68件中 41 - 50件表示
  • 大場翔太

    大場翔太から見た速球

    平均球速約141km/h、最速151km/h(プロ入り後の最速は150km/h)のストレートと縦に鋭く変化するスライダー、SFFを武器とし、特にスライダーはパ・リーグのスコアラーからリーグを代表する変化球の一つに挙げられ、SFFは2009年には被打率.155を記録した。他にも横に変化するスライダーにカーブ、プエルトリコのウィンターリーグで習得したツーシーム、チェンジアップといった球種を持ち、2012年までの一軍での通算8.15と高い奪三振率を誇る。一方で四死球の多さを課題とし、打たれだすと止まらなくなるため、精神面での成長も望まれている。大場翔太 フレッシュアイペディアより)

  • 大場翔太

    大場翔太から見た第17回IBAFインターコンチネンタルカップ日本代表

    は一軍登板4試合に終わるも、ファームではウエスタン・リーグ規定投球回到達者中2位の防御率2.99と同1位のWHIP0.89をマーク。与四球率も1.49に抑え、課題であった制球難に改善の兆しが見えた。10月には台湾で開催された第17回IBAFインターコンチネンタルカップの日本代表に選ばれ、11月には岩嵜翔と共にプエルトリコのウィンターリーグに派遣され、に所属。6試合に先発し34回を投げ4勝0敗、防御率2.65、WHIP1.35の成績を残し、ドミニカ共和国とのオールスターゲームにも選出された。監督のリノ・リベラからは「メジャーでも通用する才能とポテンシャルを持っている」と高く評価され、自身は投手コーチからツーシームを教わり「投球が楽になった」と語った。大場翔太 フレッシュアイペディアより)

  • 大場翔太

    大場翔太から見たプエルトリコ

    は一軍登板4試合に終わるも、ファームではウエスタン・リーグ規定投球回到達者中2位の防御率2.99と同1位のWHIP0.89をマーク。与四球率も1.49に抑え、課題であった制球難に改善の兆しが見えた。10月には台湾で開催された第17回IBAFインターコンチネンタルカップの日本代表に選ばれ、11月には岩嵜翔と共にプエルトリコのウィンターリーグに派遣され、に所属。6試合に先発し34回を投げ4勝0敗、防御率2.65、WHIP1.35の成績を残し、ドミニカ共和国とのオールスターゲームにも選出された。監督のリノ・リベラからは「メジャーでも通用する才能とポテンシャルを持っている」と高く評価され、自身は投手コーチからツーシームを教わり「投球が楽になった」と語った。大場翔太 フレッシュアイペディアより)

  • 大場翔太

    大場翔太から見たカーブ (球種)

    平均球速約141km/h、最速151km/h(プロ入り後の最速は150km/h)のストレートと縦に鋭く変化するスライダー、SFFを武器とし、特にスライダーはパ・リーグのスコアラーからリーグを代表する変化球の一つに挙げられ、SFFは2009年には被打率.155を記録した。他にも横に変化するスライダーにカーブ、プエルトリコのウィンターリーグで習得したツーシーム、チェンジアップといった球種を持ち、2012年までの一軍での通算8.15と高い奪三振率を誇る。一方で四死球の多さを課題とし、打たれだすと止まらなくなるため、精神面での成長も望まれている。大場翔太 フレッシュアイペディアより)

  • 大場翔太

    大場翔太から見た投手

    大場 翔太(おおば しょうた、1985年6月27日 - )は、東京都足立区出身の元プロ野球選手(投手)。右投右打。愛称は「ばっさん」。大場翔太 フレッシュアイペディアより)

  • 大場翔太

    大場翔太から見たスプリットフィンガード・ファストボール

    平均球速約141km/h、最速151km/h(プロ入り後の最速は150km/h)のストレートと縦に鋭く変化するスライダー、SFFを武器とし、特にスライダーはパ・リーグのスコアラーからリーグを代表する変化球の一つに挙げられ、SFFは2009年には被打率.155を記録した。他にも横に変化するスライダーにカーブ、プエルトリコのウィンターリーグで習得したツーシーム、チェンジアップといった球種を持ち、2012年までの一軍での通算8.15と高い奪三振率を誇る。一方で四死球の多さを課題とし、打たれだすと止まらなくなるため、精神面での成長も望まれている。大場翔太 フレッシュアイペディアより)

  • 大場翔太

    大場翔太から見たプレオリンピック

    永井怜が卒業し最上級生となった、春はリーグタイ記録の9勝・リーグ新記録の115奪三振。秋にも8勝を挙げ同大学初の春秋連覇に貢献し、二季連続でMVP・最優秀投手・ベストナインの三冠に輝いた。同年行われた第56回全日本大学野球選手権大会のベスト8、そして第38回明治神宮野球大会では2完封を含む三連続完投勝利で初優勝にそれぞれ貢献。すべて完投で優勝したことから「平成の鉄腕」の異名がついた。同じく2007年に行われた第36回日米大学野球選手権大会の初の敵地優勝、プレ五輪の優勝にも日本代表の一員として貢献した。大学通算62試合登板33勝11敗、防御率2.13。通算410奪三振と春から秋にかけての14連勝もリーグ新記録。大場翔太 フレッシュアイペディアより)

  • 大場翔太

    大場翔太から見た完全試合

    また2000年夏の高校野球埼玉大会で、中里篤史が5回コールドゲーム、すべてのアウトを三振で取る15奪三振の完全試合を達成した試合を現地で観戦していて、この時投手になることを決意した。そして中里が中日に入り、デビュー戦(2001年9月16日の巨人戦)で高橋由伸、松井秀喜と対戦し、適時打も打つなど活躍する姿を見て、自身も中日への入団に憧れるようになった。2015年オフにトレードで大場も中日へ移籍、14年越しにその願いを叶えることとなった。大場翔太 フレッシュアイペディアより)

  • 大場翔太

    大場翔太から見た福岡ドーム

    初登板・初先発登板・初勝利・初先発勝利・初完投・初完投勝利・初完封勝利:2008年3月23日、対東北楽天ゴールデンイーグルス3回戦(福岡Yahoo! JAPANドーム)被安打8、6奪三振大場翔太 フレッシュアイペディアより)

  • 大場翔太

    大場翔太から見たWHIP

    、先発登板した7月31日の対オリックス・バファローズ戦では1回表に大引啓次の頭部に死球を与え、わずか8球で危険球により退場処分となった。先発として12試合に登板し0勝3敗、防御率5.86、WHIP1.52に終わるが、リリーフでは10試合の登板で1勝0敗、防御率2.36、WHIP1.10の成績を残した。大場翔太 フレッシュアイペディアより)

68件中 41 - 50件表示

「大場翔太」のニューストピックワード