889件中 31 - 40件表示
  • ブラタモリ

    ブラタモリから見た大坂城大坂城

    資料提供:講談社、交通博物館、国立国会図書館、新宿歴史博物館、新宿区教育委員会、河出書房新社、大阪城天守閣、毎日新聞社、日経映像、東京都江戸博物館、神奈川県立歴史博物館、影山智洋、岐阜県図書館、国立歴史民俗博物館、国土地理院、日映企画、日映美術、テイチクエンタテインメント、JTBパブリッシングブラタモリ フレッシュアイペディアより)

  • 大蔵卿局

    大蔵卿局から見た大坂城大坂城

    大野定長の妻で、淀殿や豊臣秀頼の乳母を務めた。豊臣秀吉の死後、正室である高台院とその従者の孝蔵主が大坂城から去ると、子の大野三兄弟と共に豊臣家で権勢を振るった。大蔵卿局 フレッシュアイペディアより)

  • サントリー1万人の第九

    サントリー1万人の第九から見た大坂城大坂城

    1983年(昭和58年)に大阪城築城400年目を迎えることを記念すべく、その前年である1982年(昭和57年)に設立したばかりの大阪21世紀協会が中核事業として「大阪築城400年まつり」を企画。この企画への参加催事の一つとして、またこの企画の目玉として大阪城青屋門真向かいの大阪砲兵工廠本館跡地に建設された大阪城国際文化スポーツホール(のちの大阪城ホール)のこけら落としの一環として、企画そして開催されたのが始まりである。当初は1回限りの単発イヴェントとして企画されていた。サントリー1万人の第九 フレッシュアイペディアより)

  • 遠藤胤城

    遠藤胤城から見た大坂城大坂城

    大坂城玉造口にて生まれる。弘化2年(1845年)12月19日、父の養嗣子になっていた胤昌の養嗣子となる。しかし胤昌が家督相続せずに早世したため、文久3年(1863年)10月7日、父の胤統が隠居したとき、その孫として(実は息子だが)跡を継ぐこととなった。遠藤胤城 フレッシュアイペディアより)

  • くいだおれ

    くいだおれから見た大阪城大坂城

    くいだおれ太郎は同店の看板であると共に、大阪城ビリケンや通天閣と並び大阪を象徴するオブジェ(動く看板)とされている。文楽人形を意識して制作したとされ、制作費は1千万円とされている。電動で休むことなく太鼓を叩いたり鐘を鳴らす・首を振る・口パクするなど一種の「宣伝ロボット」である。太郎登場以前には文楽人形そのものを直接人間が操作して、店への呼び込みを行っていた。なお、顔のモデルは喜劇役者の杉狂児と言われる。くいだおれ フレッシュアイペディアより)

  • 難波宮

    難波宮から見た大坂城大坂城

    現在、難波宮の跡地の一部は、難波宮史跡公園となり、大坂城の南西に整備されている。難波宮 フレッシュアイペディアより)

  • 金剛組

    金剛組から見た大坂城大坂城

    16世紀にかけて、大坂城建設や法隆寺(現在の奈良県)の改築にも携わったと伝えられる。金剛組 フレッシュアイペディアより)

  • 曲輪

    曲輪から見た大坂城大坂城

    本丸を囲む二の丸、二の丸を囲む三の丸、という縄張である。4方向に対して等しく防御が厚くなるが、曲輪を囲んでいく構造のために城郭の規模を大きくせざるを得ない。平城に多い縄張である。(例:山形城、松本城、大坂城など)曲輪 フレッシュアイペディアより)

  • 福島正則

    福島正則から見た大坂城大坂城

    やがて小早川秀秋の背信を機に、西軍の戦線は次々に崩壊した。宇喜多勢は、開戦時からずっと全力で戦っていたため疲労が頂点に達し、東軍による集中攻撃に持ち堪えられなくなり、壊滅した。東軍の勝利に貢献第一と目された正則は西軍総大将・毛利輝元からの大坂城接収にも奔走し、戦後安芸広島と備後鞆49万8,200石の大封を得た(広島藩)。福島正則 フレッシュアイペディアより)

  • 真田幸昌

    真田幸昌から見た大坂城大坂城

    慶長20年(1615年)、父・信繁とともに九度山を脱出して大坂城へ入り、大坂夏の陣に出陣して敵の武将を討ち取るという大功を挙げたが、その後父に大坂城の落城を見届けるように命じられる。この時、幸昌は父とともに最後まで付き従うつもりだったが、父の命令には逆らえず、やむなく大坂城に引き返したとされる。そして大坂城落城後、極めて若年であり、又豊臣に特別な恩顧もないことから速水守久らから脱出を勧められたが拒絶し、主君の豊臣秀頼が切腹すると、幸昌は「我は真田左衛門佐信繁の倅なり」と叫んで介錯を加藤弥平太にして切腹(加藤と刺し違えたとも)。享年13、あるいは16。真田幸昌 フレッシュアイペディアより)

889件中 31 - 40件表示

「大坂城」のニューストピックワード