189件中 91 - 100件表示
  • 大坂城

    大坂城から見た東成郡

    大坂城/大阪城(おおさかじょう)は、安土桃山時代に摂津国東成郡生玉荘大坂に築かれ、江戸時代に修築された日本の城。現在の大阪府大阪市中央区大阪城に所在する。別称は錦城(きんじょう。金城とも表記)。「大坂城跡」として国の特別史跡に指定されている。大坂城 フレッシュアイペディアより)

  • 大坂城

    大坂城から見たギザの大ピラミッド

    また、現存する石垣も多くが当時の遺構である。江戸時代の大坂城は、徳川幕府の三期に渡る天下普請によって再築された。石垣石は瀬戸内海の島々(小豆島・犬島・北木島など)や兵庫県の六甲山系(遺跡名:徳川大坂城東六甲採石場)の石切丁場から採石された花崗岩である。また遠くは福岡県行橋市沓尾からも採石された。石垣石には、大名の所有権を明示するためや作業目的など多様な目的で刻印が打刻されている。ちなみに高さ5〜6mで最大幅14mに達する巨石が数多く使われている。最大の巨石であり、備前国岡山藩主池田忠雄が運んできた本丸桜門枡形にある蛸石の重量は最大130トンと推定され、エジプト・ギザの大ピラミッドの積石が1個約2.5トンであるのと比べ、その巨大さがわかる。ピラミッド内部にある花崗岩でさえ約80トンと言われる。また、イギリス・ストーンヘンジで最大の石は高さ6.6mで45トンである。大阪市内には石垣に使われず放置された石材があり「残念石」と言われている。運搬時に落ちた石は「落城」に通じ縁起が悪いとされ捨てられた説がある。現存する多くの鏡石はさほど厚みが無く本来の石垣の表に置かれた化粧石の役目になっている。大坂城 フレッシュアイペディアより)

  • 大坂城

    大坂城から見た湾岸ミッドナイト MAXIMUM TUNE 3

    湾岸ミッドナイト MAXIMUM TUNEシリーズ:湾岸ミッドナイト MAXIMUM TUNE 3から登場した阪神エリアにて登場する。また、それにまつわる称号も存在する。大坂城 フレッシュアイペディアより)

  • 大坂城

    大坂城から見た定番 (役職)

    幕府直轄の城である徳川大坂城の城主は徳川将軍家の歴代将軍自身であり、譜代大名から選ばれる大坂城代が預かった。他に大坂城代を補佐する定番2名(京橋口定番・玉造口定番)も譜代大名から選ばれ、旗本で編制された幕府の常備軍である大番2組(東大番・西大番)に加勢する加番4名(山里加番・青屋口加番・中小屋加番・雁木坂加番)が大名から選ばれた。なお、大番と加番は1年交代制だった。大坂城 フレッシュアイペディアより)

  • 大坂城

    大坂城から見た天守

    江戸時代にはたびたび火災による損傷と修復を繰り返した。1660年7月25日(万治3年6月18日)、城内青屋門の土蔵造りの焔硝蔵(火薬庫)に落雷して大爆発が起き、貯蔵中の2万1985貫600匁(約82.4t)の黒色火薬のほかに、鉛弾43万1079発、火縄3万6640本が焼失した。爆発の威力はすさまじく、城内では29人が死亡、およそ130人が負傷した。天守や御殿、櫓、橋など、多数の建造物が損壊。城外でも3人が死亡、家屋1481戸が倒壊し、多数の家屋の屋根が破損した。また、青屋門の扉が城から約14km離れた暗峠まで飛ばされたとの記録(「板倉重矩公常行記」)もある。後に幕府は現存する石造りの焔硝蔵を建造した。特に1665年(寛文5年)には落雷によって天守を焼失し、以後は天守を持たない城であった。大坂城 フレッシュアイペディアより)

  • 大坂城

    大坂城から見た日本万国博覧会

    1970年(昭和45年)に開催された日本万国博覧会での松下電器(現・パナソニック)と毎日新聞の企画によるタイムカプセルが天守閣前に5,000年後に開封されることを託して埋設されている。大坂城 フレッシュアイペディアより)

  • 大坂城

    大坂城から見た文化庁

    1981年(昭和56年)、保存運動や文化庁の調査指示があったにもかかわらず、それらを無視した大阪市が大阪陸軍造兵廠旧本館を取り壊した。大坂城 フレッシュアイペディアより)

  • 大坂城

    大坂城から見た暗峠

    江戸時代にはたびたび火災による損傷と修復を繰り返した。1660年7月25日(万治3年6月18日)、城内青屋門の土蔵造りの焔硝蔵(火薬庫)に落雷して大爆発が起き、貯蔵中の2万1985貫600匁(約82.4t)の黒色火薬のほかに、鉛弾43万1079発、火縄3万6640本が焼失した。爆発の威力はすさまじく、城内では29人が死亡、およそ130人が負傷した。天守や御殿、櫓、橋など、多数の建造物が損壊。城外でも3人が死亡、家屋1481戸が倒壊し、多数の家屋の屋根が破損した。また、青屋門の扉が城から約14km離れた暗峠まで飛ばされたとの記録(「板倉重矩公常行記」)もある。後に幕府は現存する石造りの焔硝蔵を建造した。特に1665年(寛文5年)には落雷によって天守を焼失し、以後は天守を持たない城であった。大坂城 フレッシュアイペディアより)

  • 大坂城

    大坂城から見た大阪城ホール

    1983年(昭和58年)、「大阪築城400年まつり」に合わせ、国鉄大阪環状線に「大阪城公園駅」が新設され、大阪陸軍造兵廠旧本館跡地には大阪城ホールが開館された。弁天島を含む一帯には次々と大企業のビルが建ち並び、「大阪ビジネスパーク」が完成した。大坂城 フレッシュアイペディアより)

  • 大坂城

    大坂城から見た屋根

    江戸時代にはたびたび火災による損傷と修復を繰り返した。1660年7月25日(万治3年6月18日)、城内青屋門の土蔵造りの焔硝蔵(火薬庫)に落雷して大爆発が起き、貯蔵中の2万1985貫600匁(約82.4t)の黒色火薬のほかに、鉛弾43万1079発、火縄3万6640本が焼失した。爆発の威力はすさまじく、城内では29人が死亡、およそ130人が負傷した。天守や御殿、櫓、橋など、多数の建造物が損壊。城外でも3人が死亡、家屋1481戸が倒壊し、多数の家屋の屋根が破損した。また、青屋門の扉が城から約14km離れた暗峠まで飛ばされたとの記録(「板倉重矩公常行記」)もある。後に幕府は現存する石造りの焔硝蔵を建造した。特に1665年(寛文5年)には落雷によって天守を焼失し、以後は天守を持たない城であった。大坂城 フレッシュアイペディアより)

189件中 91 - 100件表示

「大坂城」のニューストピックワード