68件中 11 - 20件表示
  • シービーシー食品工業

    シービーシー食品工業から見た大塚食品大塚食品

    シービーシー食品工業 フレッシュアイペディアより)

  • 藤田香織 (タレント)

    藤田香織 (タレント)から見た大塚食品大塚食品

    大塚食品 味わいカレー藤田香織 (タレント) フレッシュアイペディアより)

  • この際カアちゃんと別れよう

    この際カアちゃんと別れようから見た大塚食品大塚食品

    植木等が当時(1971年)出演していた大塚食品のボンシチューのCMで言ったギャグの一つである。このギャグが流行語になり、後にドラマ化もされた。この際カアちゃんと別れよう フレッシュアイペディアより)

  • ククレカレー

    ククレカレーから見た大塚食品大塚食品

    1971年発売開始。既に大塚食品のボンカレーが3年前の1968年に発売されていたこともあり、当初はなかなか市場に定着せず苦戦を強いられていた。その後、販売戦略の転換により、思い切ったイメージチェンジが実施され、甘口を赤、辛口を黄色い商品パッケージに変え、テレビCMに和田アキ子を起用したことによって商品の知名度が上がった。さらにキャンディーズの出演した「おせちもいいけどカレーもね!」というセリフのCMが年末年始に流れ話題を集め、年末年始の買い置き需要を高める効果を呼んだ。ククレカレー フレッシュアイペディアより)

  • シャーベ

    シャーベから見た大塚食品大塚食品

    シャーベは、大塚食品が製造・販売するシャーベット風の清涼飲料水。冷凍庫で4時間以上凍らせ、牛乳で溶かして飲む。1983年発売。シャーベ フレッシュアイペディアより)

  • 川西純

    川西純から見た大塚食品大塚食品

    大塚食品 フルーツスターター 「まかせろ」篇・「散歩」篇 (2008年)川西純 フレッシュアイペディアより)

  • レトルトカレー

    レトルトカレーから見た大塚食品大塚食品

    1968年2月、大塚食品が世界初の市販レトルト食品『ボンカレー』を阪神地区で限定発売した。関連会社の大塚製薬が持っていた点滴液の加圧加熱の殺菌技術を応用することで、他社に先駆けて開発に成功したといわれている。しかし当初は半透明パウチを使っていたため、賞味期限が数ヶ月と短かった。その後、パウチ素材にアルミ箔を使うことで賞味期限を大幅に延ばした新パウチを開発し、1969年5月から全国発売を始めた。はじめはなかなか消費者に受け入れられなかったが、しだいに浸透し、1973年に放送されたテレビコマーシャルの「3分間待つのだぞ」というセリフは流行語にもなった。レトルトカレー フレッシュアイペディアより)

  • とくしまマラソン

    とくしまマラソンから見た大塚食品大塚食品

    特別協賛:大塚グループ(大塚製薬、大塚食品、大塚製薬工場、大鵬薬品)とくしまマラソン フレッシュアイペディアより)

  • 大塚製薬工場

    大塚製薬工場から見た大塚食品大塚食品

    大塚製薬、大鵬薬品工業、大塚倉庫、大塚化学ホールディングス、大塚食品など、国内48社・海外105社におよぶ「大塚グループ」の源流企業である。大塚ホールディングス株式会社設立後は、その傘下に移行。企業名に「工場」とあるが、製造のみならず、研究開発・販売も行っており大塚グループの「工場」という位置づけではない。大塚製薬工場 フレッシュアイペディアより)

  • アルキメンデス

    アルキメンデスから見た大塚食品大塚食品

    アルキメンデスは大塚食品が1985年に発売したカップ麺の名称。アルキメンデス フレッシュアイペディアより)

68件中 11 - 20件表示

「大塚食品」のニューストピックワード