46件中 21 - 30件表示
  • 1985年のスポーツ

    1985年のスポーツから見た大場翔太大場翔太

    6月27日 - 大場翔太(東京都、野球)1985年のスポーツ フレッシュアイペディアより)

  • 白仁田寛和

    白仁田寛和から見た大場翔太大場翔太

    のドラフトで、阪神から大学・社会人1巡目指名を受け入団。阪神は当初大場翔太の指名を狙ったものの抽選で外しており、白仁田は大場の外れ1位ではあったが、長身の即戦力投手として期待されていた。白仁田寛和 フレッシュアイペディアより)

  • 石川俊介 (野球)

    石川俊介 (野球)から見た大場翔太大場翔太

    高校卒業後は関甲新学生野球連盟所属の上武大学ビジネス情報学部へ進学。4年時のに全日本大学野球選手権8強入り、その後の秋季リーグでは最優秀防御率を獲得し、明治神宮野球大会では準決勝で同年のドラフト候補の注目選手だった大場翔太を擁する東洋大学に敗れたものの、12奪三振の好投で4強入りし注目された。同年秋の大学・社会人ドラフトで阪神から3巡目指名を受け入団。大学時代の同期には加賀繁がいる。石川俊介 (野球) フレッシュアイペディアより)

  • 村田透

    村田透から見た大場翔太大場翔太

    2007年2月に右足首の靭帯を切断・手術し、大半をリハビリに費やすことになったが、11月19日のドラフト会議で巨人から1巡目で指名される(この年から逆指名制度が廃止され、大場翔太・篠田純平の外れ1位で指名)。大体大からドラフト指名を受けた選手は2007年時点で3人いるが、巨人では上原浩治(1998年ドラフト1位)に続き2人目。11月26日に契約金8000万円、年俸1200万円(推定)で仮契約。背番号は36で、これには「半分の18(エースナンバー)を目指せ」という原辰徳の期待が込められていた。村田透 フレッシュアイペディアより)

  • 内村賢介

    内村賢介から見た大場翔太大場翔太

    初本塁打:2011年9月24日、対福岡ソフトバンクホークス23回戦(日本製紙クリネックススタジアム宮城)、3回裏に大場翔太から左翼へランニング本塁打内村賢介 フレッシュアイペディアより)

  • 加藤幹典

    加藤幹典から見た大場翔太大場翔太

    2007年11月19日の大学生・社会人ドラフト会議では、大場翔太、長谷部康平と共に「大学生BIG3」と称され、前年の対六大学選抜戦での対戦経験もある東京ヤクルトスワローズから単独指名を受ける。指名当日には高田繁新監督が直接挨拶に訪れ、1週間後の仮契約では契約金1億円、年俸1500万円、出来高払い5000万円(いずれも推定)という好条件、更に石井一久の後継者として「16」の背番号を与えられ球団側の期待の高さを窺わせた。加藤幹典 フレッシュアイペディアより)

  • 八千代松陰中学校・高等学校

    八千代松陰中学校・高等学校から見た大場翔太大場翔太

    大場翔太(プロ野球選手・福岡ソフトバンクホークス)八千代松陰中学校・高等学校 フレッシュアイペディアより)

  • 2007年の日本プロ野球

    2007年の日本プロ野球から見た大場翔太大場翔太

    11月19日 - 大学生・社会人ドラフト会議と育成ドラフト会議が東京都内で開かれた。1巡目指名では、大場翔太投手(東洋大)を巨人、阪神、横浜、日本ハム、ソフトバンク、オリックスの6球団が指名。また、長谷部康平投手(愛工大)を中日、広島、ロッテ、楽天、西武の5球団が指名。抽選の結果、大場はソフトバンク、長谷部は楽天が交渉権を獲得した。加藤幹典投手(慶大)はヤクルトが単独指名して交渉権を得た。また、独立リーグからは育成含めて7人(四国アイランドリーグ6人、ベースボール・チャレンジ・リーグ1人)が指名を受けた。2007年の日本プロ野球 フレッシュアイペディアより)

  • 服部泰卓

    服部泰卓から見た大場翔太大場翔太

    はエースとして都市対抗1回戦では3塁を踏ませずにNTT西日本を完封した。また同年秋に行なわれた日本選手権では4試合に登板して3試合で完投勝ちを収めてチームの初優勝に貢献し、最優秀選手のタイトルを獲得した。同年は公式戦で19勝1敗の成績を残し、社会人ベストナインにも選出されている。11月19日の同年の大学・社会人ドラフト会議で大場翔太を外した日本ハム、長谷部康平を外した西武およびロッテの3球団から1巡目指名される。抽選でロッテが交渉権を獲得し、契約金1億円+出来高5,000万円、年俸1,500万円(いずれも推定)で12月6日に入団契約を交わした。服部泰卓 フレッシュアイペディアより)

  • 佐藤道郎

    佐藤道郎から見た大場翔太大場翔太

    日本大学第三高等学校から日本大学に進む。3年次にチームが2部リーグに降格するが、4年次に1部リーグに復帰すると春秋連続で8勝という大車輪の活躍で東都大学リーグ連続優勝に貢献し、最高殊勲選手、最優秀投手、ベストナインを連続獲得した。年間16勝は、2007年に東洋大の大場翔太が17勝するまでリーグ記録であった。1969年秋季リーグの5完封勝利は、1974年秋季リーグでの東洋大・松沼博久と並ぶリーグタイ記録。1部リーグ通算40試合登板し20勝9敗、防御率1.52、148奪三振。2部リーグで12勝。また1969年の全日本大学野球選手権決勝では東海大・上田二郎と互いに無失点で投げ合い、9回表、谷口剛の決勝本塁打によって惜しくも3対0で苦杯を喫するが、今も名勝負として語り伝えられている。1970年ドラフト1位で南海ホークスに入団。この年は野村克也選手兼任監督1年目でもあり、佐藤はリリーフに抜擢され18勝、防御率2.05の成績で最優秀防御率、新人王のタイトルを獲得する。当時まだセーブ制度のない時代にあって、不動のリリーフとして活躍し1973年のリーグ優勝に貢献。また当時としては画期的だった「ノーワインドアップ投法」を取り入れていたことでも知られる。1973年には登板した3試合連続でサヨナラ本塁打を浴びる記録も作った。佐藤道郎 フレッシュアイペディアより)

46件中 21 - 30件表示

「大場翔太」のニューストピックワード