189件中 81 - 90件表示
  • 大坂城

    大坂城から見た特別史跡

    大坂城/大阪城(おおさかじょう)は、安土桃山時代に摂津国東成郡生玉荘大坂に築かれ、江戸時代に修築された日本の城。現在の大阪府大阪市中央区大阪城に所在する。別称は錦城(きんじょう。金城とも表記)。「大坂城跡」として国の特別史跡に指定されている。大坂城 フレッシュアイペディアより)

  • 大坂城

    大坂城から見た大阪市長

    1928年(昭和3年)、当時の大阪市長、關一が天守再建を含む大阪城公園整備事業を提案し昭和天皇の即位記念事業として整備が進められた。集められた市民の募金150万円によって陸軍第4師団司令部庁舎と天守の建設がすすめられた。天守閣の基本設計は波江悌夫が行い、再建工事は1930年(昭和5年)に始まり、翌年に完成した。大坂城 フレッシュアイペディアより)

  • 大坂城

    大坂城から見たモトクロス

    2013年(平成25年)から大阪城公園の西の丸庭園で、モータースポーツ・フリースタイルモトクロス大会「Red Bull X-Fighters(レッドブル X-ファイターズ)」の会場としても使用されている。大坂城 フレッシュアイペディアより)

  • 大坂城

    大坂城から見た郡山城 (大和国)

    郡山城 \(大和国\) - 豊臣時代大坂城の防衛の城として改修された大坂城 フレッシュアイペディアより)

  • 大坂城

    大坂城から見たエンブレム

    ダイハツ工業製のオート三輪前部に取り付けたあったエンブレムは大坂城のイラストを使用していた。大坂城 フレッシュアイペディアより)

  • 大坂城

    大坂城から見た和歌山城

    1885年(明治18年)、和歌山城二の丸より御殿の一部が移築され、「紀州御殿」と命名される。紀州御殿は、大阪鎮台の司令部庁舎として利用された。大坂城 フレッシュアイペディアより)

  • 大坂城

    大坂城から見た火砲

    明治新政府は城内の敷地を陸軍用地に転用した。東側の国鉄城東線(現在の大阪環状線)までの広大な敷地には、主に火砲・車両などの重兵器を生産する大阪砲兵工廠(大阪陸軍造兵廠)が設けられ、このため後の太平洋戦争時は米軍の爆撃目標となった。大坂城 フレッシュアイペディアより)

  • 大坂城

    大坂城から見た郡山藩

    落城後の大坂城は初め家康の外孫松平忠明に与えられたが、忠明に課せられた任務は大坂城下の復興であった。1619年(元和5年)に忠明は大和郡山へ移封となり、江戸幕府は大坂藩を廃止して大坂を幕府直轄領(天領)にすると、翌1620年(元和6年)から2代将軍徳川秀忠によって、豊臣色を払拭する大坂城修築工事が開始された。大坂城修築工事は1620年(元和6年)からの第一期工事で西の丸、二の丸北部・東部、三の丸、1624年(元和10年)からの第二期工事で本丸、山里丸、1628年(寛永5年)からの第三期工事で二の丸南部、と実に3期にわたる工事を行って1629年(寛永6年)に完成した。大坂城 フレッシュアイペディアより)

  • 大坂城

    大坂城から見た旗本

    幕府直轄の城である徳川大坂城の城主は徳川将軍家の歴代将軍自身であり、譜代大名から選ばれる大坂城代が預かった。他に大坂城代を補佐する定番2名(京橋口定番・玉造口定番)も譜代大名から選ばれ、旗本で編制された幕府の常備軍である大番2組(東大番・西大番)に加勢する加番4名(山里加番・青屋口加番・中小屋加番・雁木坂加番)が大名から選ばれた。なお、大番と加番は1年交代制だった。大坂城 フレッシュアイペディアより)

  • 大坂城

    大坂城から見た盛り土

    徳川氏の大坂城は豊臣氏の大坂城の石垣と堀を破却して、天下普請を行い藤堂高虎を総責任者とする。全体に高さ約1メートルから10メートルの盛り土をした上により高く石垣を積んだので、豊臣大坂城の遺構は地中に埋もれた。また天守など建物も構造を踏襲せずに独自のものに造り替えることになった。こうして大坂城天下普請が始まる。徳川氏の目的は、この天下普請を諸藩に課すことによりその財政を逼迫させ、財政的にその勢力を削ぐことであった。天下普請の結果、大坂城の城郭の大きさは豊臣時代の4分の1の規模に縮小されたものの、天守はその高さも総床面積も豊臣氏のそれを越える規模のものが構築された。二重に廻らせた堀割は江戸城をしのぐ規模のものとなった。大坂城 フレッシュアイペディアより)

189件中 81 - 90件表示

「大坂城」のニューストピックワード