106件中 51 - 60件表示
  • アルキメンデス

    アルキメンデスから見た大塚食品大塚食品

    アルキメンデスは大塚食品が1985年に発売したカップ麺の名称。アルキメンデス フレッシュアイペディアより)

  • 植木等

    植木等から見た大塚食品大塚食品

    大塚食品 「ボンシチュー」(1971年、初代CMキャラクター、「この際カアちゃんと別れよう」のフレーズが人気となり、楽曲化、ドラマ化もされた)植木等 フレッシュアイペディアより)

  • レスパスビジョン

    レスパスビジョンから見た大塚食品大塚食品

    大塚食品 MATCH 「青春と数学」篇、「青春と英語」篇レスパスビジョン フレッシュアイペディアより)

  • ホーロー看板

    ホーロー看板から見た大塚食品大塚食品

    ボンカレー - 大塚食品「松山容子」 営業マンが一日15枚程度を目標に自ら貼りにまわっていた。ホーロー看板 フレッシュアイペディアより)

  • 琴姫七変化

    琴姫七変化から見た大塚食品大塚食品

    1960年の子ども向けテレビ時代劇『天馬天平』(本作と同じ日本電波映画制作、 フジテレビ)で、松竹所属の新進女優・松山容子の演じた、「凛々しい男装、華麗な剣の技で新撰組と闘う勤皇の姫君」・千也姫が評判となった。『お笑い珍勇伝 頓馬天狗→崑ちゃんのとんま天狗』(東宝制作)の後番組企画を練っていたスポンサーの大塚製薬がこの人気に着目、千也姫をモチーフとして、松山を主演に「男を凌ぐ剣の腕をもつ若武者姿の姫君」を主役にしたドラマ企画を打診して実現したものである。松山は『琴姫』への起用とその人気が契機となり、大塚食品が製造販売する「ボンカレー」の初代パッケージ(現在は沖縄県限定発売)に起用されるなど、大村崑と並び、「大塚グループの顔」として長く起用されることとなった。琴姫七変化 フレッシュアイペディアより)

  • 大塚商会

    大塚商会から見た大塚食品大塚食品

    大塚製薬や大塚食品で知られる「大塚ホールディングス」とは特に関係がない。大塚商会 フレッシュアイペディアより)

  • 田中奏生

    田中奏生から見た大塚食品大塚食品

    大塚食品「ボンカレー」(2013年)田中奏生 フレッシュアイペディアより)

  • 大村崑

    大村崑から見た大塚食品大塚食品

    あ!あれたべよ(大塚食品大村崑 フレッシュアイペディアより)

  • 相馬直樹 (美術監督)

    相馬直樹 (美術監督)から見た大塚食品大塚食品

    大塚食品:MATCH「アッキーナビーチ」篇、「ピーコ東京」篇、「アッキーナ&ピーコ」篇相馬直樹 (美術監督) フレッシュアイペディアより)

  • 坪井章子

    坪井章子から見た大塚食品大塚食品

    大塚食品 ボンカレーGOLD(出演・王貞治、1979年、1980年)坪井章子 フレッシュアイペディアより)

106件中 51 - 60件表示

「大塚食品」のニューストピックワード