1 2 3 4 5 6 7 8 次へ
79件中 71 - 79件表示
  • 大奥 (1968年のテレビドラマ)

    大奥 (1968年のテレビドラマ)から見た東映京都撮影所

    大川博社長(当時)の命で1964年、所長として東京撮影所から京都撮影所(以下、京撮)に帰還した岡田茂の最大のミッションが京撮の合理化であったが時代劇の退潮とテレビの興隆を肌で感じていた岡田は、時代劇中心の京撮を抜本的に改革しなければ東映の将来はないと考えそれだけの人数を減らすにはテレビ部門を拡充、別会社にしてそこへ押し込むしかないという結論に達した。岡田は京撮で製作する映画は任侠映画のみとし「東映京都テレビプロダクション」を設立して時代劇の製作はテレビに移行させて『新選組血風録』、『素浪人 月影兵庫』、『銭形平次』といったテレビ時代劇の大ヒット作を製作した。これらの実績により関西テレビから開局十周年企画番組を東映で、というオファーが舞い込んだ。かねてから親交のあった関西テレビ・芝田研三副社長と岡田の話し合いにより、岡田がプロデュースした1967年の映画『大奥物語』のテレビシリーズ化が決定、京撮本体による製作が決定した。キャストは岡田が全部決めた。脚本の内容も岡田がかなりの部分を指示したという。当時関西テレビは、いい作品が一本もなく、いつもフジテレビにやられていた。本作の成功により、一時は途絶えていた京都撮影所でのテレビ制作が本格化し、その後『あゝ忠臣蔵』、『長谷川伸シリーズ』、『暴れん坊将軍』、『影の軍団シリーズ』など、主として異色時代劇の分野を開拓していく。またここで築かれた東映=関西テレビの信頼関係が、後に東映京都撮影所の時代劇復興の礎となっていった。大奥 (1968年のテレビドラマ) フレッシュアイペディアより)

  • 大奥 (1968年のテレビドラマ)

    大奥 (1968年のテレビドラマ)から見たエッセンス

    東映の岡田茂プロデューサー(のちの同社社長)が企画・製作した1967年の映画『大奥物語』から、エロ部分を薄めて、大奥での女たちの激しい権力争いを中心とした内容に変更しテレビドラマ化したもの。映画とテレビが連動したのも、これが最初といわれる。しかし関西テレビから「このだけは困る。題名ははやめて『大奥』だけにしてくれ」と言われ、タイトルは『大奥』と変更された。「大奥」とタイトルの冠されたテレビドラマは本作が初。しかしエッセンスの全ては映画『大奥物語』に凝縮されていた。テレビドラマ『大奥』は初めて取り上げた「女性時代劇」であり最高視聴率30%を突破する人気シリーズとなり、視聴者の大きな共感を得たことで今に通じる『大奥』の世界観を作ったといわれる。大奥 (1968年のテレビドラマ) フレッシュアイペディアより)

  • 大奥 (1968年のテレビドラマ)

    大奥 (1968年のテレビドラマ)から見たあゝ忠臣蔵

    大川博社長(当時)の命で1964年、所長として東京撮影所から京都撮影所(以下、京撮)に帰還した岡田茂の最大のミッションが京撮の合理化であったが時代劇の退潮とテレビの興隆を肌で感じていた岡田は、時代劇中心の京撮を抜本的に改革しなければ東映の将来はないと考えそれだけの人数を減らすにはテレビ部門を拡充、別会社にしてそこへ押し込むしかないという結論に達した。岡田は京撮で製作する映画は任侠映画のみとし「東映京都テレビプロダクション」を設立して時代劇の製作はテレビに移行させて『新選組血風録』、『素浪人 月影兵庫』、『銭形平次』といったテレビ時代劇の大ヒット作を製作した。これらの実績により関西テレビから開局十周年企画番組を東映で、というオファーが舞い込んだ。かねてから親交のあった関西テレビ・芝田研三副社長と岡田の話し合いにより、岡田がプロデュースした1967年の映画『大奥物語』のテレビシリーズ化が決定、京撮本体による製作が決定した。キャストは岡田が全部決めた。脚本の内容も岡田がかなりの部分を指示したという。当時関西テレビは、いい作品が一本もなく、いつもフジテレビにやられていた。本作の成功により、一時は途絶えていた京都撮影所でのテレビ制作が本格化し、その後『あゝ忠臣蔵』、『長谷川伸シリーズ』、『暴れん坊将軍』、『影の軍団シリーズ』など、主として異色時代劇の分野を開拓していく。またここで築かれた東映=関西テレビの信頼関係が、後に東映京都撮影所の時代劇復興の礎となっていった。大奥 (1968年のテレビドラマ) フレッシュアイペディアより)

  • 大奥 (1968年のテレビドラマ)

    大奥 (1968年のテレビドラマ)から見た時代劇専門チャンネル

    近年では東映チャンネル、時代劇専門チャンネルでも再放送が行われている。大奥 (1968年のテレビドラマ) フレッシュアイペディアより)

  • 大奥 (1968年のテレビドラマ)

    大奥 (1968年のテレビドラマ)から見たエロティシズム

    東映の岡田茂プロデューサー(のちの同社社長)が企画・製作した1967年の映画『大奥物語』から、エロ部分を薄めて、大奥での女たちの激しい権力争いを中心とした内容に変更しテレビドラマ化したもの。映画とテレビが連動したのも、これが最初といわれる。しかし関西テレビから「このだけは困る。題名ははやめて『大奥』だけにしてくれ」と言われ、タイトルは『大奥』と変更された。「大奥」とタイトルの冠されたテレビドラマは本作が初。しかしエッセンスの全ては映画『大奥物語』に凝縮されていた。テレビドラマ『大奥』は初めて取り上げた「女性時代劇」であり最高視聴率30%を突破する人気シリーズとなり、視聴者の大きな共感を得たことで今に通じる『大奥』の世界観を作ったといわれる。大奥 (1968年のテレビドラマ) フレッシュアイペディアより)

  • 大奥 (1968年のテレビドラマ)

    大奥 (1968年のテレビドラマ)から見たレベッカ (映画)

    岡野:荒木道子(家定御年寄、大奥版「レベッカ」のダンヴァース夫人役。家定最初の正室附きの老女)大奥 (1968年のテレビドラマ) フレッシュアイペディアより)

  • 大奥 (1968年のテレビドラマ)

    大奥 (1968年のテレビドラマ)から見たUHF

    同番組の終了後、FNS系列局各局や独立UHF局といったあらゆる放送局及びCSのチャンネルで再放送が行われた。また、1973年から1974年頃にかけては、TBSテレビにて土曜日朝9時から再放送される事もあった。大奥 (1968年のテレビドラマ) フレッシュアイペディアより)

  • 大奥 (1968年のテレビドラマ)

    大奥 (1968年のテレビドラマ)から見た白木マリ

    九重:白木万理(当時は、白木マリ。お知保の方付き女中、裏切り者役)大奥 (1968年のテレビドラマ) フレッシュアイペディアより)

  • 大奥 (1968年のテレビドラマ)

    大奥 (1968年のテレビドラマ)から見た宰相

    桂:村松英子(トイチハイチ好みの上臈、宰相典侍)大奥 (1968年のテレビドラマ) フレッシュアイペディアより)

1 2 3 4 5 6 7 8 次へ
79件中 71 - 79件表示

「大奥」のニューストピックワード

  • 今後は勝って当然と見られる。そのプレッシャーがあると思うが、あの子なら軽く踏み越えていく気がする。

  • 世を明るくしてくれた

  • マイケルジャクソン・小沢一郎 ほぼ同一人物説