大学全入時代 ニュース&Wiki etc.

大学全入時代(だいがくぜんにゅうじだい)とは、2007年頃(細かい年は諸論分かれる)に日本の大学への入学希望者総数が入学定員総数を下回る状況を迎えるとされる状況を指す言葉である。この言葉を使う場合、それに伴う諸問題もあわせて扱われる。ここで言う問題とは、主に大学教育の質の低下、定員割れ、さらにその結果として引き起こされる… (出典:Wikipedia)

「大学全入時代」Q&A

  • Q&A

    20数年前の大学受験のレベルと現在のレベルは違うという書き込みを見ましたが、 たしか…

    [続きを読む]

    回答数:6質問日時 - 2016年11月24日 23:38

  • Q&A

    少子化なので仕方がないのでしょうけど大学全入時代になりチンピラ、ヤクザまがいの人間が…

    [続きを読む]

    回答数:1質問日時 - 2016年11月15日 10:10

  • Q&A

    皆さん冬物語という漫画を知っていますか?たしか今から20年近く前にヤングサンデーで連…

    [続きを読む]

    回答数:2質問日時 - 2016年11月11日 00:22

つながり調べ

関連のありそうなワードから見た「大学全入時代」のつながり調べ

  • 船橋情報ビジネス専門学校

    船橋情報ビジネス専門学校から見た大学全入時代

    理事長の鳥居勝一は、専門学校新聞の2009年新春メッセージで「大学全入が進めば進むほどフリーター・ニート候補者が誕生し、若者を社会の粗大ゴミにしてしまう」「中身が空っぽの“ピーマン大学生”の就職は無理」などと持論を展開した。(船橋情報ビジネス専門学校 フレッシュアイペディアより)

  • 私大バブル

    私大バブルから見た大学全入時代

    私立大学の入試は国公立大学と違って、数多くの大学との併願、一つの大学の中でも複数設定されている入学試験の期日を受験、学部学科コースなどといった形で学内でも細分化されている各組織ごとによってでも複数の併願が可能となっていることから出願者数の増大と共に受験生には合格への数多くのチャンスが与えられているということになる。大手予備校は大学の難易度を表す数値である偏差値を算出する目安の一つとして入学試験での合格者の学力を取り入れているため、優秀な受験生が殺到した大学はそこから高偏差値大学、いわゆる難関大学として評価される基準を満たしたということである。1990年代前後の日本は私大バブルの時期であったといわれており、その背景には団塊世代の息子、いわゆる団塊ジュニアと呼ばれていた世代が大学受験を行う年齢に達したというのが主な理由とされている。この時代にはそれまでの時代と比較してみれば大学受験に参加する人数が突出して多かったがために従来に生まれていたならば合格できたであろう大学に進学できない者が続出し、現在では大学全入時代などと言う言葉の広がりと共に定員割れが悪化し廃校が危惧されているような大学ですら数多くの受験生を集める事ができ、当時の大手予備校が算出した偏差値では現在の中堅レベルに値していたという例が幾つも存在する。(私大バブル フレッシュアイペディアより)

「大学全入時代」から見た関連のありそうなワードのつながり調べ

「大学全入時代」のニューストピックワード