189件中 31 - 40件表示
  • 大坂城

    大坂城から見た徳川家康

    1598年(慶長3年)に豊臣秀吉が死去、1600年(慶長5年)の関ヶ原の戦いで石田三成が敗れ、徳川家康によって東軍への恩賞という形で所領が分配された結果、220万石の大大名から摂河泉65万7千400石の一大名に転落した豊臣氏であったが、遺児の豊臣秀頼は依然として豪華絢爛たる大坂城を居城としていた。しかし、1614年(慶長19年)に勃発した大坂冬の陣において、講和条件として大坂城は惣構・三の丸・二の丸の破却が取り決められ、大坂城は内堀と本丸のみを残す裸城にされてしまう。秀頼は堀の再建を試みたために講和条件破棄とみなされ、冬の陣から4か月後の1615年(慶長20年)、大坂夏の陣で大坂城はついに落城し、豊臣氏は滅亡した。大坂城 フレッシュアイペディアより)

  • 大坂城

    大坂城から見た片岡安

    外観は『大坂夏の陣図屏風』を基に、大阪市土木局建築課の古川重春が設計、意匠は天沼俊一、構造は波江悌夫と片岡安、施工は大林組が担当した。設計の古川は、建築考証のために各地の城郭建築を訪ね、文献などの調査を行って設計に当たっておりその様子は古川の著書『錦城復興記』に記されている。大坂城 フレッシュアイペディアより)

  • 大坂城

    大坂城から見た筒井定次

    上野城 - 筒井定次時代は大坂城の出城、藤堂高虎時代は大坂城への攻めの城として共に改修された大坂城 フレッシュアイペディアより)

  • 大坂城

    大坂城から見た徳川頼宣

    1985年(昭和60年)11月2日に提携。和歌山城は豊臣秀吉の弟秀長が築城したことから、姉妹城郭となった。また江戸時代になると、大坂城は2代将軍秀忠の直轄となり和歌山城は弟頼宣に与えられた点も、姉妹関係と言える。大坂城 フレッシュアイペディアより)

  • 大坂城

    大坂城から見た真田信繁

    2006年(平成18年)10月10日、大阪市の關淳一市長と上田市の母袋創一市長が、大阪城天守閣二階会議室で提携書に調印12。上田城と大阪城は、結果こそ異なるものの共に徳川の大軍により二度の攻撃を受け、上田城では真田昌幸が、大阪城では真田幸村(昌幸の次子信繁)が城方で大活躍している。このつながりから、友好城郭となった。大坂城 フレッシュアイペディアより)

  • 大坂城

    大坂城から見た母袋創一

    2006年(平成18年)10月10日、大阪市の關淳一市長と上田市の母袋創一市長が、大阪城天守閣二階会議室で提携書に調印12。上田城と大阪城は、結果こそ異なるものの共に徳川の大軍により二度の攻撃を受け、上田城では真田昌幸が、大阪城では真田幸村(昌幸の次子信繁)が城方で大活躍している。このつながりから、友好城郭となった。大坂城 フレッシュアイペディアより)

  • 大坂城

    大坂城から見た天沼俊一

    外観は『大坂夏の陣図屏風』を基に、大阪市土木局建築課の古川重春が設計、意匠は天沼俊一、構造は波江悌夫と片岡安、施工は大林組が担当した。設計の古川は、建築考証のために各地の城郭建築を訪ね、文献などの調査を行って設計に当たっておりその様子は古川の著書『錦城復興記』に記されている。大坂城 フレッシュアイペディアより)

  • 大坂城

    大坂城から見た豊臣秀頼

    1598年(慶長3年)に豊臣秀吉が死去、1600年(慶長5年)の関ヶ原の戦いで石田三成が敗れ、徳川家康によって東軍への恩賞という形で所領が分配された結果、220万石の大大名から摂河泉65万7千400石の一大名に転落した豊臣氏であったが、遺児の豊臣秀頼は依然として豪華絢爛たる大坂城を居城としていた。しかし、1614年(慶長19年)に勃発した大坂冬の陣において、講和条件として大坂城は惣構・三の丸・二の丸の破却が取り決められ、大坂城は内堀と本丸のみを残す裸城にされてしまう。秀頼は堀の再建を試みたために講和条件破棄とみなされ、冬の陣から4か月後の1615年(慶長20年)、大坂夏の陣で大坂城はついに落城し、豊臣氏は滅亡した。大坂城 フレッシュアイペディアより)

  • 大坂城

    大坂城から見た黒田孝高

    初代築城総奉行、黒田孝高が縄張を担当。輪郭式平城であり、本丸を中心に大規模な郭を同心円状に連ね、間に内堀と外堀を配する。秀吉は孝高に築城に際しての指示、大坂の市街から天守がよく見えるよう天守の位置、街路などを工夫したとも伝えられている。丹羽長秀が築城した安土城の石垣をそのまま踏襲しており、現在の大阪城の地下7メートルから当時の石垣が発見されている。大坂城 フレッシュアイペディアより)

  • 大坂城

    大坂城から見た徳川慶喜

    江戸末期、慶応3年12月9日(1868年1月3日)に発せられた王政復古の大号令の後、二条城から追われた前将軍徳川慶喜が大坂城に移り、居城していたが、慶応4年1月3日(1868年1月27日)、旧幕府軍の鳥羽・伏見の戦いでの敗北によって慶喜は船で江戸へ退却し、大坂城は新政府軍に開け渡された。この前後の混乱のうちに出火し、御殿や外堀四、五、七番櫓など城内の建造物のほとんどが焼失した。大坂城 フレッシュアイペディアより)

189件中 31 - 40件表示

「大坂城」のニューストピックワード