55件中 21 - 30件表示
  • 大場翔太

    大場翔太から見た石渡茂

    、3月23日の東北楽天ゴールデンイーグルス戦でパ・リーグ史上初となるプロ初登板で無四球完封勝利を上げる。4月5日の千葉ロッテマリーンズ戦では7者連続三振を含む球団新記録の16奪三振で2度目の無四球完封勝利をマークするなど、黄金ルーキーの名に恥じない鮮烈なデビューを飾る。しかし徐々に成績を落とし、シーズン中盤には二軍に落ち、3勝に終わった。13試合で14被本塁打といわゆる「一発病」に苦しみ、クイックや牽制などの技術面でも課題を残した。当時の二軍監督石渡茂は「彼は気持ちを表に出すタイプなので、序盤以降は精神的な部分に問題があった」と語っている。大場翔太 フレッシュアイペディアより)

  • 大場翔太

    大場翔太から見た田中大輔 (野球)

    は1月に東洋大学先輩の田中大輔、永井怜と母校東洋大学で合同自主トレを行った。先発登板した7月31日の対オリックス・バファローズ戦では1回表に大引啓次の頭部に死球を与え、わずか8球で危険球により退場処分となった。先発として12試合に登板し0勝3敗、防御率5.86、WHIP1.52に終わるが、リリーフでは10試合の登板で1勝0敗、防御率2.36、WHIP1.10の成績を残した。大場翔太 フレッシュアイペディアより)

  • 大場翔太

    大場翔太から見た日米大学野球選手権大会

    永井怜が卒業し最上級生となった2007年、春はリーグタイ記録の9勝・リーグ新記録の115奪三振。秋にも8勝を挙げ同大学初の春秋連覇に貢献し、二季連続でMVP・最優秀投手・ベストナインの三冠に輝いた。同年行われた第56回全日本大学野球選手権大会のベスト8、そして明治神宮野球大会では2完封を含む三連続完投勝利で初優勝にそれぞれ貢献。すべて完投で優勝したことから「平成の鉄腕」の異名がついた。同じく2007年に行われた日米大学野球選手権大会の初の敵地優勝、プレ五輪の優勝にも日本代表の一員として貢献した。大学通算62試合登板33勝11敗、防御率2.13。通算410奪三振と春から秋にかけての14連勝もリーグ新記録。大場翔太 フレッシュアイペディアより)

  • 大場翔太

    大場翔太から見た読売ジャイアンツ

    2007年の大学・社会人ドラフトにおいて最大の目玉とされ、6球団(オリックス、横浜、ソフトバンク、阪神、日本ハム、巨人)から1位指名を受け、抽選の結果福岡ソフトバンクホークスが交渉権を獲得。同年12月19日、契約金1億円+出来高5000万円、年俸1500万円の最高条件で仮契約を結んだ。大場翔太 フレッシュアイペディアより)

  • 大場翔太

    大場翔太から見た東都大学野球連盟

    東都大学野球連盟で2007年春季に挙げた9勝を全て完投で記録する抜きん出たスタミナで注目を浴び、「平成の鉄腕」の異名を持つ。大場翔太 フレッシュアイペディアより)

  • 大場翔太

    大場翔太から見た北海道日本ハムファイターズ

    2007年の大学・社会人ドラフトにおいて最大の目玉とされ、6球団(オリックス、横浜、ソフトバンク、阪神、日本ハム、巨人)から1位指名を受け、抽選の結果福岡ソフトバンクホークスが交渉権を獲得。同年12月19日、契約金1億円+出来高5000万円、年俸1500万円の最高条件で仮契約を結んだ。大場翔太 フレッシュアイペディアより)

  • 大場翔太

    大場翔太から見たIBAFインターコンチネンタルカップ

    八千代松陰高校時代は春に関東大会出場があるものの、夏は県大会ベスト8が最高で甲子園出場はなかった。進学した東洋大学では一年秋からリーグ戦に登板し、二年春には二試合連続完封を挙げるなど高市俊と共にリーグトップの防御率をマーク。以降先発に定着した。2006年に行われたIBAFインターコンチネンタルカップでは最優秀防御率を獲得。大場翔太 フレッシュアイペディアより)

  • 大場翔太

    大場翔太から見たウィンターリーグ

    は一軍登板4試合に終わるも、ファームではウエスタン・リーグ規定投球回到達者中2位の防御率2.99と同1位のWHIP0.89をマーク。与四球率も1.49に抑え、課題であった制球難に改善の兆しが見えた。10月には台湾で開催された第17回IBAFインターコンチネンタルカップの日本代表に選ばれ、11月には岩嵜翔と共にプエルトリコのウィンターリーグに派遣され、クリオージョス・デ・カグアスに所属。6試合に先発し34回を投げ4勝0敗、防御率2.65、WHIP1.35の成績を残し、ドミニカ共和国とのオールスターゲームにも選出された。リノ・リベラ監督からは「メジャーでも通用する才能とポテンシャルを持っている」と高く評価され、自身は投手コーチからツーシームを教わり「投球が楽になった」と語った。大場翔太 フレッシュアイペディアより)

  • 大場翔太

    大場翔太から見たツーシーム・ファストボール

    は一軍登板4試合に終わるも、ファームではウエスタン・リーグ規定投球回到達者中2位の防御率2.99と同1位のWHIP0.89をマーク。与四球率も1.49に抑え、課題であった制球難に改善の兆しが見えた。10月には台湾で開催された第17回IBAFインターコンチネンタルカップの日本代表に選ばれ、11月には岩嵜翔と共にプエルトリコのウィンターリーグに派遣され、クリオージョス・デ・カグアスに所属。6試合に先発し34回を投げ4勝0敗、防御率2.65、WHIP1.35の成績を残し、ドミニカ共和国とのオールスターゲームにも選出された。リノ・リベラ監督からは「メジャーでも通用する才能とポテンシャルを持っている」と高く評価され、自身は投手コーチからツーシームを教わり「投球が楽になった」と語った。大場翔太 フレッシュアイペディアより)

  • 大場翔太

    大場翔太から見た東洋大学

    は1月に東洋大学先輩の田中大輔、永井怜と母校東洋大学で合同自主トレを行った。先発登板した7月31日の対オリックス・バファローズ戦では1回表に大引啓次の頭部に死球を与え、わずか8球で危険球により退場処分となった。先発として12試合に登板し0勝3敗、防御率5.86、WHIP1.52に終わるが、リリーフでは10試合の登板で1勝0敗、防御率2.36、WHIP1.10の成績を残した。大場翔太 フレッシュアイペディアより)

55件中 21 - 30件表示

「大場翔太」のニューストピックワード