99件中 21 - 30件表示
  • 大学全入時代

    大学全入時代から見た東海大学

    2002年の大阪国際大学による大阪国際女子大学の吸収を発端に、2008年には東海大学が北海道東海大学と九州東海大学を吸収した。大学全入時代 フレッシュアイペディアより)

  • 大学全入時代

    大学全入時代から見た入学試験

    しかし、実際には2000年頃から既に入る大学・学部さえ選ばなければ、経済問題などを除く入学選抜のみの点では、誰でも入学できる状況になっている。大学全入時代 フレッシュアイペディアより)

  • 大学全入時代

    大学全入時代から見た入学

    しかし、実際には2000年頃から既に入る大学・学部さえ選ばなければ、経済問題などを除く入学選抜のみの点では、誰でも入学できる状況になっている。大学全入時代 フレッシュアイペディアより)

  • 大学全入時代

    大学全入時代から見た受験

    大学全入時代を迎えるなかにあって、一部の難関大学や有名大学への受験・人気が集中していることにより地方大学や新興大学は受験生・生徒集めに苦戦している。日本私立学校振興・共済事業団が毎年行っている調査では、近年私立大学で定員割れを起こしている学部・学科等を持つ大学は全体の4割を超えることが続いており、2007年度の調査では私立短大の定員割れ率が初の6割超となった(つまり半数以上が定員を満たしていない)。また、最近では、地方国公立大学でも一部の学科、専攻などで二次募集を行うケースが発生している。大学全入時代 フレッシュアイペディアより)

  • 大学全入時代

    大学全入時代から見た関西学院大学

    2009年4月には、関西学院大学と聖和大学が合併。聖和大学が関西学院大学教育学部となったほか、聖和大学短期大学部が関西学院聖和短期大学となった。別法人ではあるが、同じプロテスタントメソジスト派の大学で、創立者が親子同士という縁がある大学同士の合併であった。大学全入時代 フレッシュアイペディアより)

  • 大学全入時代

    大学全入時代から見たLEC東京リーガルマインド大学

    その後も学生の募集を中止する大学は続き、2007年には東和大学が募集停止、またその後三重中京大学、聖トマス大学、神戸ファッション造形大学、愛知新城大谷大学、福岡医療福祉大学、東京女学館大学、LEC東京リーガルマインド大学、創造学園大学、神戸夙川学院大学の9大学が学生の募集を停止をした(いずれも募集停止後の数年後に閉学予定)。大学全入時代 フレッシュアイペディアより)

  • 大学全入時代

    大学全入時代から見た入学金

    大学によっては、オープンキャンパスで周辺主要都市からキャンパスへの無料送迎バスの運行や交通費の補助をしたり、学内食堂の無料券の配布、記念品の配布などが行われることもある。さらに、入試の成績優秀者に対して、入学金や授業料の全額または一部免除を行う大学も増えている。これには、併願受験を行う受験生を囲い込むという側面もある。大学全入時代 フレッシュアイペディアより)

  • 大学全入時代

    大学全入時代から見た教育

    主な原因として、日本における教育の大衆化の進展、1990年代以降の法的規制緩和による大学の新設ラッシュ、定員増加、少子化などが挙げられる。大学全入時代 フレッシュアイペディアより)

  • 大学全入時代

    大学全入時代から見た東京女学館大学

    その後も学生の募集を中止する大学は続き、2007年には東和大学が募集停止、またその後三重中京大学、聖トマス大学、神戸ファッション造形大学、愛知新城大谷大学、福岡医療福祉大学、東京女学館大学、LEC東京リーガルマインド大学、創造学園大学、神戸夙川学院大学の9大学が学生の募集を停止をした(いずれも募集停止後の数年後に閉学予定)。大学全入時代 フレッシュアイペディアより)

  • 大学全入時代

    大学全入時代から見た市場原理

    高等教育機関である大学自体が市場原理によって淘汰される時代に入ったため、大学崩壊や大学のレジャーランド化が叫ばれるなか、高等教育機関としてのあり方、教育研究の新しいあり方をいかにして各大学が発展させ、学生の質・量を確保するかが問われている。大学全入時代 フレッシュアイペディアより)

99件中 21 - 30件表示

「大学全入時代」のニューストピックワード