184件中 81 - 90件表示
  • 天理大学ラグビー部

    天理大学ラグビー部から見た全国大学ラグビーフットボール選手権大会全国大学ラグビーフットボール選手権大会

    戦後、ラグビー部が復活したのは昭和21年(1946年)であったが、昭和24年の学制改革による新制大学への移行がスムーズにいかず、苦難な時代を送る。昭和30年、大学に体育学部が設置され、優秀な人材が入部し、発展の原動力となった。昭和34年、37年には、全国大学ラグビー大会(現全国地区対抗大学ラグビーフットボール大会)の近畿地区代表となり、さらに38年には、前年に組織された関西大学ラグビーリーグのAリーグに参加することになった。昭和40年より全国大学ラグビー選手権大会が開催され、8校(現在は16校)によって覇権が争われた。部の目標は、関西Aリーグ優勝および全国制覇におかれた。昭和45年には、創部以来の念願であった常勝同志社大学を倒し、関西Aリーグにおいて全勝で初優勝(写真)。その後、昭和48年、49年と関西リーグ優勝を飾る。また49年、ニュージーランドのカンタベリー大学と国際親善試合を行い、14対38で敗れはしたが、大きな収穫があった。天理大学ラグビー部 フレッシュアイペディアより)

  • 第9回全国大学ラグビーフットボール選手権大会

    第9回全国大学ラグビーフットボール選手権大会から見た全国大学ラグビーフットボール選手権大会全国大学ラグビーフットボール選手権大会

    第9回全国大学ラグビーフットボール選手権大会は1973年1月2日から1973年1月6日にかけて開催された全国大学ラグビーフットボール選手権大会である。明治大学が初優勝を果たした。第9回全国大学ラグビーフットボール選手権大会 フレッシュアイペディアより)

  • 第15回全国大学ラグビーフットボール選手権大会

    第15回全国大学ラグビーフットボール選手権大会から見た全国大学ラグビーフットボール選手権大会全国大学ラグビーフットボール選手権大会

    第15回全国大学ラグビーフットボール選手権大会は1978年12月23日から1979年1月3日にかけて開催された全国大学ラグビーフットボール選手権大会である。日本体育大学が9年振り2回目の優勝を果たした。第15回全国大学ラグビーフットボール選手権大会 フレッシュアイペディアより)

  • 第8回全国大学ラグビーフットボール選手権大会

    第8回全国大学ラグビーフットボール選手権大会から見た全国大学ラグビーフットボール選手権大会全国大学ラグビーフットボール選手権大会

    第8回全国大学ラグビーフットボール選手権大会は1972年1月1日から1972年1月5日にかけて開催された全国大学ラグビーフットボール選手権大会である。早稲田大学が2年連続5回目の優勝を果たした。第8回全国大学ラグビーフットボール選手権大会 フレッシュアイペディアより)

  • 東西大学対抗ラグビー

    東西大学対抗ラグビーから見た全国大学ラグビーフットボール選手権大会全国大学ラグビーフットボール選手権大会

    東西大学対抗ラグビー(とうざいだいがくたいこうらぐびー)は、全国大学ラグビーフットボール選手権大会(以下、大学選手権)の実質的な前身大会として、1925年度〜1963年度まで行われていた。東西大学対抗ラグビー フレッシュアイペディアより)

  • 石塚武生

    石塚武生から見た全国大学ラグビーフットボール選手権大会全国大学ラグビーフットボール選手権大会

    早稲田大学ラグビー蹴球部では4年時で主将を務め、1974年の関東大学対抗戦、大学選手権の2冠に導く。同年、日本代表に初選出され、ニュージーランド遠征に参加。ニュージーランド学生代表戦で代表試合デビューを果たす。石塚武生 フレッシュアイペディアより)

  • 第44回全国大学ラグビーフットボール選手権大会

    第44回全国大学ラグビーフットボール選手権大会から見た全国大学ラグビーフットボール選手権大会全国大学ラグビーフットボール選手権大会

    第44回全国大学ラグビーフットボール選手権大会は2007年12月16日から2008年1月12日にかけて開催された全国大学ラグビーフットボール選手権大会である。早稲田大学が2年振り14回目の優勝を果たした。第44回全国大学ラグビーフットボール選手権大会 フレッシュアイペディアより)

  • 第47回全国大学ラグビーフットボール選手権大会

    第47回全国大学ラグビーフットボール選手権大会から見た全国大学ラグビーフットボール選手権大会全国大学ラグビーフットボール選手権大会

    第47回全国大学ラグビーフットボール選手権大会は2010年12月19日から2011年1月9日にかけて開催された全国大学ラグビーフットボール選手権大会である。帝京大学が2年連続2回目を果たした。第47回全国大学ラグビーフットボール選手権大会 フレッシュアイペディアより)

  • 九州学生ラグビーフットボールリーグ

    九州学生ラグビーフットボールリーグから見た全国大学ラグビーフットボール選手権大会全国大学ラグビーフットボール選手権大会

    1部:8チームでAグループ(前年度成績上位4チーム)とBグループ(前年度成績下位4チーム)に別れ、各々のグループにおいてホーム&アウェイ方式で2戦ずつの総当たり戦で予選を行い、勝ち点により順位を決める。その後、全チーム参加の順位決定トーナメントを行い最終的な全ての順位を決定する。トーナメントの組み合わせは、AグループとBグループの各々のグループの予選リーグで決まった順位を元に行なわれる。1回戦の勝者は、上位決定トーナメントに勝ち進み、1回戦の敗者は、下位決定トーナメントに進む。上位決定トーナメントの1位チームが九州代表として全国大学ラグビーフットボール選手権大会(以下:全国大学選手権大会)に出場する権利を得る。成績下位2チームは2部成績上位2チームとの入れ替え戦に臨む。九州学生ラグビーフットボールリーグ フレッシュアイペディアより)

  • 木本建治

    木本建治から見た全国大学ラグビーフットボール選手権大会全国大学ラグビーフットボール選手権大会

    1986年度シーズン、2度目となる早大監督に就任。翌1987年度シーズン、堀越正巳、今泉清の2人の1年生をレギュラーに抜擢し、『雪の早明戦』として語り継がれる12月6日早明戦を10?7で撃破し、早大の5年ぶりの対抗戦優勝をもたらした。続く全国大学ラグビーフットボール選手権大会(以下、大学選手権)でも、京都産業、大阪体育、同志社の関西3チームを撃破し、11年ぶりの同大会制覇をもたらした。そしてこの勢いは、1988年1月15日開催の日本ラグビーフットボール選手権大会(日本選手権)でも続き、同大会初出場となった東芝府中(現 東芝ブレイブルーパス)を22?16で破り、16年ぶり4度目の同大会優勝を果たした。しかし同シーズン限りで早大監督を退任した。木本建治 フレッシュアイペディアより)

184件中 81 - 90件表示

「大学ラグビー」のニューストピックワード