68件中 51 - 60件表示
  • 大場翔太

    大場翔太から見た横浜DeNAベイスターズ

    2007年のNPB大学・社会人ドラフト会議1巡目で、6球団(オリックス、横浜、ソフトバンク、阪神、日本ハム、巨人)から重複指名。抽選の結果、福岡ソフトバンクホークスが独占交渉権を獲得したため、(出来高分の5,000万円を含む)契約金1億5,000万円、年俸1,500万円(金額は推定)という最高の条件で入団に至った。大場翔太 フレッシュアイペディアより)

  • 大場翔太

    大場翔太から見た神戸総合運動公園野球場

    2011年9月19日、対オリックス・バファローズ戦(ほっともっとフィールド神戸)、1回裏に6球目を大引啓次に頭部死球大場翔太 フレッシュアイペディアより)

  • 大場翔太

    大場翔太から見たウエスタン・リーグ

    は一軍登板4試合に終わるも、ファームではウエスタン・リーグ規定投球回到達者中2位の防御率2.99と同1位のWHIP0.89をマーク。与四球率も1.49に抑え、課題であった制球難に改善の兆しが見えた。10月には台湾で開催された第17回IBAFインターコンチネンタルカップの日本代表に選ばれ、11月には岩嵜翔と共にプエルトリコのウィンターリーグに派遣され、に所属。6試合に先発し34回を投げ4勝0敗、防御率2.65、WHIP1.35の成績を残し、ドミニカ共和国とのオールスターゲームにも選出された。監督のリノ・リベラからは「メジャーでも通用する才能とポテンシャルを持っている」と高く評価され、自身は投手コーチからツーシームを教わり「投球が楽になった」と語った。大場翔太 フレッシュアイペディアより)

  • 大場翔太

    大場翔太から見た博多祇園山笠

    2011年8月11日の試合で勝利投手となった際、お立ち台で「1、2、3、オイサー!」とのかけ声を披露。以来、自身がヒーローインタビューを受ける時の定番となっている。ちなみに「オイサー」の由来は博多祇園山笠で使用されるかけ声からきている。大場翔太 フレッシュアイペディアより)

  • 大場翔太

    大場翔太から見たドミニカ共和国

    は一軍登板4試合に終わるも、ファームではウエスタン・リーグ規定投球回到達者中2位の防御率2.99と同1位のWHIP0.89をマーク。与四球率も1.49に抑え、課題であった制球難に改善の兆しが見えた。10月には台湾で開催された第17回IBAFインターコンチネンタルカップの日本代表に選ばれ、11月には岩嵜翔と共にプエルトリコのウィンターリーグに派遣され、に所属。6試合に先発し34回を投げ4勝0敗、防御率2.65、WHIP1.35の成績を残し、ドミニカ共和国とのオールスターゲームにも選出された。監督のリノ・リベラからは「メジャーでも通用する才能とポテンシャルを持っている」と高く評価され、自身は投手コーチからツーシームを教わり「投球が楽になった」と語った。大場翔太 フレッシュアイペディアより)

  • 大場翔太

    大場翔太から見た東洋大学硬式野球部

    八千代松陰高校時代は春に関東大会出場があるものの、夏は県大会ベスト8が最高で甲子園出場はなかった。進学した東洋大学では一年秋からリーグ戦に登板し、二年春には二試合連続完封を挙げるなど高市俊と共にリーグトップの防御率をマーク。以降先発に定着した。2006年に行われたIBAFインターコンチネンタルカップでは最優秀防御率を獲得。大場翔太 フレッシュアイペディアより)

  • 大場翔太

    大場翔太から見たチェンジアップ

    平均球速約141km/h、最速151km/h(プロ入り後の最速は150km/h)のストレートと縦に鋭く変化するスライダー、SFFを武器とし、特にスライダーはパ・リーグのスコアラーからリーグを代表する変化球の一つに挙げられ、SFFは2009年には被打率.155を記録した。他にも横に変化するスライダーにカーブ、プエルトリコのウィンターリーグで習得したツーシーム、チェンジアップといった球種を持ち、2012年までの一軍での通算8.15と高い奪三振率を誇る。一方で四死球の多さを課題とし、打たれだすと止まらなくなるため、精神面での成長も望まれている。大場翔太 フレッシュアイペディアより)

  • 大場翔太

    大場翔太から見た千葉マリンスタジアム

    全員奪三振:2008年4月5日、対千葉ロッテマリーンズ2回戦(千葉マリンスタジアム) ※史上3人目大場翔太 フレッシュアイペディアより)

  • 大場翔太

    大場翔太から見た奪三振率

    平均球速約141km/h、最速151km/h(プロ入り後の最速は150km/h)のストレートと縦に鋭く変化するスライダー、SFFを武器とし、特にスライダーはパ・リーグのスコアラーからリーグを代表する変化球の一つに挙げられ、SFFは2009年には被打率.155を記録した。他にも横に変化するスライダーにカーブ、プエルトリコのウィンターリーグで習得したツーシーム、チェンジアップといった球種を持ち、2012年までの一軍での通算8.15と高い奪三振率を誇る。一方で四死球の多さを課題とし、打たれだすと止まらなくなるため、精神面での成長も望まれている。大場翔太 フレッシュアイペディアより)

  • 大場翔太

    大場翔太から見た第56回全日本大学野球選手権大会

    永井怜が卒業し最上級生となった、春はリーグタイ記録の9勝・リーグ新記録の115奪三振。秋にも8勝を挙げ同大学初の春秋連覇に貢献し、二季連続でMVP・最優秀投手・ベストナインの三冠に輝いた。同年行われた第56回全日本大学野球選手権大会のベスト8、そして第38回明治神宮野球大会では2完封を含む三連続完投勝利で初優勝にそれぞれ貢献。すべて完投で優勝したことから「平成の鉄腕」の異名がついた。同じく2007年に行われた第36回日米大学野球選手権大会の初の敵地優勝、プレ五輪の優勝にも日本代表の一員として貢献した。大学通算62試合登板33勝11敗、防御率2.13。通算410奪三振と春から秋にかけての14連勝もリーグ新記録。大場翔太 フレッシュアイペディアより)

68件中 51 - 60件表示

「大場翔太」のニューストピックワード