53件中 31 - 40件表示
  • 嘉弥真新也

    嘉弥真新也から見た大場翔太大場翔太

    ''、開幕は二軍で迎えたが、5月25日まで中継ぎ10試合で防御率0.69、WHIP1.15、先発では4試合25イニングを投げ、防御率0.72、3勝0敗の成績を残し、5月度のミズノ月間MVP (ファーム月間MVP)を受賞。その活躍により、5月31日に一軍へ昇格した。6月23日から僅差ビハインドからの登板が増え始め、7月15日にQVCマリンフィールドで行われた対千葉ロッテマリーンズ戦では、4回1点ビハインド二死満塁から2番手で登板し、根元俊一をセカンドゴロで切り抜けると、5回は無失点に抑え、裏に田上秀則、山崎勝己、内川聖一と3本のタイムリー二塁打で5点の援護を得て、6回は3者凡退に抑えてプロ入り初勝利を挙げた。これを境に夏場は2イニングを越えるロングリリーフでの起用が増えた。8月2日に本拠地福岡ヤフオク!ドームで行われた対埼玉西武ライオンズ戦では、延長11回同点から登板し、二死一二塁で降板となったが、代わった柳瀬明宏が後続を断ち切ったことで、プロ入り初ホールドを挙げた。8月29日の対ロッテ戦で、先発の大場翔太に代わり4回1点リード一死三塁から登板し、迎えた角中勝也にレフトへ犠牲フライを打たれて即同点に追いつかれて救援失敗。しかし同裏に明石健志のスリーランホームランにより再び勝ち越し、6回二死まで無失点に抑えて本拠地でプロ入り初勝利を手にした。9月16日の対北海道日本ハムファイターズ戦で、6回同点無死一塁から登板して3者凡退に打ち取り、裏に明石健志、本多雄一のタイムリー安打で3点の援護を得て3勝目を本拠地で挙げた。9月19日の対楽天戦では、プロ入り初先発を果たし、4回までを無失点と好投。しかし5回に松井稼頭央の安打と自身のフィルダースチョイスにより二死二三塁とすると岡島豪郎の内野安打と藤田一也の二塁打で2点を失い、5回で降板となった。なお8回の本多雄一の同点打により負けは付かなかった。10月4日の対日本ハム戦で、五十嵐亮太の後を受け、4番手として8回3点リード無死満塁から登板し、代打・鶴岡慎也のタイムリー安打、中島卓也のショートゴロの間にさらに1点、杉谷拳士に逆転となる2点タイムリーで計4失点し、プロ入り初黒星を喫した。この敗戦によりチームは2位の可能性が完全に消滅し、CSの進出の可能性もほぼ無くなった。最終的に防御率2.32の好成績で終えたが、走者のいる場面で22試合登板し、うち半分の11試合で走者を生還させるなど、僅差を大差に広げる登板で首脳陣からの期待を裏切る形となった。また僅差リードから登板した5試合のうち、3試合で同点に追いつかれた。嘉弥真新也 フレッシュアイペディアより)

  • 森浩之

    森浩之から見た大場翔太大場翔太

    大学4年のリーグ戦終了後、南海がドラフト2位指名してプロ入り。1989年にようやく初安打を放つ。しかし自身の打力不足に加え、吉永幸一郎らの台頭などもあって、1991年に自由契約となり、プロ5年で引退。その後チームスタッフとなり、1993年から2002年までブルペン担当コーチ。ホークス戦のテレビ中継では、先発投手のブルペンでの調子についてコメントを出すことがある。2009年からは7年ぶりにコーチ登録され二軍のコーチ補佐(バッテリー担当)に就任した。2013年からはスコアラーを務める。2017年からは一軍作戦コーチ兼バッテリーコーチ補佐。同チームに2015年まで所属していた大場翔太(現・中日)は大学の後輩である。森浩之 フレッシュアイペディアより)

  • 中東直己

    中東直己から見た大場翔太大場翔太

    初本塁打:2013年5月14日、対福岡ソフトバンクホークス1回戦(MAZDA Zoom-Zoom スタジアム広島)、1回裏に大場翔太から右越先制ソロ中東直己 フレッシュアイペディアより)

  • 1985年のスポーツ

    1985年のスポーツから見た大場翔太大場翔太

    6月27日 - 大場翔太(東京都、野球)1985年のスポーツ フレッシュアイペディアより)

  • 佐藤道郎

    佐藤道郎から見た大場翔太大場翔太

    高校卒業後は石塚とともに、に日本大学に進学。3年次にチームが二部リーグに降格するが、4年次のに一部リーグ復帰を果たすと、春秋連続で8勝という大車輪の活躍で東都大学リーグ連続優勝に貢献し、最高殊勲選手・最優秀投手・ベストナインを連続獲得した。年間16勝(に東洋大の大場翔太が17勝で更新)、秋季リーグの5完封勝利(秋季リーグでの東洋大の松沼博久がタイで並ぶ)はいずれもリーグ記録であった。一部リーグ通算40試合登板、20勝9敗、防御率1.52、148奪三振。二部リーグで12勝。また、1969年の全日本大学野球選手権決勝では東海大学の上田二郎と互いに無失点で投げ合い、9回表に谷口剛(住友金属)の決勝本塁打によって惜しくも0-3で苦杯を喫するが、今も名勝負として語り伝えられている。同年の第8回アジア野球選手権大会日本代表。大学同期には神山(内野手に転向)の他、須藤和彦(日産自動車)、植原修平がいた。佐藤道郎 フレッシュアイペディアより)

  • 足立区

    足立区から見た大場翔太大場翔太

    大場翔太(プロ野球・福岡ソフトバンクホークス)足立区 フレッシュアイペディアより)

  • 川崎宗則

    川崎宗則から見た大場翔太大場翔太

    公共広告機構 「川﨑選手、キーパーになる」(2008年〈九州地域限定〉、松田宣浩、山崎勝己、大場翔太と共演) - 現役のホークスの選手では和田毅以来のCM起用である。川崎宗則 フレッシュアイペディアより)

  • 山崎勝己

    山崎勝己から見た大場翔太大場翔太

    公共広告機構(現ACジャパン)「川崎選手、キーパーになる」(2008年、九州限定) - 川崎宗則、大場翔太、松田宣浩と共演。山崎勝己 フレッシュアイペディアより)

  • 大引啓次

    大引啓次から見た大場翔太大場翔太

    大場翔太からオリックス時代も含めて2009、2011、2013年の3回、頭及び上半身へ死球を受けている。2009年と2011年の際は両方ともバントの構えをしていた大引の顔面に大場の投球が直撃したものであり(2回とも大場は危険球退場となっている)、2013年は大引の左ひじに直球が直撃している。2013年に死球を受けた際は大引が激高し、止めようとした山崎勝己とにらみ合いになった。大引啓次 フレッシュアイペディアより)

  • 安部友裕

    安部友裕から見た大場翔太大場翔太

    初打席:同上、8回裏に大場翔太の前に空振り三振安部友裕 フレッシュアイペディアより)

53件中 31 - 40件表示

「大場翔太」のニューストピックワード