21件中 11 - 20件表示
  • 全入

    全入から見た大学全入時代大学全入時代

    全入(ぜんにゅう)とは、ある学校の入学試験において全ての受験者が合格となり、入学希望者の全てが入学可能となる状態。日本の大学の現状をして、「大学全入時代」とも称される。全入 フレッシュアイペディアより)

  • 船橋情報ビジネス専門学校

    船橋情報ビジネス専門学校から見た大学全入時代大学全入時代

    理事長の鳥居勝一は、専門学校新聞の2009年新春メッセージで「大学全入が進めば進むほどフリーター・ニート候補者が誕生し、若者を社会の粗大ゴミにしてしまう」「中身が空っぽの“ピーマン大学生”の就職は無理」などと持論を展開した。船橋情報ビジネス専門学校 フレッシュアイペディアより)

  • 池上学院

    池上学院から見た大学全入時代大学全入時代

    池上学院の真向かいにある北海学園大学の学生は、かつて早稲田セミナーへの受講率が非常に高かった為、北海学園大学生のLEC受講率を上げるためのLEC側の思惑と、折からの大学全入時代による予備校通学生減少を補いたいという池上学院側の思惑が一致した事による提携と思われる。池上学院 フレッシュアイペディアより)

  • 東京女学館大学

    東京女学館大学から見た大学全入時代大学全入時代

    大学全入時代の到来等に伴う学生募集の不振から約25億円の累積赤字を抱えているとして、学校法人東京女学館の理事会は2012年(平成24年)4月、東京女学館大学は同年度の新入学生を最後に学生の募集を停止し、2016年(平成28年)3月をもって閉校することを発表した。東京女学館大学 フレッシュアイペディアより)

  • 生涯学習

    生涯学習から見た大学全入時代大学全入時代

    大学における生涯学習では、少子化、大学全入時代を前に手持ちの教育インフラが活用されている。文部科学省の指導もあって、現在では昼夜開講制や夜間大学院の制度を導入して社会人でも高度な教育を受けられるようにカリキュラム編成をしている大学もある。生涯学習 フレッシュアイペディアより)

  • 2000年代

    2000年代から見た大学全入時代大学全入時代

    大学全入時代に突入。その一方で、少子化の影響で定員割れの大学が増加する。また、学力低下が指摘され、ゆとり教育への批判が高まる。全国学力テストの復活。2000年代 フレッシュアイペディアより)

  • 大学受験ラジオ講座

    大学受験ラジオ講座から見た大学全入時代大学全入時代

    『Jランド』の政策的失敗で早期にA&G強化へ舵を切りたいという文化放送側の事情に加え、旺文社内部でも第2次ベビーブーム世代の大学進学が一巡し本格的な少子化時代を迎える中で、リスナーの絶対数が減るとともに番組テキストの売り上げも先細りになると判断、番組の将来を悲観する向きが広がった。この時旺文社では、近い将来にその可能性が迫っていた大学全入時代が現実化すれば、受験生の番組に求めてくるレベルも多様化し既存のスタイルでは対応できなくなるというところまで視野に入れていた。大学受験ラジオ講座 フレッシュアイペディアより)

  • 女子大学

    女子大学から見た大学全入時代大学全入時代

    このような時代背景の変化等も関係し、かつては女子大学に併設されている付属の女子高から系列の女子大学にエスカレーター式で進学するのが良家の子女の定番であったが、女子大学の付属高校でも系列の女子大学への進学を希望せずに共学の有名大学への進学を希望する生徒が増えている。受験産業や大学業界などは、上記のような女子学生を取り巻く就職状況や社会経済環境の変化はもとより、大学全入時代の到来や女子受験生の志向の変化なども関係し、女子受験生の共学志向はさらに進むと予測している。女子大学 フレッシュアイペディアより)

  • 金の卵 (労働者)

    金の卵 (労働者)から見た大学全入時代大学全入時代

    高校全入運動で事実上の義務教育状態となった高校の進学率が97%を超え、大学全入時代の到来で大学進学率も2009年(平成21年)には50%を超える現在の日本では高学歴化が進行し、平成初期までは理容師や美容師も中卒のたたき上げでなれたが、現在では中卒で美容師・理容師になることはできなくなり、専門学校卒か高校卒業して美容学校に入学する方法に変更されるなど、中卒者にとって就職は敷居が高いものとなってしまった。一方で調理師などサービス業で働く職人、伝統工芸、鳶職などの職人、相撲の力士、競馬の騎手、伝統芸能の役者などは個人の技量に依存されやすいことから若年者が優遇され、高い学力を追及しないことから現在でも中卒後に仕事を始める人もいる。金の卵 (労働者) フレッシュアイペディアより)

  • 平成

    平成から見た大学全入時代大学全入時代

    少子化の進展で大学全入時代を迎えて、21世紀には大学倒産時代となり、ブランド大学以外の地方大学や私立大学は定員割れで経営危機に立たされている。私立大学・私立短大の中には、統廃合によって学生募集を停止して廃校になる学校が増加した。親の収入と学歴の高低が子供の学歴の高低に直結する「格差の遺伝」とも言われる現象が広く知られるようになった。一方で、逆に高い学歴を持ちながら生活に苦しむ学歴難民と呼ばれる層も氷河期世代から発生している。女子の高学歴化や進学率の増加、厳しい経済状況を背景にした難関志向もあり、難関大学の難易度は、依然高い水準にある。進学率が増加する一方で、BFランク大学の名前を書くだけで受かる入試、ユニーク入試、一芸入試など学力にとらわれない入試も増加している。平成 フレッシュアイペディアより)

21件中 11 - 20件表示

「大学全入時代」のニューストピックワード