184件中 21 - 30件表示
  • 京都大学ラグビー部

    京都大学ラグビー部から見た全国大学ラグビーフットボール選手権大会全国大学ラグビーフットボール選手権大会

    京都大学ラグビー部(きょうとだいがくラグビーぶ、Kyoto University Rugby Football Club)は、現在、関西大学ラグビーリーグ戦のBリーグに所属する京都大学のラグビー部。京都大学の前身である三高の時代を含めると、慶應義塾體育會蹴球部に次ぐ日本で2番目に古い伝統を持つ。全国大学ラグビーフットボール選手権大会に5回の出場経験があり、かつては関西の強豪チームであった。全国大学タイトル計3回(東西対抗3回、選手権なし)を誇る。京都大学ラグビー部 フレッシュアイペディアより)

  • 2012年のスポーツ

    2012年のスポーツから見た全国大学ラグビーフットボール選手権大会全国大学ラグビーフットボール選手権大会

    8日 - 【ラグビー】第48回全国大学ラグビーフットボール選手権大会決勝で帝京大学が天理大学を15-12で下し、1982年度から84年度の同志社大学以来史上2校目の3連覇を達成(3回目の優勝。)2012年のスポーツ フレッシュアイペディアより)

  • 慶應義塾體育會蹴球部

    慶應義塾體育會蹴球部から見た全国大学ラグビーフットボール選手権大会全国大学ラグビーフットボール選手権大会

    1984年(昭和59年)度に対抗戦を全勝で優勝し、大学選手権では決勝に進出。史上初の大学選手権3連覇を狙う同志社大学と対戦し、6-10で敗れる。この決勝では4点差の終了間際、慶應の村井大次郎がディフェンスラインを突破、同志社のインゴール中央左に飛びこんで同点(当時、トライは4点であった)、さらに正面からのゴールキックを得てほぼ逆転なったと思われたが、直前の松永敏宏からのパスがスローフォワードの反則をとられて幻に終わり、結局最終スコアで決着した。この判定は、選手権の決勝というビッグゲームであったこと、試合の帰趨を直接に決するものだったこと、またジャッジングそれ自体が非常に微妙で難しいものだったことなどから議論を呼ぶことになった。慶應義塾體育會蹴球部 フレッシュアイペディアより)

  • 2009年のスポーツ

    2009年のスポーツから見た全国大学ラグビーフットボール選手権大会全国大学ラグビーフットボール選手権大会

    10日 - 【ラグビー】第45回全国大学ラグビーフットボール選手権大会決勝で、早稲田大学が帝京大学を20-10で下し、2年連続15回目の優勝。2009年のスポーツ フレッシュアイペディアより)

  • 2010年のスポーツ

    2010年のスポーツから見た全国大学ラグビーフットボール選手権大会全国大学ラグビーフットボール選手権大会

    10日 - 【ラグビー】全国大学ラグビーフットボール選手権大会決勝で、帝京大学が東海大学を14-13で破り、2回目の出場で悲願の初優勝。2010年のスポーツ フレッシュアイペディアより)

  • 東海学生ラグビーリーグ

    東海学生ラグビーリーグから見た全国大学ラグビーフットボール選手権大会全国大学ラグビーフットボール選手権大会

    Aリーグ:1回戦の総当りを実施。優勝校は大学選手権の関西第5代表決定戦の予備選である東海北陸中国四国地区代表決定戦に出場する。2位は、地区対抗の東海北陸地区代表決定戦に出場する。下位2校はBリーグ上位2校とAリーグ残留をかけてそれぞれ入れ替え戦に臨む。東海学生ラグビーリーグ フレッシュアイペディアより)

  • 福岡大学ラグビー部

    福岡大学ラグビー部から見た全国大学ラグビーフットボール選手権大会全国大学ラグビーフットボール選手権大会

    福岡大学ラグビー部(ふくおかだいがくラグビーぶ)は九州学生ラグビーフットボールリーグ(以下:九州学生ラグビーリーグ)に所属する福岡大学のラグビー部。略称は福大(ふくだい)。1934年に創部され、2009年度までに全国大学ラグビーフットボール選手権大会には21回の出場を誇り、2003年度には日本ラグビーフットボール選手権大会へ出場した。加えて全国地区対抗大学ラグビーフットボール大会では5度の優勝を果たしている。名実共に「九州学生ラグビーリーグの雄」と言える。福岡大学ラグビー部 フレッシュアイペディアより)

  • 大東文化大学ラグビー部

    大東文化大学ラグビー部から見た全国大学ラグビーフットボール選手権大会全国大学ラグビーフットボール選手権大会

    大東文化大学ラグビー部(だいとうぶんかだいがくラグビーぶ)は関東大学ラグビーリーグ戦グループに所属する大東文化大学のラグビー部。略称は大東大(だいとうだい)または大東(だいとう)。1980年代後半から90年代前半にトンガ人旋風を巻き起し、一世を風靡した。大学選手権では3度優勝している。大東文化大学ラグビー部 フレッシュアイペディアより)

  • 京都産業大学ラグビー部

    京都産業大学ラグビー部から見た全国大学ラグビーフットボール選手権大会全国大学ラグビーフットボール選手権大会

    1982年、全国大学ラグビーフットボール選手権大会に初出場。また、1983年をはじめとして過去7回、国立競技場で行われる同大会の準決勝へと駒を進めているが、全て敗退している。京都産業大学ラグビー部 フレッシュアイペディアより)

  • 今泉清

    今泉清から見た全国大学ラグビーフットボール選手権大会全国大学ラグビーフットボール選手権大会

    4年生時にはプレースキックを蹴ることは少なくなったが、大学選手権準決勝同志社大学戦でハーフウェイライン近くからのPGの際、今泉がキック地点に立った時には満場から拍手がわき起こり、国立を揺るがさんばかりの「1、2、3、4、5!」のコールが掛かった。今泉は見事PGを決め、この日一番の大喝采を浴びた。今泉清 フレッシュアイペディアより)

184件中 21 - 30件表示