前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
138件中 1 - 10件表示
  • 大奥(秘)物語

    大奥(秘)物語から見た大奥 (1968年のテレビドラマ)大奥 (1968年のテレビドラマ)

    「大奥」とタイトルに冠された最初の映像作品であり、オムニバス形式で主演級を女優で固めた点や、ナレーターが大奥を説明しながら話が展開するスタイルが今日続く大奥もの(大奥に関する作品の一覧)や「女性時代劇」の実質的元祖となった作品である。大奥という閉鎖された世界のドロドロとした人間ドラマは、男性上位の時代劇史の中でも特筆すべき女性路線の企画であった。1967年度の日本映画配給収入でベストテン10位の大ヒットを記録、東映としても久しぶりの時代劇の大ヒットとなった。本作はふんだんにエロチシズムを取り入れた作品であるが翌1968年に本作をベースにエロ要素を薄め、硬い内容にして制作されたテレビドラマ『大奥』(関西テレビ)も大ヒットした。以降、テレビドラマや演劇では"硬い大奥もの"が、映画やAVなどでは"エロい大奥もの"が多数制作された。『大奥物語』は、二つの源流になった作品である。大奥(秘)物語 フレッシュアイペディアより)

  • 岡田茂 (東映)

    岡田茂 (東映)から見た大奥 (1968年のテレビドラマ)大奥 (1968年のテレビドラマ)

    ギャングシリーズを開拓したものの「そもそも日本にギャングなどいない」と、東映を『時代劇』路線から俊藤浩滋と組んで『人生劇場 飛車角』を初めとする任侠映画路線に転換させる。日活、大映、東宝など他社も追随した。他社はテレビに食われて生き詰まってしまったが、“任侠路線”だけは、テレビに食われることもなく、当たりに当たった。それに合わせるように、岡田は新たに土曜深夜のオールナイト興行という上映方式を組み、これに観客が押し寄せ、任侠映画は70年安保に向けて学生運動の盛り上がりとともに、高度経済成長・管理社会に疎外感を抱く学生やサラリーマンを中心に熱狂的ブームを起こした。東宝、松竹は戦前から不動産を持っていたので、生きのびることが出来たが、戦後派で不動産もない東映が勢いを増したのは岡田の切り替え戦略によるもの。任侠映画と後に手掛ける実録ヤクザ映画抜きに1960年代から1970年代の日本映画は語れない。岡田の仕掛けた“任侠路線”〜“実録路線”は、その後『日本の首領』や、『鬼龍院花子の生涯』などの「女性文芸路線」、『極道の妻たち』シリーズに、先の“現代アクション”“ハードアクション路線”は、『キイハンター』『Gメン'75』や、『ビー・バップ・ハイスクール』や『極道渡世の素敵な面々』などの“ネオやくざ路線”に引き継がれ、後にVシネマという新ジャンルを切り開いていった。岡田は企画、製作のみに手腕を発揮したのではなく、その過程に於いて、宣伝面を考慮した側面においても抜群の力量を発揮した。特に1960年代、1970年代の『人生劇場 飛車角』『緋牡丹博徒』『大奥物語』など、任侠映画、東映ポルノ/エログロ映画のタイトルの大半は岡田が考えたものである。『大奥物語』の○の中に秘を書くマークは、今は一般的に使われるが、これも岡田が考えたもので、この影響を受けて、当時の新聞や週刊誌では「物語」という活字を多用した。「今ではどこの企業でも部外秘の書類にというハンコを押しているのだから、著作料をもらいたいぐらい」と話している。禁断の園には誰でも興味が沸くだろう、と考えたのが製作の切っ掛けだが山田五十鈴、佐久間良子、藤純子らスター女優を起用して大当たりした。『大奥物語』はブームを呼び、その後の大奥物は、この作品の衣装や小道具がモデルになり、エッセンスは受け継がれ、現在もテレビドラマ等に繋がる。1964年の『二匹の牝犬』では文学座の小川眞由美と六本木で遊んでいた緑魔子を組ませた。同年中島貞夫に命じて撮らせた『くの一忍法』は、山田風太郎原作の『くノ一忍法帖』最初の映像化。東宝から引き抜いて以来パッとしなかった鶴田浩二を『人生劇場 飛車角』で、燻っていた高倉健を『日本侠客伝』『網走番外地』で、若山富三郎を『極道』シリーズで、そして『不良番長』シリーズで梅宮辰夫を売り出す。筋金入りの清純派、佐久間良子の裸のシーンを売り物に田坂具隆監督で『五番町夕霧楼』を大ヒットさせた。本作は京の廓の内情を初めて公にした作品として話題を呼んだ。内田吐夢監督に撮らせた『飢餓海峡』(1965年)も岡田の企画。岡田茂 (東映) フレッシュアイペディアより)

  • 扇千景

    扇千景から見た大奥 (1968年のテレビドラマ)大奥 (1968年のテレビドラマ)

    1957年5月31日付で歌舞伎役者の2代目中村扇雀(後の4代目坂田藤十郎)との結婚のため退団。1958年に結婚し、しばらく芸能活動から遠ざかった。しかし、知人の薦めにより日本教育テレビ(現:テレビ朝日)制作の単発テレビドラマ『君はいま何を見つめている』(1959年10月29日放送)に出演。この作品で第14回文部省芸術祭個人奨励賞を受賞し、再デビューする。芸能界に復帰してからは映画やテレビドラマなどに多数出演し、1965年の連続テレビ小説『たまゆら』(NHK)や1968年の『大奥』(関西テレビ)、『花は散るらん』(東海テレビ)などに出演した。扇千景 フレッシュアイペディアより)

  • 津川 雅彦

    津川雅彦から見た大奥 (1968年のテレビドラマ)大奥 (1968年のテレビドラマ)

    大奥(1968年 - 1969年、関西テレビ)津川雅彦 フレッシュアイペディアより)

  • 高森和子

    高森和子から見た大奥 (1968年のテレビドラマ)大奥 (1968年のテレビドラマ)

    大奥 第35話「十八番目の御側室」・第36話「涙の馬子唄」(1968年、関西テレビ) - 磯乃高森和子 フレッシュアイペディアより)

  • 大戸阿久里

    大戸阿久里から見た大奥 (1968年のテレビドラマ)大奥 (1968年のテレビドラマ)

    関西テレビ『大奥』(1968年、演:小山明子)大戸阿久里 フレッシュアイペディアより)

  • 徳川おんな絵巻 (テレビドラマ)

    徳川おんな絵巻 (テレビドラマ)から見た大奥 (1968年のテレビドラマ)大奥 (1968年のテレビドラマ)

    フジテレビ系列で1970年10月?1971年9月に60分枠(本編+予告編部約48分)全52話で放映。「大奥(1968年版)」、「大坂城の女」に引き続き、大奥シリーズ3部作の最後の作品として関西テレビ・東映で製作された。徳川おんな絵巻 (テレビドラマ) フレッシュアイペディアより)

  • 大坂城の女

    大坂城の女から見た大奥 (1968年のテレビドラマ)大奥 (1968年のテレビドラマ)

    大奥」(1968年)の好評を受けて、放送終了の約1年後に関西テレビ・東映で製作された。後には「大奥」と「大坂城の女」の後続番組であった「徳川おんな絵巻」を合わせて大奥シリーズ三部作とも呼ばれた。大坂城の女 フレッシュアイペディアより)

  • フジテレビ土曜夜10時枠時代劇

    フジテレビ土曜夜10時枠時代劇から見た大奥 (1968年のテレビドラマ)大奥 (1968年のテレビドラマ)

    大奥(1968年4月6日 - 1969年3月29日)※23:30まで。フジテレビ土曜夜10時枠時代劇 フレッシュアイペディアより)

  • 飯塚染子

    飯塚染子から見た大奥 (1968年のテレビドラマ)大奥 (1968年のテレビドラマ)

    関西テレビ『大奥』(1968年、演:宮園純子)飯塚染子 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
138件中 1 - 10件表示

「大奥」のニューストピックワード