152件中 81 - 90件表示
  • 大坂城

    大坂城から見た京橋駅 (大阪府)

    大阪大空襲など太平洋戦争中の空襲では、1868年(慶応4年)の火災では被害を免た二番櫓・三番櫓・坤櫓・伏見櫓・京橋口多聞櫓を焼失、また青屋門に甚大な被害を受けた。特に終戦前日の8月14日の空襲は、1トン爆弾が多数投下され、近隣の京橋駅も巻き添えとなり、避難していた乗客に多数の死傷者が出たほどだった。このとき毎日新聞大阪本社屋上から撮影された「天守閣の背景に黒煙が濛々と上がる」光景は、後に「大阪夏の陣」などとも呼ばれたが、天守閣に関しては天守台が損傷したものの破壊を免れた。このほか、一心寺に移築された三の丸玉造門も焼失している。大坂城 フレッシュアイペディアより)

  • 大坂城

    大坂城から見た森ノ宮駅

    大阪市営地下鉄・JR西日本 森ノ宮駅大坂城 フレッシュアイペディアより)

  • 大坂城

    大坂城から見た天王寺駅

    大阪市営バス 大阪駅・上本町六丁目・あべの橋(天王寺駅)から62号系統 大手前もしくは馬場町停留所大坂城 フレッシュアイペディアより)

  • 大坂城

    大坂城から見た中央区 (大阪市)

    大坂城・大阪城(おおさかじょう)は、摂津国東成郡大坂(現在の大阪市中央区大阪城の大阪城公園)にあった安土桃山時代から江戸時代の城および、由来する大阪市の地名である。郵便番号は、〒540-0002。別称は金城あるいは錦城で、大坂が近代に大阪と表記するように改まったため、現在は「大阪城」と表記することが多い。大坂城 フレッシュアイペディアより)

  • 大坂城

    大坂城から見た日本100名城

    2006年(平成18年)4月6日、日本100名城(54番)に選定され、2007年(平成19年)6月から全国規模の日本100名城スタンプラリーが開始された。大坂城 フレッシュアイペディアより)

  • 大坂城

    大坂城から見た京都

    大坂城は、上町台地の北端に位置する。かつて、この地のすぐ北の台地下には淀川の本流が流れる天然の要害であり、またこの淀川を上ると京都に繋がる交通の要衝でもあった。元々古墳時代の古墳があったと言われ、戦国時代末期から安土桃山時代初期には石山本願寺があったが、1580年(天正8年)に石山合戦で焼失した後、豊臣秀吉によって大坂城が築かれ、豊臣氏の居城および豊臣政権の本拠地となったが、大坂夏の陣で豊臣氏の滅亡とともに焼失した。徳川政権は豊臣氏築造のものに高さ数メートルの盛り土をして縄張を改めさせ豊臣氏の影響力と記憶を払拭するように再建したとされる。その後、幕府の近畿地方、および西日本支配の拠点となった。姫路城、熊本城と共に日本三名城の一つに数えられている。大坂城 フレッシュアイペディアより)

  • 大坂城

    大坂城から見た徳川氏

    大坂城は、豊臣氏が築城した当初の城と、その落城後に徳川氏が再建した城とで縄張や構造が変更されている。現在地表から見ることができる縄張はすべて、江戸時代のものである。ただし、堀の位置、門の位置などは秀吉時代と基本的に大きな違いはないとされている。大坂城 フレッシュアイペディアより)

  • 大坂城

    大坂城から見た大日本帝国陸軍

    明治新政府は城内の敷地を陸軍用地に転用した。東側の国鉄城東線(現在の大阪環状線)までの広大な敷地には、主に火砲・車両などの重兵器を生産する大阪砲兵工廠(大阪陸軍造兵廠)が設けられ、このため後の太平洋戦争時は米軍の爆撃目標となる。大坂城 フレッシュアイペディアより)

  • 大坂城

    大坂城から見た大阪市営バス

    大阪市営バス 大阪駅・上本町六丁目・あべの橋(天王寺駅)から62号系統 大手前もしくは馬場町停留所大坂城 フレッシュアイペディアより)

  • 大坂城

    大坂城から見た石山本願寺

    上町台地のほぼ北端、石山本願寺の跡地に1583年(天正11年)、豊臣秀吉が築城を開始した。大坂城 フレッシュアイペディアより)

152件中 81 - 90件表示

「大坂城」のニューストピックワード