1135件中 71 - 80件表示
  • 新庄直計

    新庄直計から見た大坂城大坂城

    文化7年(1810年)、家臣不足を補うために有力農民を足軽に取り立てる郷足軽制度を制定した。文政2年(1819年)に大番頭に任じられる。また大坂城・二条城の守衛を歴任した。天保8年(1837年)8月15日に奏者番に任じられた。新庄直計 フレッシュアイペディアより)

  • 大坂鉄砲奉行

    大坂鉄砲奉行から見た大阪城大坂城

    寛永2年、大番組頭今村正信がこれに任ぜられ、大坂城中の鉄砲火薬およびその倉庫を管理し、あわせて銃器の修繕、硝薬の製造、などを掌った。大坂鉄砲奉行 フレッシュアイペディアより)

  • 阿部致康

    阿部致康から見た大坂城大坂城

    養子(孫)・阿部房豊(五次右衛門)は、大坂定番・遠山政亮(初代・湯長谷藩主)に仕え、子孫は代々給人格(扶持米取)に列す。阿部致康 フレッシュアイペディアより)

  • 金奉行

    金奉行から見た大坂城大坂城

    金奉行(かねぶぎょう)は、江戸幕府における職名の1つ。江戸に置かれたものと、大坂城内の金蔵を管理した大坂金奉行(おおさかかねぶぎょう)があった。金奉行 フレッシュアイペディアより)

  • 酒井忠え

    酒井忠えから見た大坂城大坂城

    寛政9年(1797年)11月25日、父の隠居で家督を継いだ。大番頭や大坂定番などを歴任した。天保4年(1833年)5月21日、53歳で死去し、跡を四男・忠眦が継いだ。酒井忠え フレッシュアイペディアより)

  • 堀田正永

    堀田正永から見た大坂城大坂城

    享保20年(1735年)から大坂城の守衛を勤めるが、同年8月29日に27歳で死去した。跡を養嗣子の正賓が継いだ。堀田正永 フレッシュアイペディアより)

  • 大田原政清

    大田原政清から見た大坂城大坂城

    慶長17年(1612年)、初代藩主・晴清の長男として生まれる。寛永8年(1631年)、父の死去により家督を継ぐ。駿府加番に任じられ、慶安元年(1648年)12月に叙任する。後に大坂城番に任じられた。万治4年(1661年)3月5日、江戸で死去した。享年50。跡を長男・高清が継いだ。大田原政清 フレッシュアイペディアより)

  • 持明院基定

    持明院基定から見た大坂城大坂城

    持明院基久、基征父子は公家でありながら、大坂の陣に参加し大坂城に入城し、最終決戦の天王寺・岡山の戦いで戦死した(落ち延びたという説もある)。その後基定が基久の娘婿となり、名跡を継ぐことを許された。正保3年(1646年)3月10日、臨時奉幣使として日光東照宮に派遣された。翌年4月17日、東照宮に奉幣する。これが日光例幣使の始まりである。持明院基定 フレッシュアイペディアより)

  • 松平昌信

    松平昌信から見た大坂城大坂城

    小島で生まれる。幼名は源之助、箕之助。享保16年(1731年)、父の死により跡を継いだ。宝暦9年(1759年)から新たな人材登用や新田開発、賦役強化、支出の削減を中心とした藩政改革を行なうが、年貢を増徴しようとしたため、明和元年(1764年)の大坂加番中に領内で百姓一揆が起こり、明和2年(1765年)に年貢軽減要求を受け入れ、改革の責任者を追放するなどして百姓側の要求を受け入れた。こうして、改革は失敗に終わった。松平昌信 フレッシュアイペディアより)

  • 柳沢里済

    柳沢里済から見た大坂城大坂城

    享保10年(1725年)、先代藩主の経隆が早世したため、その養嗣子として跡を継ぎ、同年12月18日に叙任する。大坂加番や日光祭礼奉行を務めるなどしたが、養父同様に享保20年(1735年)11月2日、27歳の若さで江戸牛込の藩邸にて死去した。跡を養嗣子の里旭が継いだ。なお、里済の代から松平姓を改めて柳沢姓を称することを命じられている。法号は鷲峰院一枝道華。墓所は東京都新宿区市ヶ谷河田町の正覚山月桂寺。柳沢里済 フレッシュアイペディアより)

1135件中 71 - 80件表示

「大坂城」のニューストピックワード