大学全入時代 ニュース&Wiki etc.

大学全入時代(だいがくぜんにゅうじだい)とは、2009年頃(細かい年は諸論分かれる)に日本の大学への入学希望者総数が入学定員総数を下回る状況を迎えるとされる状況を指す言葉である。この言葉を使う場合、それに伴う諸問題もあわせて扱われる。ここで言う問題とは、主に大学教育の質の低下、定員割れ、さらにその結果として引き起こされる… (出典:Wikipedia)

つながり調べ

関連のありそうなワードから見た「大学全入時代」のつながり調べ

  • 全入

    全入から見た大学全入時代

    全入(ぜんにゅう)とは、ある学校の入学試験において全ての受験者が合格となり、入学希望者の全てが入学可能となる状態。日本の大学の現状をして、「大学全入時代」とも称される。(全入 フレッシュアイペディアより)

  • 授業崩壊

    授業崩壊から見た大学全入時代

    授業崩壊を大学に転用した派生語として、「大学崩壊」がある。その意味するところは大学全入時代を迎えたことにより一部の大学では事実上大学受験に合格することによって大学への入学者の学力ならびに「学びたい大学」の大学受験に合格するために受験勉強をがんばるという努力や耐性があまり要求されなくなったことにより大学生の学力低下にとどまらず、大学が研究教育機関として機能しなくなり、経営危機を迎えることを指す。学生数が減少することに伴って生じる経営悪化、その結果としての教員数の削減、学生確保のための広報業務を教員に過剰に負担させることにより多忙になる教員の研究業績低下、経費削減の対象としての研究費の支給削減、その結果起こる優秀な教員の流出、教育レベル低下による在学生の退学者増加、定員割れに伴う公的補助金の支給停止、イメージ悪化によるさらなる学生減少、といった負のスパイラルに陥った大学が経営破綻に陥ることを指す。(授業崩壊 フレッシュアイペディアより)

「大学全入時代」から見た関連のありそうなワードのつながり調べ

「大学全入時代」のニューストピックワード