫で安土城や大坂城の障壁画を制作した狩野永徳、永徳の孫で京都から江戸に本拠を移し、江戸城、二条城などの障壁画制作を指揮した狩野探幽、京都にとどまって「京狩野」と称された一派を代表する狩野山楽などが挙げられる。狩野派 フレッシュアイペディアより)

  • 京極忠高

    京極忠高から見た大坂城大坂城

    高次の庶長子として生まれる。慶長5年(1600年)の関ヶ原の戦いの際、父の高次は西軍につき忠高を人質として大坂城へ送ったが、東軍へ寝返り大津城に立てこもった(大津城の戦い)。慶長14年(1609年)、高次が死去したため、若狭小浜9万2,000石(若狭一国)を相続した。京極忠高 フレッシュアイペディアより)

  • 猿飛佐助 (1980年のテレビドラマ)

    猿飛佐助 (1980年のテレビドラマ)から見た大坂城大坂城

    第2話以降は、道中でのトラブルが核となるストーリーとなった(第3話まで)。しかし、第4話で秀頼暗殺を防ぐため大坂城に召集され、旅は中断。穴山小介の師匠を救う第5話を経て、第6話で再び伊豆へ向かい、巨大軍船が建造中であることを確認する。以後、軍資金を奪う(第7話)、材料の木材を絶つ(第8話)などの側面攻撃を展開する。猿飛佐助 (1980年のテレビドラマ) フレッシュアイペディアより)

1135件中 21 - 30件表示

「大坂城」のニューストピックワード