152件中 71 - 80件表示
  • 大坂城

    大坂城から見た大阪市立博物館

    1950年(昭和25年)のジェーン台風によりまたもや損傷を受けたことから、本格的な補修事業が開始された。あわせて学術調査も行われ、1959年(昭和34年)には地下から豊臣時代の遺構が発見された。本丸内の司令部庁舎の旧施設は一時大阪府警本部の庁舎(後に大阪市立博物館)として使用され、石垣に囲まれた東外堀跡の南端部では拳銃の射撃訓練も行われた(大阪府警射撃場跡は玉造口土橋東側に現存)。大阪陸軍造兵廠跡は、長らく放置され、残された大量の鉄や銅の屑を狙う「アパッチ族」が跳梁し小松左京や開高健の小説の舞台ともなった。大坂城 フレッシュアイペディアより)

  • 大坂城

    大坂城から見た指定管理者

    なお、現在は指定管理者として「財団法人大阪市博物館協会 大阪城天守閣」が管理運営を行い、8階建ての場内を一般公開している。大坂城 フレッシュアイペディアより)

  • 大坂城

    大坂城から見た大名

    石垣石には、大名の所有権を明示するためや作業目的など多様な目的で刻印が打刻されている。大坂城 フレッシュアイペディアより)

  • 大坂城

    大坂城から見た天臨閣

    1933年(昭和8年)、紀州御殿を「天臨閣(てんりんかく)」と改称した。大坂城 フレッシュアイペディアより)

  • 大坂城

    大坂城から見た鉄骨鉄筋コンクリート構造

    建物は、徳川大坂城の天守台石垣に新たに鉄筋鉄骨コンクリートで基礎をした上に、鉄骨鉄筋コンクリート造にサスペンション工法を用いて建てられた。高さは54.8メートル(天守台・鯱を含む)。復興天守の中は博物館「大阪城天守閣」として利用されている。大坂城 フレッシュアイペディアより)

  • 大坂城

    大坂城から見た石垣

    また、現存する石垣も多くが当時の遺構である。江戸時代の大坂城は、徳川幕府の天下普請によって再築された。石垣石は瀬戸内海の島々(小豆島・犬島・北木島など)や兵庫県の六甲山系(遺跡名:徳川大坂城東六甲採石場)の石切丁場から採石された。また遠くは福岡県行橋市沓尾からも採石された。大坂城 フレッシュアイペディアより)

  • 大坂城

    大坂城から見た龍が如く2

    龍が如く2(プレイステーション2)大坂城 フレッシュアイペディアより)

  • 大坂城

    大坂城から見た征夷大将軍

    幕府直轄の城である徳川大坂城の城主は徳川将軍家の歴代将軍自身であり、譜代大名から選ばれる大坂城代が預かり、これも譜代大名からなる2名の大坂定番と4名の大坂加番が警備を担当した。江戸時代にはたびたび火災による損傷と修復を繰り返した。特に1665年(寛文5年)には落雷によって天守を焼失し、以後は天守を持たない城であった。大坂城 フレッシュアイペディアより)

  • 大坂城

    大坂城から見た大阪

    大坂城・大阪城(おおさかじょう)は、摂津国東成郡大坂(現在の大阪市中央区大阪城の大阪城公園)にあった安土桃山時代から江戸時代の城および、由来する大阪市の地名である。郵便番号は、〒540-0002。別称は金城あるいは錦城で、大坂が近代に大阪と表記するように改まったため、現在は「大阪城」と表記することが多い。大坂城 フレッシュアイペディアより)

  • 大坂城

    大坂城から見た兵器

    明治新政府は城内の敷地を陸軍用地に転用した。東側の国鉄城東線(現在の大阪環状線)までの広大な敷地には、主に火砲・車両などの重兵器を生産する大阪砲兵工廠(大阪陸軍造兵廠)が設けられ、このため後の太平洋戦争時は米軍の爆撃目標となる。大坂城 フレッシュアイペディアより)

152件中 71 - 80件表示

「大坂城」のニューストピックワード