302件中 121 - 130件表示
  • ena (予備校)

    ena (予備校)から見た大学受験大学受験

    ena(エナ)は、株式会社学究社(がっきゅうしゃ、Gakkyusha Co., Ltd.)が運営する中学・高校・大学受験の予備校である。校舎は東京都城西・多摩地区を中心に展開する。ena (予備校) フレッシュアイペディアより)

  • 森一郎

    森一郎から見た大学受験大学受験

    日比谷高校時代にまとめた入試頻出順の英単語集である『試験にでる英単語』(青春出版社)の初版の1967年以降、2006年現在までに累計1500万部を超える大ベストセラーとなり、大学受験参考書・英単語集の金字塔を打ち立てた。1975年に第一回目の改訂が行なわれ、当時社会問題化した環境問題等に関する単語を追加し、時事英語試験への対策を強化した。その後も数回にわたって改訂された。著者・森一郎の病没後は、実息の森基雄(奈良産業大学経済学部教授)がその作業を担当した。森一郎 フレッシュアイペディアより)

  • 理転

    理転から見た大学受験大学受験

    理転(りてん)とは、主として大学受験で志望する学部、もしくは大学・大学院入学後での専攻について、文科系専攻から理科系専攻に転じることである。理転 フレッシュアイペディアより)

  • 赤本 (教学社)

    赤本 (教学社)から見た大学受験大学受験

    赤本(あかほん)は、世界思想社教学社が発行している大学・学部別の大学入試過去問題集、大学入試シリーズ(だいがくにゅうしシリーズ)の通称である。創刊後しばらくは表紙の色も青色や紫色など大学ごとに異なっており統一されてはいなかった。「赤本」の呼称は1964年に表紙の色が朱色に統一されてから受験生の間で定着したもの(1985年に表紙の色は朱色から現行の赤色になっている)であり、ウェブサイトのドメイン名もずばり「akahon.net」となっている。赤本 (教学社) フレッシュアイペディアより)

  • 学年ビリのギャルが1年で偏差値を40上げて慶應大学に現役合格した話

    学年ビリのギャルが1年で偏差値を40上げて慶應大学に現役合格した話から見た大学受験大学受験

    さやかのモデルとなった女性小林さやかは、もともと名古屋市でお嬢様学校として有名な中高大一貫の私立校(学校法人愛知淑徳学園)に通学していたが、中学生のときに家庭の不和などの影響で非行化し、無期停学を言い渡されるほどとなった。しかし上述の指導により慶應義塾大学文学部には不合格だったものの総合政策学部に一般入試で現役合格し、入学した。大学生活ではゼミナールへの所属や卒業論文作製はなく、広告学研究会のサークルに所属し、フリーペーパーの発行やミス・コンテストの運営などに参加した。2010年に卒業後はサービス業に従事する希望を抱き、東京都で大手ブライダル会社に就職しウェディングプランナーとなったが、一旦退職したのち、別の小規模なブライダル会社に転職しプランナーを続けている。受験や本が作られる過程で家族との関係も改善し、中学生だった妹の小林まゆは同じく坪田信貴の元で学び上智大学心理学科に合格。プロ野球選手にさせたい父親のスパルタ教育を受けて挫折し、思春期に自暴自棄になっていた2歳年下の弟(長男)も立ち直って経営者を目指すようになる。母親の橘こころ(渾名:ああちゃん)との共著で『ダメ親と呼ばれても学年ビリの3人の子を信じてどん底家族を再生させた母の話』という本も出版された。2014年7月27日には両親の結婚記念日(1987年7月27日)と同じ日に自らも結婚してその様子はFNS27時間テレビで生中継された。学年ビリのギャルが1年で偏差値を40上げて慶應大学に現役合格した話 フレッシュアイペディアより)

  • 進研模試

    進研模試から見た大学受験大学受験

    進研模試(しんけんもし)は、ベネッセコーポレーションが大学受験対策に行なっている模擬試験であり、同社の登録商標(商標登録番号第3189477号他)である駿台予備学校とともに「駿台・ベネッセ模試」も展開している。申し込みは原則として学校団体受験のみとなっている。進研模試 フレッシュアイペディアより)

  • 石垣明日花

    石垣明日花から見た大学受験大学受験

    2006年11月、大学受験のため一時活動休止。大学合格のため、翌月12月から活動再開、12月2日放送の『エンタの神様』(日本テレビ)に出演。石垣明日花 フレッシュアイペディアより)

  • 倉田 真由美

    倉田真由美から見た大学受験大学受験

    高3の頃は小学館や集英社のある東京に憧れ、東京の大学への進学を希望していたが、親からは地元の九州大学より上の国立大学でないとダメだと言われていた。そこで高校では理系であったが、大学受験ではこだわらず、前期に理系の東京工業大学、後期に文系の一橋大学を受験した。倉田真由美 フレッシュアイペディアより)

  • 学校法人暁星国際学園

    学校法人暁星国際学園から見た大学受験大学受験

    1999年度の学習指導要領導入時より高校卒業に必要な必修科目の履修偽装が行われていた。学園は、学習指導要領に基づく独自の教育課程表を県学事課に提出していたが、実態として課程表を無視した時間割で授業を行っていた。県学事課は、私学助成法に基づく補助金の不正流用を防ぐための調査を4年に1度実施してきたが、いずれも学園は虚偽の報告を行ってきた。また、実際には行っていない授業を行ったことにして単位を認める「読み替え」や、「日本史または地理」で世界史演習の成績をそのまま付けるなど、未履修科目で虚偽の記載をした調査書を作成し大学や企業に提出していた。発覚後の2006年度には、大学受験や就職を控えた高校3年生計94人が240時間以上の補習を必要とする異常事態となった。学校法人暁星国際学園 フレッシュアイペディアより)

  • 神戸セミナー

    神戸セミナーから見た大学受験大学受験

    特徴的なのは、生徒は一般の高等学校卒業浪人生だけではなく、高等学校中退生、高卒認定試験受験者、高等学校休学生(不登校等の諸事情含む)、現役高等学校生が多く在籍する点である。大学受験を、心理学的アプローチから始め、難関大学に合格させる技術的ノウハウにとどまらず、やる気を起こさせるための心理学的手法を取り入れたユニークな指導で知られる。このため関東、九州など他府県からも例年30名程度が入学している。また、現校長である喜多徹人は、「ビジネスのわかる教育者」として多くの分野の講演、研修会などを年間数十回行っている。神戸セミナー フレッシュアイペディアより)

302件中 121 - 130件表示

「大学入試」のニューストピックワード