889件中 41 - 50件表示
  • 狩野派

    狩野派から見た大坂城大坂城

    狩野派の代表的な絵師としては、室町幕府8代将軍足利義政に仕えた初代狩野正信とその嫡男・狩野元信、元信の孫で安土城や大坂城の障壁画を制作した狩野永徳、永徳の孫で京都から江戸に本拠を移し、江戸城、二条城などの障壁画制作を指揮した狩野探幽、京都にとどまって「京狩野」と称された一派を代表する狩野山楽などが挙げられる。狩野派 フレッシュアイペディアより)

  • 安土桃山時代

    安土桃山時代から見た大坂城大坂城

    羽柴秀吉、石山本願寺跡地に大坂城築城(天正10年・1583)安土桃山時代 フレッシュアイペディアより)

  • 河内国

    河内国から見た大坂城大坂城

    本能寺の変の後、羽柴秀吉が清洲会議の結果、河内を領国としておさえる。秀吉が天下人となり、大坂城を築くと、河内の重要拠点であった若江城は廃城となった。河内国 フレッシュアイペディアより)

  • 伏見城

    伏見城から見た大坂城大坂城

    秀吉の死後、その遺言によって豊臣秀頼は伏見城から大坂城に移り、代わって五大老筆頭の徳川家康がこの城に入り政務をとった。関ヶ原の戦いの際には家康の家臣鳥居元忠らが伏見城を守っていたが、石田三成派の西軍に攻められて落城し建物の大半が焼失した。なお、立てこもっていた徳川家の家臣らが自刃した建物の床板は、供養も兼ねて京都市の養源院など複数の寺で天井板として再利用されたとの言い伝えがあり、血天井として現在も生々しい血痕を見ることができる。ただし、徳川家家臣らの自刃した建物が焼失を免れた記録や移築を裏付ける資料はなく、信憑性は定かではない。伏見城 フレッシュアイペディアより)

  • 豊臣秀頼

    豊臣秀頼から見た大坂城大坂城

    文禄2年(1593年)、秀吉57歳の時の子で、大坂城で誕生した。豊臣秀頼 フレッシュアイペディアより)

  • 石田三成

    石田三成から見た大坂城大坂城

    7月12日、兄・正澄を奉行として近江国愛知川に関所を設置し、家康に従って会津征伐に向かう後発の西国大名、鍋島勝茂や前田茂勝らの東下を阻止し、強引に自陣営(西軍)に与させた。7月13日、三成は諸大名の妻子を人質として大坂城内に入れるため軍勢を送り込んだ。しかし加藤清正の妻をはじめとする一部には脱出され、さらに細川忠興の正室・玉子には人質となることを拒絶され屋敷に火を放って死を選ぶという壮烈な最期を見せられて、人質作戦は中止された。石田三成 フレッシュアイペディアより)

  • 黒田孝高

    黒田孝高から見た大坂城大坂城

    天正12年(1584年)の前年より大坂城の縄張りに当たっていたが、小牧・長久手の戦いの当初には、外交に手腕を発揮し毛利氏と宇喜多氏の国境線を確定し、実質的に秀吉配下に加える。留守居役を務めていた黒田長政らは岸和田の戦いで根来盛重、鈴木重意、長宗我部元親らの兵を破った黒田孝高 フレッシュアイペディアより)

  • ゴジラの逆襲

    ゴジラの逆襲から見た大坂城大坂城

    ゴジラ襲来を受け、大阪市内は厳重な灯火管制が敷かれる。その夜、大阪水上警察署を拠点に防衛隊が集結し、港区沿岸には特車部隊が砲門を揃えた。その眼前の海面に、上半身をもたげ現れる水爆大怪獣ゴジラ。そこへ飛来したジェット戦闘機隊の照明弾投下によって、ゴジラは巧みに外海へと誘導されていく。しかし、護送車で移送中の囚人たちが脱走。そのうちの3人が運転するタンクローリーが、警官や月岡らの追跡を受けてガソリン貯蔵所に突っ込んで大爆発を起こしてしまう。たちまち発生した大火災の光は、誘導作戦を台無しにし、ゴジラを大阪此花区へ上陸させたばかりか、アンギラスまでもその後を追わせるように上陸させてしまった。ゴジラとアンギラスは海洋漁業の本社工場を壊滅させ、市街地を舞台に激しい地上戦が繰り広げる。ゴジラは大坂城でアンギラスの息の根を止め、大阪市街を火の海に包んだ後に、再び大阪湾へと姿を消した。ゴジラの逆襲 フレッシュアイペディアより)

  • 鳥羽・伏見の戦い

    鳥羽・伏見の戦いから見た大坂城大坂城

    これに対し、薩摩藩の大久保利通や公家の岩倉具視らの倒幕派は12月9日に王政復古の大号令を発し、前将軍・徳川慶喜に対し辞官納地を命じた。翌日、徳川家親族の新政府議定の松平春嶽と徳川慶勝が使者として慶喜のもとへ派遣され、この決定を慶喜に通告した。慶喜は謹んで受けながらも配下の気持ちが落ち着くまでは不可能と返答した。実際この通告を受けて配下の過激勢力が暴走しそうになったため、慶喜は彼らに軽挙妄動を慎むように命じつつ、12月12日深夜には政府に恭順の意思を示すために京都の二条城を出て、翌日、大坂城へ退去している。春嶽はこれを見て「天地に誓って」慶喜は辞官と納地を実行するだろうという見通しを総裁の有栖川宮熾仁親王に報告する。しかし大坂城に入ったあと慶喜からの連絡が途絶えた。鳥羽・伏見の戦い フレッシュアイペディアより)

  • 大林組

    大林組から見た大阪城大坂城

    1931年(昭和6年)大阪城天守閣竣工。大林組 フレッシュアイペディアより)

889件中 41 - 50件表示

「大坂城」のニューストピックワード