68件中 41 - 50件表示
  • 西田尚美

    西田尚美から見た大塚食品大塚食品

    大塚食品 マンナンヒカリ(2010-2012年、服部幸應(料理研究家)、陳健一(料理人)、来栖けい(美食家)と共演)西田尚美 フレッシュアイペディアより)

  • 那賀町

    那賀町から見た大塚食品大塚食品

    2006年(平成18年)9月2日友好都市提携。 旧鷲敷町と旧音別町が締結していた提携を新自治体同士で再度行ったもの。旧鷲敷町と旧音別町の友好都市提携は、旧鷲敷町に大塚製薬、旧音別町に大塚食品と、両町に大塚グループの工場があることに由来する。那賀町 フレッシュアイペディアより)

  • ネスレ日本

    ネスレ日本から見た大塚食品大塚食品

    缶コーヒー(ボトル缶を含む。2000年にUCC上島珈琲から自販機事業を引き継いだが大幅に事業を縮小しており、現在は主に大塚食品(旧大塚ベバレジ)と発売・販売提携を結んでの販売がメインとなっている。)ネスレ日本 フレッシュアイペディアより)

  • 加瀬康之

    加瀬康之から見た大塚食品大塚食品

    大塚食品 クリスタルガイザー(CMナレーション)加瀬康之 フレッシュアイペディアより)

  • 大村 崑

    大村崑から見た大塚食品大塚食品

    あ!あれたべよ(大塚食品大村崑 フレッシュアイペディアより)

  • レトルト食品

    レトルト食品から見た大塚食品大塚食品

    1968年2月に、大塚食品工業(現・大塚食品)より世界初の一般向けレトルト食品(レトルトカレー)として「ボンカレー」が地域限定ではあるが発売された。翌1969年4月には、パッケージングを改良したうえで全国発売されている。ボンカレー発売当時の宣伝は「3分温めるだけですぐ食べられる」という内容のものであった。宣伝からも分かるように、保存性よりも簡便性を前面に打ち出しており、インスタント食品の一種として普及していった。レトルト食品 フレッシュアイペディアより)

  • 音別町

    音別町から見た大塚食品大塚食品

    現在大塚製薬工場と大塚食品の釧路工場が置かれ、大塚グループの企業城下街。音別町 フレッシュアイペディアより)

  • 鈴木京香

    鈴木京香から見た大塚食品大塚食品

    大塚食品「ボンカレーゴールド」(2013年 - )鈴木京香 フレッシュアイペディアより)

  • 山瀬 まみ

    山瀬まみから見た大塚食品大塚食品

    大塚食品 街角レストラン ボンカレービーフ(「ボンビー山瀬」篇)山瀬まみ フレッシュアイペディアより)

  • テレビショッピング

    テレビショッピングから見た大塚食品大塚食品

    大塚食品テレビショッピングテレビショッピング フレッシュアイペディアより)

68件中 41 - 50件表示

「大塚食品」のニューストピックワード