1135件中 41 - 50件表示
  • 大阪環状線

    大阪環状線から見た大阪城大坂城

    鶴橋駅からは引き続き住宅街を北上し、玉造駅を過ぎると今度は京セラドキュメントソリューションズや森下仁丹、サクラクレパスなどの本社建物が立ち並ぶ区域を通り、大阪市営地下鉄中央線、長堀鶴見緑地線との連絡駅、森ノ宮駅に至る。森ノ宮駅を過ぎると左手に大阪城がある大阪城公園、右手に吹田総合車両所森ノ宮支所が見える。線路は高架から地上へ下り大阪城公園駅に着く。さらに進むと同支所の入出区線が右手から接近し、左手に多数のビル群が林立する大阪ビジネスパークを過ぎると京橋駅につく。京橋駅には 片町線(学研都市線)・JR東西線と京阪本線のほか、大阪市営地下鉄長堀鶴見緑地線が乗り入れ、飲食店街や歓楽街も発展していることから、キタ・ミナミに対してヒガシと呼ばれることもある。大阪環状線 フレッシュアイペディアより)

  • 中国国分

    中国国分から見た大坂城大坂城

    秀吉は、賤ヶ岳戦勝後の同年5月15日(グレゴリウス暦1583年7月4日)付の近江坂本(滋賀県大津市)からの手紙で、東海・北陸地方での戦果と旧武田氏領をのぞく信長の旧版図が秀吉の支配下にはいったことを、輝元の叔父小早川隆景に伝え、輝元がもし自分に従う覚悟をするなら、「日本の治、頼朝以来これにはいかでか増すべく候や」と述べ、信長から自立した独自の政権づくりによって天下一統を推し進めていく抱負を示した。そして、新しい天下の拠点として9月には大坂城の築城を開始した。中国国分 フレッシュアイペディアより)

  • 吉川広家

    吉川広家から見た大坂城大坂城

    天正11年(1583年)9月、織田信長の死後に天下人となった羽柴秀吉(豊臣秀吉)の元へ、叔父・小早川元総(小早川隆景の養子)と共に森重政・高政兄弟との交換条件として人質として差し出された。当初、元春は隠居後の相手として広家を近くに置きたかったが、毛利家の安泰のためにと人質として大坂に向かわせた。同年10月3日(1583年11月17日)、大坂城において秀吉と謁見。小早川元総が秀吉に寵愛され豊臣家の大名として取立てられたのに対して、広家はすぐに大坂から毛利家に帰されており、同年11月には安芸へ帰国している。帰国した広家は、上洛の労をねぎらう輝元より隠岐国を与えられた。ただし、この措置は広家の石見小笠原氏入嗣問題の背景に、広家が自己の待遇に不満を抱いていることを輝元も認識していた上の対応策という側面もあった。吉川広家 フレッシュアイペディアより)

  • 速水守久

    速水守久から見た大坂城大坂城

    慶長19年(1614年)、方広寺鐘銘問題が起こり、和平交渉に奔走した片桐且元が逆に内通を疑われるようになると、その調停に尽力する。結局且元は大坂城を退去させられ、その後も続いた豊臣家中の調停に努めた。大坂冬の陣が始まると、鴫野の戦いで上杉景勝の軍勢相手に奮戦。同様に大阪夏の陣では天王寺の戦いで真田信繁らと並んで藤堂高虎を蹴散らすなど活躍したものの、衆寡敵せず大阪城に退却した。千姫教育係であった守久は千姫を無事に徳川陣屋に送り届け、徳川家康に秀頼らの助命を嘆願するものの聞き入れられることはなく、自害する秀頼の介錯(毛利勝永とする説も)を務め、殉死した。速水守久 フレッシュアイペディアより)

  • 木下秀規

    木下秀規から見た大坂城大坂城

    慶長5年(1600年)の関ヶ原の戦いでは西軍に属して大坂城の天王寺北坂水所を警備していた。敗戦後は浪人したが、慶長19年(1614年)の大坂の役で大坂城に入城して、豊臣氏と運命を共にした。木下秀規 フレッシュアイペディアより)

  • サントリー1万人の第九

    サントリー1万人の第九から見た大坂城大坂城

    1983年(昭和58年)に大阪城築城から400年を迎えることを記念すべく、その前年にあたる1982年(昭和57年)に設立したばかりの大阪21世紀協会(現「関西・大阪21世紀協会」)が中核事業として「大阪築城400年まつり」を企画。当該企画への参加催事の一つとして、また当該企画の目玉的存在とされた、大阪城青屋門真向かいの大阪砲兵工廠本館跡地に建設された大阪城国際文化スポーツホール(のちの大阪城ホール)のこけら落としの一環として企画されたことが発端となった。但し、当初は1回限りの単発イヴェントとして企画されている。サントリー1万人の第九 フレッシュアイペディアより)

  • センゴク

    センゴクから見た大坂城大坂城

    第二部では本拠地を長浜城に置き、明智隊と功を競い、ついには西国方面軍に抜擢。一軍団で大国・毛利家と互角以上に渡り合うなど信長ですら望外の成長を見せるが、第三部の本能寺の変に際しては毛利家との電撃和睦からの中国大返しを敢行、山崎の戦い勝利の立役者となった。信長の死後は織田傘下の諸将を取り込み、最大の政敵であった柴田家との戦いを制してついに織田家中で唯一無二の筆頭宿老としてすべての実権を牛耳ることになった。また天下人として力を誇示するため日ノ本最大の商い地・大坂を本拠地として大坂城の普請を始め、小牧・長久手の戦いの後、秀吉の官位が織田信雄を上回った事を以て簒奪を完遂した。センゴク フレッシュアイペディアより)

  • くいだおれ

    くいだおれから見た大阪城大坂城

    くいだおれ太郎は同店の看板であると共に、大阪城ビリケンや通天閣と並び大阪を象徴するオブジェ(動く看板)とされている。文楽人形を意識して制作したとされ、制作費は1千万円とされている。電動で休むことなく太鼓を叩いたり鐘を鳴らす・首を振る・口パクするなど一種の「宣伝ロボット」である。太郎登場以前には文楽人形そのものを直接人間が操作して、店への呼び込みを行っていた。なお、顔のモデルは喜劇役者の杉狂児と言われる。くいだおれ フレッシュアイペディアより)

  • 黒田長政

    黒田長政から見た大坂城大坂城

    天正11年(1583年)の賤ヶ岳の戦いでも功を挙げて、初めて河内国内に450石の領地を与えられる。天正12年(1584年)の小牧・長久手の戦いでは大坂城の留守居を務め、雑賀衆、根来衆、菅達長率いる長宗我部水軍と戦った。その功績により、加増2,000石を与えられる。黒田長政 フレッシュアイペディアより)

  • 遠藤胤城

    遠藤胤城から見た大坂城大坂城

    摂津国大坂城玉造口(現・大阪府大阪市中央区玉造)にて生まれる。弘化2年(1845年)12月19日、父の養嗣子になっていた胤昌の養嗣子となる。しかし胤昌が家督相続せずに早世したため、安政3年(1856年)10月23日、祖父胤統の嫡孫となる。同年11月15日、将軍徳川家定に拝謁する。同年12月16日、従五位下美濃守に叙任する。文久3年(1863年)10月7日、父の胤統が隠居したとき、その孫として(実は息子だが)跡を継ぐこととなった。遠藤胤城 フレッシュアイペディアより)

1135件中 41 - 50件表示

「大坂城」のニューストピックワード