46件中 11 - 20件表示
  • 小池 秀郎

    小池秀郎から見た大場翔太大場翔太

    長野県の武蔵工業大学付属信州工業高等学校(現東京都市大学塩尻高等学校)に野球留学したが、甲子園には出場できなかった。亜細亜大学では春季に東都大学記録となるシーズン111奪三振を記録し(に東洋大の大場翔太が115個を記録し更新)、大学選手権でも優勝。大学通算63試合登板28勝14敗、防御率1.45。最高殊勲選手に2度、最優秀投手に1度、ベストナインに2度選ばれ大学ナンバー1投手として注目された。また、大場が従来のリーグ記録とされていた松沼雅之(東洋大)の通算376奪三振を更新した時点で、小池が通算394奪三振を挙げていたことが判明し、訂正された。小池秀郎 フレッシュアイペディアより)

  • カーネル・サンダースの呪い

    カーネル・サンダースの呪いから見た大場翔太大場翔太

    2007年大学生・社会人 - 大場翔太(ソフトバンク)カーネル・サンダースの呪い フレッシュアイペディアより)

  • 第36回日米大学野球選手権大会日本代表

    第36回日米大学野球選手権大会日本代表から見た大場翔太大場翔太

    17 大場翔太(東洋大、4)【福岡ソフトバンク(2008- )】第36回日米大学野球選手権大会日本代表 フレッシュアイペディアより)

  • 北京オリンピック野球日本代表

    北京オリンピック野球日本代表から見た大場翔太大場翔太

    星野は、3月に中田翔・由規・加藤幹典・大場翔太ら新人選手も含めた1次候補77選手を発表し、6月にはアジア予選メンバーを主体にした代表選手の決定を行う予定だった。しかし、アジア予選メンバーや代表候補に故障者や上原浩治ら不調となる選手が相次ぎ、編成作業は難航した。北京オリンピック野球日本代表 フレッシュアイペディアより)

  • 森浩之

    森浩之から見た大場翔太大場翔太

    大学4年のリーグ戦終了後、南海がドラフト2位指名してプロ入り。1989年にようやく初安打を放つ。しかし自身の打力不足に加え、吉永幸一郎らの台頭などもあって、1991年に自由契約となり、プロ5年で引退。その後チームスタッフとなり、1993年から2002年までブルペン担当コーチ。ホークス戦のテレビ中継では、先発投手のブルペンでの調子についてコメントを出すことがある。2009年からは7年ぶりにコーチ登録され二軍のコーチ補佐(バッテリー担当)に就任した。2013年からはスコアラーを務める。同チームに所属する大場翔太は大学の後輩である。森浩之 フレッシュアイペディアより)

  • 第34回日米大学野球選手権大会日本代表

    第34回日米大学野球選手権大会日本代表から見た大場翔太大場翔太

    48 大場翔太(東洋大、2)※東京大会限定【→ソフトバンク】第34回日米大学野球選手権大会日本代表 フレッシュアイペディアより)

  • 乾真大

    乾真大から見た大場翔太大場翔太

    その後東洋大学に進学し、大場翔太の投球に衝撃を受ける。1年春からベンチ入りし、2年春には4勝を挙げてチームを3季連続優勝に導き、最優秀投手とベストナインを受賞した。世界選手権日本代表にも選出され、4年時にも日本代表に選出された。U-26 NPB選抜 対 大学日本代表にも出場し、1回無失点2奪三振と好投する。東都大学リーグ通算46試合に登板し10勝7敗、防御率2.80、179奪三振。乾真大 フレッシュアイペディアより)

  • 安部友裕

    安部友裕から見た大場翔太大場翔太

    初打席:同上、8回裏に大場翔太から空振り三振安部友裕 フレッシュアイペディアより)

  • 田中大輔 (野球)

    田中大輔 (野球)から見た大場翔太大場翔太

    卒業後は東洋大学に進学し2年春よりレギュラーに定着、主将も務めた。大学時代は永井怜(現:楽天)、1学年下の大場翔太(現:ソフトバンク)とバッテリーを組んでいた。東都大学リーグ通算72試合出場、236打数68安打、打率.288、3本塁打、36打点。ベストナイン1回受賞。2006年の大学・社会人ドラフトで中日ドラゴンズに希望枠で入団する。なお、翌年に希望枠が廃止されたため中日で最後の希望枠での入団者である。田中大輔 (野球) フレッシュアイペディアより)

  • 東洋大学硬式野球部

    東洋大学硬式野球部から見た大場翔太大場翔太

    大場翔太(ソフトバンク)東洋大学硬式野球部 フレッシュアイペディアより)

46件中 11 - 20件表示

「大場翔太」のニューストピックワード