53件中 41 - 50件表示
  • 城所龍磨

    城所龍磨から見た大場翔太大場翔太

    ''、オープン戦終盤に一軍へ合流し、開幕を一軍で迎えた。8月16日の対オリックス・バファローズ戦ではアーロム・バルディリスのセンター前への打球にダイビングキャッチする超ファインプレーで大場翔太の初完封をアシストした。9月16日の対北海道日本ハムファイターズ戦で中田翔のフェンス際の打球を好捕したが、二塁塁審良川昌美は一度フェンスに当たって城所が捕球したと判定し、フェンス直撃の二塁打となった。これに秋山幸二監督は抗議したが判定は覆らず二塁打となった。詳しくは良川昌美の項目を参照。この件について城所は捕球の瞬間にグラブは本塁方向を向いており、「あのグラブの向きで打球がフェンスに当たるわけない。僕はワンプレーで飯食ってるんですから」と批判した。同年は主に内川聖一の代走・守備固めでセンターに入り、先発出場していた長谷川勇也がレフトに入るというパターンが多く見られ、センターでの守備固め起用が95試合と増加した。福田秀平、明石健志など同じ俊足の外野手の台頭はあったが、最終的には2年連続の2桁盗塁、自身初の100試合以上の出場となる108試合に出場した。日本シリーズではセンターの守備固めや代走で4試合出場し、11月17日の第5戦に1打席得たが久本祐一に空振り三振に抑えられ、その日のチーム最終打者となった。城所龍磨 フレッシュアイペディアより)

  • 松田宣浩

    松田宣浩から見た大場翔太大場翔太

    ACジャパン、「川崎選手、キーパーになる」で、川崎宗則、山崎勝己、大場翔太と共演(2008年、九州限定)。松田宣浩 フレッシュアイペディアより)

  • 村田透

    村田透から見た大場翔太大場翔太

    2007年2月に右足首の靭帯を切断・手術し、大半をリハビリに費やすことになったが、11月19日のドラフト会議で巨人から1巡目で指名される(大場翔太・篠田純平の外れ1位で指名)。ドラフト1位指名を受けた大体大の選手は2013年時点で3人いるが、巨人からの指名は上原浩治(1998年)に続き2人目。11月26日に契約金8000万円、年俸1200万円(推定)で仮契約。背番号は36で、これには「半分の18(エースナンバー)を目指せ」という原辰徳の期待が込められていた。村田透 フレッシュアイペディアより)

  • カーネル・サンダースの呪い

    カーネル・サンダースの呪いから見た大場翔太大場翔太

    2007年大学生・社会人 - 大場翔太(ソフトバンク)カーネル・サンダースの呪い フレッシュアイペディアより)

  • 6月27日

    6月27日から見た大場翔太大場翔太

    1985年 - 大場翔太、プロ野球選手6月27日 フレッシュアイペディアより)

  • 寺原隼人

    寺原隼人から見た大場翔太大場翔太

    '、オープン戦は好調ではなかったが東浜巨、大場翔太を押し退けて4月2日の開幕第5戦からローテーション入りし、同日の対日本ハム戦で通算1000投球回を達成した。プロ入り後通算6敗(全て先発)で迎えた4月16日の対楽天戦で7回を1失点に抑えて工藤公康、杉内俊哉に続くNPB史上3人目の13球団からの勝利'を達成した。4月30日の対オリックス戦で4回途中KOとなり、5月1日に二軍降格となった。ウエスタン・リーグでも被弾し右膝の違和感が消えず、5月12日に福岡市内の病院で精密検査を受け、5月27日に右膝軟骨損傷による内視鏡下デブリードマン手術を受けた。100パーセント完治する手術ではなく、翌年以降も毎週膝に溜まる水を抜き、ヒアルロン酸の注射が必須となった。同年はわずか5試合にとどまり1勝4敗に終わりながらもQS率は60パーセントだった。敗戦した4試合はいずれも1回、2回に先制点を奪われて本塁打も浴び、味方の援護も2点以下だった。5試合で被本塁打8と、9イニングあたり2.60本(前年までの8年間は1.00未満)と数字からも異変が起きていた。なお全5試合の捕手は同年より移籍加入した鶴岡慎也だった。オフの12月3日の契約更改交渉で減額制限を越える47パーセントダウンの年俸4,500万で更改した。寺原隼人 フレッシュアイペディアより)

  • 大隣憲司

    大隣憲司から見た大場翔太大場翔太

    自主トレ中の1月29日にインフルエンザに感染してキャンプ合流が遅れ、春季キャンプ中の2月6日に父親が急性心不全で他界。調整遅れで開幕は二軍で迎えた。5月6日に一軍復帰しリリーフとして起用されるも4試合で防御率6.00と結果を残せず5月30日に登録抹消された。7月14日に再昇格して同日の対東北楽天ゴールデンイーグルス戦で8回を1安打無失点に抑えたが、球宴前で次の登板機会が無いため7月15日に登録抹消された。8月4日に一軍で先発予定だったが8月2日に体調不良に見舞われて昇格を断念、代役には大場翔太が選ばれオリックスを5回1失点に抑えた。9月16日に一軍昇格すると先発で3連勝し9月を終えた。大隣憲司 フレッシュアイペディアより)

  • 岩嵜翔

    岩嵜翔から見た大場翔太大場翔太

    シーズンオフには大場翔太とともにプエルトリコのウィンターリーグへ派遣され、10月27日から12月21日までの期間に10試合登板(先発9試合)して53回2/3を投げ、リーグ最多勝となる8勝1敗、防御率3.19、WHIP1.23だった1。リーグ第4週にはESPN Deportesの選出する週間MVPを受賞し、レギュラーシーズン終了後にはの伊良部秀輝以来日本人史上2人目となる最優秀投手賞と右投手ベストナインを受賞した。岩嵜翔 フレッシュアイペディアより)

  • 2008年北京オリンピックの野球競技・日本代表

    2008年北京オリンピックの野球競技・日本代表から見た大場翔太大場翔太

    星野は、3月に中田翔・由規・加藤幹典・大場翔太ら新人選手も含めた1次候補77選手を発表し、6月にはアジア予選メンバーを主体にした代表選手の決定を行う予定だった。しかし、アジア予選メンバーや代表候補に故障者や上原浩治ら不調となる選手が相次ぎ、編成作業は難航した。2008年北京オリンピックの野球競技・日本代表 フレッシュアイペディアより)

  • 井口資仁

    井口資仁から見た大場翔太大場翔太

    100死球:2011年5月1日、対福岡ソフトバンクホークス5回戦(QVCマリンフィールド)、9回裏に大場翔太から ※史上16人目井口資仁 フレッシュアイペディアより)

53件中 41 - 50件表示

「大場翔太」のニューストピックワード