184件中 91 - 100件表示
  • 村田亙

    村田亙から見た全国大学ラグビーフットボール選手権大会全国大学ラグビーフットボール選手権大会

    ラグビーを始めたのは小2。専修大学ラグビー部4年時には主将として関東大学リーグ優勝に貢献。その後チームは関東大学交流試合で明治大学と対戦し、13-13で引き分ける。試合直後、大学選手権出場をかけた抽選に臨むも、はずれくじを引き涙を呑む。村田亙 フレッシュアイペディアより)

  • 大西将太郎

    大西将太郎から見た全国大学ラグビーフットボール選手権大会全国大学ラグビーフットボール選手権大会

    同志社大学でも関西リーグ連覇に貢献するとともに全国大学選手権でも活躍。大西将太郎 フレッシュアイペディアより)

  • みんなが出るテレビ

    みんなが出るテレビから見た全国大学ラグビーフットボール選手権大会全国大学ラグビーフットボール選手権大会

    2006年のナイターオフ期間は2007年1月2日 (本放送は2006年12月28日)は全国大学ラグビー選手権準決勝中継、3月13日 (本放送は2007年3月8日)は、神奈川県議会中継のため休止した。みんなが出るテレビ フレッシュアイペディアより)

  • 後藤禎和

    後藤禎和から見た全国大学ラグビーフットボール選手権大会全国大学ラグビーフットボール選手権大会

    日比谷高校より1986年早稲田大学に入学。ラグビー部に入部。1988年対明治学院大戦で公式戦デビュー。ただし、ケガによりこの年の早明戦には出場できなかった。翌1989年には、主将の清宮克幸や堀越正巳、今泉清、前田夏洋らと共に対日本体育大学(決勝戦)を45対14の大差で破り全国大学選手権優勝を果たす。1989年度(1988年)秋の関東大学対抗戦グループ優勝チームの日体大を破っての優勝であった。後藤禎和 フレッシュアイペディアより)

  • 坂本和城

    坂本和城から見た全国大学ラグビーフットボール選手権大会全国大学ラグビーフットボール選手権大会

    法大時代には全国大学ラグビー選手権で準優勝を経験。坂本和城 フレッシュアイペディアより)

  • 池谷陽輔

    池谷陽輔から見た全国大学ラグビー選手権全国大学ラグビーフットボール選手権大会

    崇徳高等学校から法政大学へと入学。大学3年時に全国大学ラグビー選手権で準優勝を経験。池谷陽輔 フレッシュアイペディアより)

  • 今駒憲二

    今駒憲二から見た全国大学ラグビーフットボール選手権大会全国大学ラグビーフットボール選手権大会

    神奈川県立生田高等学校を経て早稲田大学教育学部に進学。同大学のラグビー部で活動し、早明戦は、1987年に行われた雪の早明戦と称された一戦を含め、2年時より3年連続で出場。1987年度、第24回全国大学ラグビーフットボール選手権大会及び第25回日本ラグビーフットボール選手権大会(以下、日本選手権)で、早稲田日本一のフィフティーンとして名を連ねた。今駒憲二 フレッシュアイペディアより)

  • 熊谷皇紀

    熊谷皇紀から見た全国大学ラグビーフットボール選手権大会全国大学ラグビーフットボール選手権大会

    法政大学進学後もU-21代表に選ばれ、4年次には大学選手権準優勝に貢献するなど活躍を続ける。熊谷皇紀 フレッシュアイペディアより)

  • 今村雄太

    今村雄太から見た全国大学ラグビーフットボール選手権大会全国大学ラグビーフットボール選手権大会

    不動の13番として、2004年度・2005年度の 全国大学選手権連覇に大きく貢献した。05年アラビアンガルフ戦で初キャップを獲得今村雄太 フレッシュアイペディアより)

  • 永田隆憲

    永田隆憲から見た全国大学ラグビーフットボール選手権大会全国大学ラグビーフットボール選手権大会

    翌1987年、早大主将に就任。同年の早明戦は、雪の早明戦と言われる伝説の一戦となったが10?7で勝利。この勝利により、早大は関東大学対抗戦を5年ぶりに制した。続く全国大学ラグビーフットボール選手権大会では、京都産業、大阪体育、同志社の関西3チームを撃破し、11年ぶりに同大会制覇。そして1988年1月15日に行われた日本ラグビーフットボール選手権大会(以下、日本選手権)でも、早大OBの中村賢治が率いる東芝府中(現 東芝ブレイブルーパス)を22?16で破り、16年ぶり4度目の同大会優勝を果たした。永田隆憲 フレッシュアイペディアより)

184件中 91 - 100件表示

「大学ラグビー」のニューストピックワード