前へ 1 2 3 4 5 6 7
68件中 1 - 10件表示
  • 大塚ベバレジ

    大塚ベバレジから見た大塚食品大塚食品

    大塚ベバレジ株式会社(おおつかベバレジ)は、かつて存在した大塚製薬の連結子会社で、清涼飲料水及び嗜好飲料の製造、輸出入及び販売を行っていた。2008年5月大塚太郎が代表取締役社長に就任。2010年、大塚食品と合併し解散した。大塚ベバレジ フレッシュアイペディアより)

  • オロナミンCドリンク

    オロナミンCドリンクから見た大塚食品大塚食品

    オロナミンCドリンク(オロナミンシードリンク)は、大塚製薬が販売している炭酸飲料である。製造は大塚化学だが、大塚化学はオロナミンCの統括会社であり、実際の製造は大塚食品徳島工場・釧路工場、大塚製薬工場鳴門工場で行われている。オロナミンCドリンク フレッシュアイペディアより)

  • シンビーノ

    シンビーノから見た大塚食品大塚食品

    シンビーノ(Sinvino)は大塚食品から発売されている清涼飲料水ブランドの一つである。1983年に新ジャンルの炭酸飲料として企画されたが、現在では当時と内容が大きく異なっている。シンビーノ フレッシュアイペディアより)

  • アン・ルイス

    アン・ルイスから見た大塚食品大塚食品

    1984年、桑名正博と離婚・「六本木心中」がロングヒット。また、同年大塚食品の「アルキメンデス」のCMにも出演。アン・ルイス フレッシュアイペディアより)

  • 釧路市

    釧路市から見た大塚食品大塚食品

    大塚食品株式会社釧路工場釧路市 フレッシュアイペディアより)

  • ドリフ大爆笑

    ドリフ大爆笑から見た大塚食品大塚食品

    このコントで大塚食品のボンカレーを使用したため、同社はスポンサーを降板している。ドリフ大爆笑 フレッシュアイペディアより)

  • 大塚製薬

    大塚製薬から見た大塚食品大塚食品

    持株会社大塚ホールディングス株式会社が設立されるまでは、大塚製薬工場、大鵬薬品工業、大塚化学、大塚倉庫、大塚食品、アース製薬など、国内21社、海外27社におよぶ「大塚グループ」の中核企業であった。大塚製薬 フレッシュアイペディアより)

  • 品川隆二

    品川隆二から見た大塚食品大塚食品

    1969年、「素浪人 花山大吉」で再び“焼津の半次”役を演じた後、TV時代劇やCM(大塚食品「ボンカレー」など)で活躍。ちなみに、焼津の半次のキャラは大嫌いだったと語っており、役作りについても全くしていなかったという。花山大吉の後番組である「さむらい飛脚」では焼津の半次とは一転して完全な二枚目でクールな美男剣士役を演じたが1クールで打ち切りとなった。品川隆二 フレッシュアイペディアより)

  • 多田亜沙美

    多田亜沙美から見た大塚食品大塚食品

    1995年1月16日放送の月曜ドラマスペシャル『松本清張特別企画 父系の指』でデビュー。同年には大塚食品が発売した「あ!あれたべよ」の初代CMガールに起用されている。1990年代後半にかけてテレビドラマ・映画・舞台などで活躍し、1997年に公開された広末涼子の初主演映画『20世紀ノスタルジア』では、広末演じる主人公の親友役という重要な役どころを務めた。多田亜沙美 フレッシュアイペディアより)

  • 大塚食品工業

    大塚食品工業から見た大塚食品大塚食品

    大塚食品工業 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7
68件中 1 - 10件表示

「大塚食品」のニューストピックワード