302件中 11 - 20件表示
  • 英語帝国主義

    英語帝国主義から見た大学入試大学受験

    1960年代半ばは、ソビエト連邦とのかなり親密な関係の影響で、主な第一外国語はロシア語になったが、1960年中頃以降、特に1978年と1983年に、英語(外国語)が大学入試に他の科目と同等に取り入れられた。これに伴って、中国の中等教育、特に中学校の外国語教育で英語が必修になって、高校の場合は90%以上が英語を必修科目に取り入れた。一般的に全日制の大学では、英語が必修科目になっている一方で、他の外国語の授業は選択枠になっている。英語帝国主義 フレッシュアイペディアより)

  • ナガセ

    ナガセから見た大学受験大学受験

    4月 - 現役高校生対象の大学受験予備校「東進ハイスクール」を設立。ナガセ フレッシュアイペディアより)

  • 学習漫画

    学習漫画から見た大学受験大学受験

    脚色を加えつつも源氏物語原典を忠実に再現した大和和紀の『あさきゆめみし』、横山光輝の『三国志』といった一部の歴史漫画は非常に学術的価値が高いものとして認められるものもある。また、厳密には学習漫画(児童書)ではないが、漫画のストーリーに基づいた資格取得参考書(住宅新報社の「マンガでわかる資格試験シリーズ」等)や大学受験参考書なども発刊されている。学習漫画 フレッシュアイペディアより)

  • 年齢主義と課程主義

    年齢主義と課程主義から見た大学受験大学受験

    進学志向の強い生徒や家庭は、公立の小中学校では高校受験や大学受験に適した学力を身につけることは困難だと判断し、学習塾や予備校や学習参考書や通信教育を利用し、独学傾向が強まって行った。また、長期欠席生徒が進学を目指す場合もそうならざるを得ない。こうなると小中学校は学力を身につける場という性格が薄れていき、通塾率の高い地域においては、学校は社会教育の場、塾は受験勉強をする場という住み分けすらなされている。一方、私立学校においては知育重視の教育をするところもあり、必ずしも学校離れが起きているわけではない。年齢主義と課程主義 フレッシュアイペディアより)

  • 大学入試センター試験

    大学入試センター試験から見た大学入試大学受験

    センター試験においても、各大学が実施する入学試験と同様に、厳格に出願方法などが定められている。志願者は大学入試センターが配布している「受験案内」(無料)を参照しながら、出願から受験までの段階を踏むこととなる。「受験案内」はセンター試験を利用する大学で配布されているほか、テレメールでも取り寄せることができる。なお、志願する時点で高校3年生の者(いわゆる卒業見込者=現役生)は志願票送付から受験票の受け取りまでを全て、在学する高等学校に任せなければならない。ここが一般の大学入試とは大きく異なる点である。しかし、高校が生徒から預った志願票を大学入試センターに提出せずに放置したために、生徒が受験できなくなる例も見られるなど、高校を通して手続きを行うシステムには問題もある。大学入試センター試験 フレッシュアイペディアより)

  • 松原一樹

    松原一樹から見た大学受験大学受験

    松原 一樹(まつばら かずき- )は、福岡県出身の経営コンサルタント・大学受験コンサルタント。偏差値29から和田秀樹氏の大学受験法で大学受験に開眼。その後、独自の視点を取り入れた勉強法を作り上げ無事第一志望の早稲田大学人間科学部に合格。 大学在学中は家庭教師として、その独特の勉強法で多くの一流大学合格者を輩出した。現在は個人の生徒向けの家庭教師サービス・学校法人向けのコンサルティング活動をメインに行っている。松原一樹 フレッシュアイペディアより)

  • 両国プラチナ予備校

    両国プラチナ予備校から見た大学受験大学受験

    両国プラチナ予備校(りょうごくぷらちなよびこう)とは東京都新宿区にある大学受験予備校。両国プラチナ予備校 フレッシュアイペディアより)

  • 問題を作る問題

    問題を作る問題から見た大学受験大学受験

    大学受験の数学は、予備校で習った解法のテクニックを覚えていなければ、解けないものばかりであり、したがって、高校の数学教育も、予備校の数学教育も、公式と解法のテクニックを覚えることに終始し、問題を作る問題 フレッシュアイペディアより)

  • 大学入試

    大学入試から見た大学受験大学受験

    大学入試 フレッシュアイペディアより)

  • 大学入学試験

    大学入学試験から見た大学受験大学受験

    大学入学試験 フレッシュアイペディアより)

302件中 11 - 20件表示

「大学入試」のニューストピックワード