184件中 71 - 80件表示
  • 寺西博

    寺西博から見た全国大学ラグビーフットボール選手権大会全国大学ラグビーフットボール選手権大会

    1996年、北島が死去したため、二代目の明大ラグビー部監督に就任。同年度の全国大学ラグビーフットボール選手権大会で優勝をもたらした。しかし1997年2月21日、コーチ時代に部員の父親から金品を受け取っていたことが判明したため、同日付で監督を解任された。寺西博 フレッシュアイペディアより)

  • 生田久貴

    生田久貴から見た全国大学ラグビーフットボール選手権大会全国大学ラグビーフットボール選手権大会

    幼稚舎時代から続けてきたラグビーを慶大でも続け、4年時となる1985年度シーズンにおいて、関東大学ラグビー対抗戦グループでは4位に終わったものの、全国大学ラグビーフットボール選手権大会(以下、大学選手権)の出場権をかけた関東大学ラグビーリーグ戦グループとの交流試合において、同グループ優勝の日本大学に勝利して出場権を得ると、大学選手権では決勝で対戦した明治大学と12 - 12で引き分け両校優勝、翌日行われた抽選の結果、日本ラグビーフットボール選手権大会(日本選手権)の大学代表チームとして出場権を得るに至った。そして1986年1月15日に行われた第23回日本選手権では、トヨタ自動車(現在のトヨタ自動車ヴェルブリッツ)を18 - 13で下し、慶大としては同大会初優勝、また大学チームの日本選手権優勝は、1975年度の明治大学以来、10年ぶりの出来事とあいまった。生田久貴 フレッシュアイペディアより)

  • 萩本光威

    萩本光威から見た全国大学ラグビーフットボール選手権大会全国大学ラグビーフットボール選手権大会

    小学校4年からラグビーを始める。兵庫県・報徳学園高校〜同志社大学。大学4年時に大学選手権優勝。ポジションはSH。萩本光威 フレッシュアイペディアより)

  • 白井善三郎

    白井善三郎から見た全国大学ラグビーフットボール選手権大会全国大学ラグビーフットボール選手権大会

    福岡県立福岡高等学校2年の時にラグビーを始め、早稲田大学(以下、早大)商学部に進学後も、ラグビー部で活動。卒業後は実家の店を継いだが、1963年、築地に新三浦を進出させると、拠点を東京に移し、母校、早大ラグビー部のアシスタントコーチに就任。1968年度、早大監督に就任し、同年度の全国大学ラグビーフットボール選手権大会決勝で、慶應と14?14の同点優勝をもたらした(しかし、日本ラグビーフットボール選手権大会の出場権は抽選の結果、慶應に奪われた)。なお、早大監督は同年度限りで退任。白井善三郎 フレッシュアイペディアより)

  • 松永敏宏

    松永敏宏から見た全国大学ラグビーフットボール選手権大会全国大学ラグビーフットボール選手権大会

    大阪府立天王寺高等学校時代、ラグビー部の主将を経験。また、高校日本代表選手にも選出された。大学受験では、京都大学にも合格したが、『タイガージャージ』への憧れを理由に慶應義塾大学へ入学。同大学ラグビー部でも1984年度の主将を務め、同年度、慶應は関東大学ラグビー対抗戦グループで全勝優勝。そして全国大学ラグビーフットボール選手権大会でも決勝に進出し、同大会3連覇を狙う同志社と対戦。ノーサイド直前、松永からフルバックの村井大次郎にパスが渡り、村井がそのままインゴールに飛び込んで同点トライになったかに思われたが、レフェリーがスローフォワードの判定をしたため、「幻のトライ」に終わり、その後同志社の3連覇が決まった。松永敏宏 フレッシュアイペディアより)

  • 全国クラブラグビーフットボール大会

    全国クラブラグビーフットボール大会から見た全国大学ラグビーフットボール選手権大会全国大学ラグビーフットボール選手権大会

    2003年から優勝チームは日本選手権への出場権を得る。本大会で優勝したクラブチームの代表は大学選手権の優勝チームと1回戦を戦う。全国クラブラグビーフットボール大会 フレッシュアイペディアより)

  • 四国大学ラグビーリーグ

    四国大学ラグビーリーグから見た全国大学ラグビーフットボール選手権大会全国大学ラグビーフットボール選手権大会

    Aリーグ・Bリーグに別れていて、それぞれで1回戦総当りを実施する。リーグ戦終了後に四国地区の第1代表と第2代表を決定する両リーグ1位同士の順位決定戦を1試合行う。順位決定戦出場校は、大学選手権と地区対抗への出場チームを決定するための中国四国地区トーナメント大会に出場する。四国大学ラグビーリーグ フレッシュアイペディアより)

  • 太田治

    太田治から見た全国大学ラグビーフットボール選手権大会全国大学ラグビーフットボール選手権大会

    秋田工業高校から明治大学へ進学し、3年時には、全国大学選手権優勝に貢献。4年時には日本代表に選出、1986年のアメリカ戦で初キャップを得る。太田治 フレッシュアイペディアより)

  • 砂村光信

    砂村光信から見た全国大学ラグビーフットボール選手権大会全国大学ラグビーフットボール選手権大会

    大学は明治大学に進学。1年次と3年次には関東大学対抗戦・全国大学選手権の2冠を経験する。砂村光信 フレッシュアイペディアより)

  • 大内寛文

    大内寛文から見た全国大学ラグビーフットボール選手権大会全国大学ラグビーフットボール選手権大会

    1991年、実家を継ぐ目的で、龍谷大学短期大学部に入学。同時に、龍谷大学ラグビー部に入部した。当時の同チームは関西大学リーグのAリーグに上がったばかりの頃だったが、大内の加入が刺激となり、1993年度以降、6年連続で全国大学ラグビーフットボール選手権大会の出場を果たすことになる。また、大内自身も同部でラグビーを続けるため、1993年に龍谷大学文学部仏教学科に編入学した。大内寛文 フレッシュアイペディアより)

184件中 71 - 80件表示

「大学ラグビー」のニューストピックワード