前へ 1 2 3 4 5 6
53件中 1 - 10件表示
  • SBM (野球)

    SBM (野球)から見た大場翔太大場翔太

    2011年は開幕前に甲藤が故障で離脱、攝津が先発に転向することからSBM48が解体されることとなった。しかし、中継ぎ陣には巨人から藤田宗一が移籍、大場翔太が中継ぎに転向したため彼らの名前の頭文字である「S」をとってSBMは再結成される可能性もあったが、藤田は二軍生活が長く、大場は先発に再転向したためならなかった。SBM (野球) フレッシュアイペディアより)

  • 佐藤吉宏

    佐藤吉宏から見た大場翔太大場翔太

    10月26日、現役引退が発表された。通算安打数はわずか4本ながら、本塁打が3本、しかも大場翔太、岸孝之、岩隈久志と、エース級か、その時点で絶好調だった投手から打つというファンの印象に残る成績だった。11月15日に二軍マネージャーに就任した。佐藤吉宏 フレッシュアイペディアより)

  • 2008年の日本プロ野球

    2008年の日本プロ野球から見た大場翔太大場翔太

    3月23日 - ソフトバンクの大場翔太が対楽天戦(ヤフードーム)でプロ初登板でパ・リーグ史上10人目の初完封勝利2008年の日本プロ野球 フレッシュアイペディアより)

  • 三条市民球場

    三条市民球場から見た大場翔太大場翔太

    2009年5月30日、ウエスタン・リーグ公式戦・阪神タイガース対福岡ソフトバンクホークス6回戦が開催された。試合は阪神が岩田稔、ソフトバンクが大場翔太の先発で始まり、岩田は7回まで2失点と好投した。直後の7回裏、阪神は柴田講平の1号3点本塁打などで一挙4点を挙げ逆転し、結局5-2で勝利した。当初の予定では翌5月31日と合わせて2連戦だったものの、同日は雨天のため中止となった。三条市民球場 フレッシュアイペディアより)

  • 野球チェコ代表

    野球チェコ代表から見た大場翔太大場翔太

    の北京五輪のプレ五輪では、代表4番のパベル・ブドスキーが大場翔太から2ランを放つなど、日本代表相手に延長戦までもつれ込ませたが敗退。中国戦では2 - 9で敗退。予選リーグでフランスを下すが、準決勝で中国に敗れ、3位決定戦で再びフランスと対戦。しかし3位決定戦では、フランスに雪辱を果たされるという形になり、4 - 8で敗退。最下位で大会を終えた。野球チェコ代表 フレッシュアイペディアより)

  • 小林賢司

    小林賢司から見た大場翔太大場翔太

    2007年の大学生・社会人ドラフトでは、大場翔太、篠田純平と2度の抽選に外れたオリックスから1位指名を受けた。11月29日に契約金8000万円、年俸1200万円(いずれも推定)で仮契約を交わした。小林賢司 フレッシュアイペディアより)

  • 加藤幹典

    加藤幹典から見た大場翔太大場翔太

    2007年11月19日の大学生・社会人ドラフト会議では、大場翔太、長谷部康平と共に「大学生BIG3」と称され、前年の対六大学選抜戦での対戦経験もある東京ヤクルトスワローズから単独指名を受ける。指名当日には高田繁新監督が直接挨拶に訪れ、1週間後の仮契約では契約金1億円、年俸1500万円、出来高払い5000万円(いずれも推定)という好条件、更に石井一久の後継者として「16」の背番号を与えられ球団側の期待の高さを窺わせた。加藤幹典 フレッシュアイペディアより)

  • 関清和

    関清和から見た大場翔太大場翔太

    卒業後は専修大へ進学。東都大学リーグでは1983年秋季リーグで二部に降格するが、1985年秋季リーグで二部優勝、翌季から一部に復帰した。1986年秋季リーグに当時の東都大学記録となるシーズン87奪三振を記録。この記録は1990年春季に亜細亜大の小池秀郎が111奪三振を記録し更新、さらに2007年春季には東洋大の大場翔太が115個を記録し更新している。同期の宮里太とバッテリーを組み、1部リーグで6勝10敗、2部リーグで6勝1敗の成績をあげる。他の大学同期に畝龍実、西俊児がいた。関清和 フレッシュアイペディアより)

  • 2013年の福岡ソフトバンクホークス

    2013年の福岡ソフトバンクホークスから見た大場翔太大場翔太

    12月7日 - 日本ハムからFAの鶴岡慎也と中日からFAの中田賢一の入団を発表、背番号は鶴岡が8、中田が11。また以下の選手の背番号の変更も発表された。寺原隼人が11から20、巽真悟が20から25、大場翔太が17から29、福田秀平が37から312013年の福岡ソフトバンクホークス フレッシュアイペディアより)

  • 小池秀郎

    小池秀郎から見た大場翔太大場翔太

    長野県の武蔵工業大学付属信州工業高等学校(現東京都市大学塩尻高等学校)に野球留学したが、甲子園には出場できなかった。亜細亜大学では春季に東都大学記録となるシーズン111奪三振を記録し(に東洋大の大場翔太が115個を記録し更新)、大学選手権でも優勝。大学通算63試合登板28勝14敗、防御率1.45。最高殊勲選手に2度、最優秀投手に1度、ベストナインに2度選ばれ大学ナンバー1投手として注目された。また、大場が従来のリーグ記録とされていた松沼雅之(東洋大)の通算376奪三振を更新した時点で、小池が通算394奪三振を挙げていたことが判明し、訂正された。小池秀郎 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6
53件中 1 - 10件表示

「大場翔太」のニューストピックワード