1135件中 81 - 90件表示
  • 米津政崇

    米津政崇から見た大坂城大坂城

    享保9年(1724年)、第3代藩主・政容の三男として生まれる。長兄と次兄が早世したために世子となり、元文4年(1739年)の父の死去により家督を継いだ。延享4年(1747年)3月に大番頭に任じられ、寛延2年(1749年)8月に大坂定番に任じられたが、10月に辞職した。米津政崇 フレッシュアイペディアより)

  • 新庄直祐

    新庄直祐から見た大坂城大坂城

    元禄5年(1692年)、第7代藩主・新庄直詮の五男として生まれる。宝永5年(1708年)に父が死去したため家督を継ぐ。宝永6年(1709年)3月7日、従五位下・駿河守に叙位・任官する。正徳4年(1714年)と享保5年(1720年)に大坂城守衛を務めた。享保7年(1722年)、年貢減免を求める百姓一揆が起こり、百姓側の要求を受け入れている。新庄直祐 フレッシュアイペディアより)

  • 新庄直規

    新庄直規から見た大坂城大坂城

    寛政6年(1794年)8月8日から寛政11年(1799年)12月まで大番頭を務めた。また、大坂城・二条城・駿府城の守衛職も歴任した。享和3年(1803年)10月20日、病気を理由に家督を長男・直計に譲って隠居する。文化5年(1808年)3月23日に死去した。享年58。新庄直規 フレッシュアイペディアより)

  • 破損奉行

    破損奉行から見た大坂城大坂城

    破損奉行(はそんぶぎょう)は、江戸幕府における職名の1つ。駿府に置かれた駿府破損奉行(すんぷはそんぶぎょう)と、大坂城の大坂破損奉行(おおさかはそんぶぎょう)の2つがあった。破損奉行 フレッシュアイペディアより)

  • 堀直喜

    堀直喜から見た大坂城大坂城

    享保15年(1730年)に生まれたが、その年に父・直恒が死去している。延享4年(1747年)、第4代藩主で従兄の直旧の養子となり、寛延元年(1748年)に直旧の死により家督を相続した。翌寛延2年(1749年)、大坂城加番を命じられた。寛延4年(1751年)死去。同族の信濃国須坂藩から養子・直著を迎えて跡を継がせた。堀直喜 フレッシュアイペディアより)

  • 玉置永直

    玉置永直から見た大坂城大坂城

    慶長5年(1600年)、関ヶ原の戦いでは西軍に属したため改易される。慶長20年(1615年)、大坂の役において豊臣方として大坂城に入るが敗北。後に徳川氏に仕えたという。玉置永直 フレッシュアイペディアより)

  • 大島光政

    大島光政から見た大坂城大坂城

    天正10年(1582年)6月5日、長秀が大坂城内で津田信澄を討った時、手柄をたてる。翌年賤ヶ岳の戦いでも、長秀に従い戦功をあげる。長秀の死後、秀吉に任官して馬廻になる。九州の役に従軍。文禄の役では使番として活躍し従軍。重なる戦功によって金の切裂指物を許された。文禄4年(1595年)8月3日、美濃池田郡の内千石を加増された。関ヶ原の戦いでは西軍に属すが後に徳川家康に従う。慶長9年(1604年)、父の遺領の内、摂津豊島、美濃池田・加茂・武儀郡に四千七百十石余を分与される。大坂の陣で家康に従軍。幕府旗本寄合席となった。60歳で死去。大島光政 フレッシュアイペディアより)

  • 木下一元

    木下一元から見た大坂城大坂城

    関ヶ原の戦いの際は西軍に属し大坂城留守居・守備隊として大坂城周辺を守備した。この為、戦後に改易された。木下一元 フレッシュアイペディアより)

  • 早川長敏

    早川長敏から見た大坂城大坂城

    慶長5年(1600) 関ヶ原の合戦で西軍に所属。7月中旬大坂淡路町橋を守備、7月下旬からの田辺城の戦いに参加し、日田領主の毛利高政と安久口に布陣した。(毛利高政はその後、東軍に寝返り豊後佐伯領を安堵される。)国許の豊後では府内の留守城代 早川内右衛門が、東軍の黒田如水に降伏し開城。関ヶ原合戦後に改易された長敏は、浪人生活を経て、大坂の冬の陣(1614年)で豊臣方として大坂城に入城する。大坂夏の陣では真田信繁(幸村)の寄騎として戦い、最終決戦の5月7日は天王寺口に布陣した。大坂落城後の消息は不明。子孫は、所縁のあった仙台伊達家に仕えたと云えられている。早川長敏 フレッシュアイペディアより)

  • 川口宗勝

    川口宗勝から見た大坂城大坂城

    慶長5年(1600年)の関ヶ原の戦いにおいて、宗勝は大坂城におり東軍に味方するつもりで中江直澄とともに出立したが、増田長盛・長束正家に留められたため心ならずもでは西軍に属した。安濃津城攻めなどに参加するが西軍が敗れると高野山に蟄居し、所領を没収され身柄を伊達政宗に預けられる。のちに慶長11年(1606年)徳川秀忠に許されて、青菅(現・佐倉市)2500石を賜り旗本となった。川口宗勝 フレッシュアイペディアより)

1135件中 81 - 90件表示

「大坂城」のニューストピックワード