前へ 1 2 3
21件中 1 - 10件表示
  • 年問題

    年問題から見た大学全入時代大学全入時代

    大学全入時代が到来する問題。実際には遅れて2009年問題となっている。大学全入時代を参照年問題 フレッシュアイペディアより)

  • ダブルスクール

    ダブルスクールから見た大学全入時代大学全入時代

    大学のコースが直接就職に直結したような手に職をつけるものではなかった場合、あるいは自分が本当に勉強してみたいと思ったような学科ではなかった場合、難関資格試験の勉強をする場合などがある。特に公認会計士試験の場合は、監査業界の特殊性(会計基準等が毎年の様に改訂される)から独学が困難である為、経理研究所が設置されている中央大学出身者を除き、ほぼ全ての合格者が予備校とのダブルスクールを経験している。大都市圏の大学生にこういうケースが増えてきた一方、大学全入時代到来以降、私立大学が職業教育に力を入れたため、第二次ベビーブーム世代の急増期に比べ、ダブルスクールが話題になることもなくなった。ダブルスクール フレッシュアイペディアより)

  • 授業崩壊

    授業崩壊から見た大学全入時代大学全入時代

    授業崩壊を大学に転用した派生語として、「大学崩壊」がある。その意味するところは大学全入時代を迎えたことにより一部の大学では事実上大学受験に合格することよって大学への入学者の学力ならびに「学びたい大学」の大学受験に合格するために受験勉強をがんばるという努力や耐性があまり要求されなくなったことにより大学生の学力低下にとどまらず、大学が研究教育機関として機能しなくなり、経営危機を迎えることを指す。学生数が減少することに伴って生じる経営悪化、その結果としての教員数の削減、学生確保のための広報業務を教員に過剰に負担させることにより多忙になる教員の研究業績低下、経費削減の対象としての研究費の支給削減、その結果起こる優秀な教員の流出、教育レベル低下による在学生の退学者増加、定員割れに伴う公的補助金の支給停止、イメージ悪化によるさらなる学生減少、といった負のスパイラルに陥った大学が経営破綻に陥ることを指す。授業崩壊 フレッシュアイペディアより)

  • 鳥居徹也

    鳥居徹也から見た大学全入時代大学全入時代

    鳥居の自説は、フリーターやニートの増加の要因として一般的な認識であるバブル経済の崩壊に伴う企業の採用抑制によって発生した就職氷河期や、フリーターなど非正規労働者の「安い労働力」に依存している企業側の問題については一切言及しようとせず、「有効求人倍率は若い方が高いのだから、採用されないのは努力が足りないからだ」などと自己責任論にすり替えたり、「大学全入時代が若者の競争力を低下させ、フリーターが増えた」といった、若者側に責任を転嫁する主張をしており、評論家の後藤和智をはじめ、鳥居の主張を訝しがる者も多い。鳥居徹也 フレッシュアイペディアより)

  • 私大バブル

    私大バブルから見た大学全入時代大学全入時代

    私立大学の入試は国公立大学と違って、数多くの大学との併願、一つの大学の中でも複数設定されている入学試験の期日を受験、学部学科コースなどといった形で学内でも細分化されている各組織ごとによってでも複数の併願が可能となっていることから出願者数の増大と共に受験生には合格への数多くのチャンスが与えられているということになる。大手予備校は大学の難易度を表す数値である偏差値を算出する目安の一つとして入学試験での合格者の学力を取り入れているため、優秀な受験生が殺到した大学はそこから高偏差値大学、いわゆる難関大学として評価される基準を満たしたということである。1990年代前後の日本は私大バブルの時期であったといわれており、その背景には団塊世代の息子、いわゆる団塊ジュニアと呼ばれていた世代が大学受験を行う年齢に達したというのが主な理由とされている。この時代にはそれまでの時代と比較してみれば大学受験に参加する人数が突出して多かったがために従来に生まれていたならば合格できたであろう大学に進学できない者が続出し、現在では大学全入時代などと言う言葉の広がりと共に定員割れが悪化し廃校が危惧されているような大学ですら数多くの受験生を集める事ができ、当時の大手予備校が算出した偏差値では現在の中堅レベルに値していたという例が幾つも存在する。私大バブル フレッシュアイペディアより)

  • 募集停止

    募集停止から見た大学全入時代大学全入時代

    大学全入時代という言葉が広がっていることからも2000年代後半以降数多くの大学は学生の募集に苦戦しており、そこから経営が維持できなると共に幾らかの大学は廃校を前提として学生の募集停止を行っている。聖トマス大学のように2009年に学生の募集停止が発表されて廃校になるであろうと予想されていたものの、2012年以降に学生の募集が再開されて廃校とならなかった例も存在する。募集停止 フレッシュアイペディアより)

  • 徳山明

    徳山明から見た大学全入時代大学全入時代

    学長在任中は大学全入時代という考え方や偏差値主義に疑問を呈し、教育ジャーナリストの島野清志に抗議書面を出した事で有名になったが、逆に、山口昌男や勝田吉太郎らと同様に「現状を把握せず、大学が潰れる事もあるという意識が希薄な学校経営者」という批判・失笑を受けた。徳山明 フレッシュアイペディアより)

  • 東北工業大学

    東北工業大学から見た大学全入時代大学全入時代

    入学後に厳しい専門教育を行う点で、石川県の私立理工系大学の金沢工業大学などと酷似する点がある。早期より専門教育を行い、またその単位認定が同ランクの他大学と比較し厳しいことで知られている。そのため、入学は容易だが、卒業が難しいという欧米型大学に似た特徴がある。1年次より研究室に配属される学科が存在するという点も専門課程を最重要視するという観点より、それらを裏付けるものである。それを理由として入学時より全学科を通して、目的意識の明確な学生が存在する。これらは「入ること」よりも「何を学んだか」に重点を置く本来の大学としての理念と通じる。昨今の大学全入時代においてこのような特徴は、特異な傾向といえる。東北工業大学 フレッシュアイペディアより)

  • 東洋大学朝霞キャンパス

    東洋大学朝霞キャンパスから見た大学全入時代大学全入時代

    朝霞キャンパス設置当時は郊外型キャンパスの人気が高く、環境のよい朝霞キャンパスは東洋大学の志願者増に貢献した。ところがバブル崩壊後、受験生の都心回帰傾向が強まり、さらに大学全入時代を迎えると朝霞キャンパスと白山キャンパスに分断されていることがデメリットとなってしまった。そこで東洋大学では白山キャンパスの再開発事業を実施、近隣の土地を取得して2005年から再度文系5学部を白山キャンパスへ集中させた。東洋大学朝霞キャンパス フレッシュアイペディアより)

  • 夜間大学院

    夜間大学院から見た大学全入時代大学全入時代

    大学全入時代を迎え、従来の学部(学部以外の教育研究上の基本となる組織を含む)の課程を修了したばかりの者のみを対象とした大学院の仕組みのままでは、学校経営が危うくなるおそれがあることから社会人を受け入れることで、学生数の充足を図ろうという大学経営上の背景。夜間大学院 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3
21件中 1 - 10件表示

「大学全入時代」のニューストピックワード