242件中 31 - 40件表示
  • 大学ラグビー選手権

    大学ラグビー選手権から見た全国大学ラグビーフットボール選手権大会全国大学ラグビーフットボール選手権大会

    大学ラグビー選手権 フレッシュアイペディアより)

  • ラグビー大学選手権

    ラグビー大学選手権から見た全国大学ラグビーフットボール選手権大会全国大学ラグビーフットボール選手権大会

    ラグビー大学選手権 フレッシュアイペディアより)

  • 第44回全国大学ラグビーフットボール選手権大会

    第44回全国大学ラグビーフットボール選手権大会から見た全国大学ラグビーフットボール選手権大会全国大学ラグビーフットボール選手権大会

    第44回全国大学ラグビーフットボール選手権大会は2007年12月16日から2008年1月12日にかけて開催された全国大学ラグビーフットボール選手権大会である。早稲田大学が2年振り14回目の優勝を果たした。第44回全国大学ラグビーフットボール選手権大会 フレッシュアイペディアより)

  • 第48回全国大学ラグビーフットボール選手権大会

    第48回全国大学ラグビーフットボール選手権大会から見た全国大学ラグビーフットボール選手権大会全国大学ラグビーフットボール選手権大会

    第48回全国大学ラグビーフットボール選手権大会は2011年12月18日から2012年1月8日にかけて開催された全国大学ラグビーフットボール選手権大会である。帝京大学が3年連続3回目の優勝を果たし、史上2校目の3連覇を達成した。第48回全国大学ラグビーフットボール選手権大会 フレッシュアイペディアより)

  • 第47回全国大学ラグビーフットボール選手権大会

    第47回全国大学ラグビーフットボール選手権大会から見た全国大学ラグビーフットボール選手権大会全国大学ラグビーフットボール選手権大会

    第47回全国大学ラグビーフットボール選手権大会は2010年12月19日から2011年1月9日にかけて開催された全国大学ラグビーフットボール選手権大会である。帝京大学が2年連続2回目を果たした。第47回全国大学ラグビーフットボール選手権大会 フレッシュアイペディアより)

  • 第45回全国大学ラグビーフットボール選手権大会

    第45回全国大学ラグビーフットボール選手権大会から見た全国大学ラグビーフットボール選手権大会全国大学ラグビーフットボール選手権大会

    第45回全国大学ラグビーフットボール選手権大会は2008年12月20日から2009年1月10日にかけて開催された全国大学ラグビーフットボール選手権大会である。早稲田大学が2年連続15回目の優勝を果たした。第45回全国大学ラグビーフットボール選手権大会 フレッシュアイペディアより)

  • 青木忍

    青木忍から見た全国大学ラグビーフットボール選手権大会全国大学ラグビーフットボール選手権大会

    大東第一高校時代、1985年度の全国高等学校ラグビーフットボール大会で優勝を経験。1986年に大東文化大学(以下、大東大)に入学し、1年次よりレギュラーの座を掴む。そして同年度の第23回全国大学ラグビーフットボール選手権大会(以下、大学選手権)において、同じく1年生だったシナリ・ラトゥ、ワテソニ・ナモアのトンガからの留学生らとともに、早稲田大学(以下、早大)を決勝で破って、大東大の初優勝に貢献。青木忍 フレッシュアイペディアより)

  • 信野将人

    信野将人から見た全国大学ラグビーフットボール選手権大会全国大学ラグビーフットボール選手権大会

    早大ラグビー部出身の父の影響を受け、国学院久我山高校を経て明治大学に進む。1995年度には、主将として、大学選手権優勝を達成した。信野将人 フレッシュアイペディアより)

  • 武村秀夫

    武村秀夫から見た全国大学ラグビーフットボール選手権全国大学ラグビーフットボール選手権大会

    その後、全国大学ラグビーフットボール選手権準決勝で対戦した、同大会2連覇中の明治大学に対し、42-18と圧勝。決勝ではかつての宿敵、早稲田と対戦。逆転また逆転というめまぐるしい試合内容となったが、ノーサイド直前、当時1年生だった藤原和也の右腕一本のトライが決まって30-27で撃破し、25年ぶりの大学日本一をもたらした。武村秀夫 フレッシュアイペディアより)

  • 渡邉大吾

    渡邉大吾から見た全国大学ラグビーフットボール選手権大会全国大学ラグビーフットボール選手権大会

    渡邉によると高校卒業後に競輪選手になることも考えたが、最終的には大学へ進学しラグビーを続ける道を選んだしかしその後も競輪選手になりたいという希望を抱き続け、大学在学時も密かに自転車を乗り込んでいたという。明治大学時代はウィング(後にフルバックも兼任)として1年生よりレギュラー選手として伝統の早明戦に出場した他、全国大学ラグビーフットボール選手権大会では1991年、1993年に優勝を経験。また、幾度か日本代表の候補にも上がったことがあった。当時の明治大学といえば、元木由記雄ら現役もしくは後の日本代表選手が多数いた時代であり、大学チーム相手にはほとんど負けたことがなかったばかりか、日本一の連覇街道を驀進中の神戸製鋼にも善戦できるほどのチーム力を持っていた。渡邉大吾 フレッシュアイペディアより)

242件中 31 - 40件表示

「大学ラグビー」のニューストピックワード