114件中 31 - 40件表示
  • 大学全入時代

    大学全入時代から見た授業料

    大学によっては、オープンキャンパスで周辺主要都市からキャンパスへの無料送迎バスの運行や交通費の補助をしたり、学内食堂の無料券の配布、記念品の配布などが行われることもある。さらに、入試の成績優秀者に対して、入学金や授業料の全額または一部免除を行う大学も増えている。これには、併願受験を行う受験生を囲い込むという側面もある。大学全入時代 フレッシュアイペディアより)

  • 大学全入時代

    大学全入時代から見た少子化

    主な原因として、日本における教育の大衆化の進展、1990年代以降の法的規制緩和による大学の新設ラッシュ、定員増加、少子化などが挙げられる。大学全入時代 フレッシュアイペディアより)

  • 大学全入時代

    大学全入時代から見た中央公論新社

    中井浩一 『大学入試の戦後史--受験地獄から全入時代へ』 中央公論新社、2007年4月。ISBN 4121502434大学全入時代 フレッシュアイペディアより)

  • 大学全入時代

    大学全入時代から見た有斐閣

    梶田叡一 『新しい大学教育を創る--全入時代の大学とは』 有斐閣、2000年4月。ISBN 4641280339大学全入時代 フレッシュアイペディアより)

  • 大学全入時代

    大学全入時代から見た私立大学

    私立大学における経営収入の大部分を占める授業料を免除してまで学生を確保する動きがはじまったことは、大学全入時代の大学間競争が教育研究面での戦いだけでなく、財務状況、経営体力の争いであることを示している。よって、学生数を膨張させるマスプロ大学化が進んでいる。大学全入時代 フレッシュアイペディアより)

  • 大学全入時代

    大学全入時代から見た就職

    大学間の競争が激しくなっても、単位取得や卒業を厳格にすると志願者が減少するため、教育サービスの質が下がる。しかし、東京理科大学のように単位取得要件や卒業要件をあえて厳格にすることによって理科大生に対する勉学を外発的に動機づけることにより就職状況や大学院進学率を向上させるという戦略を取る大学もある。大学全入時代 フレッシュアイペディアより)

  • 大学全入時代

    大学全入時代から見たサービス

    その過程で、受験生に対して様々な、時として過剰とも言える宣伝やサービスが行われるようになった。例としては、高校3年生を対象に就職率や就職先企業の実績、在学中に取得可能な公的資格などの広告や宣伝、オープンキャンパス(大学内の見学や学部などの説明、模擬授業、在籍学生や大学職員との交流イベント)、AO入試の実施などである。大学全入時代 フレッシュアイペディアより)

  • 大学全入時代

    大学全入時代から見た定員割れ

    大学全入時代(だいがくぜんにゅうじだい)とは、2007年頃(細かい年は諸論分かれる)に日本の大学への入学希望者総数が入学定員総数を下回る状況を迎えるとされる状況を指す言葉である。この言葉を使う場合、それに伴う諸問題もあわせて扱われる。ここで言う問題とは、主に大学教育の質の低下、定員割れ、さらにその結果として引き起こされる大学崩壊などである。大学全入時代 フレッシュアイペディアより)

  • 大学全入時代

    大学全入時代から見た大学崩壊

    大学全入時代(だいがくぜんにゅうじだい)とは、2007年頃(細かい年は諸論分かれる)に日本の大学への入学希望者総数が入学定員総数を下回る状況を迎えるとされる状況を指す言葉である。この言葉を使う場合、それに伴う諸問題もあわせて扱われる。ここで言う問題とは、主に大学教育の質の低下、定員割れ、さらにその結果として引き起こされる大学崩壊などである。大学全入時代 フレッシュアイペディアより)

  • 大学全入時代

    大学全入時代から見た推薦入試

    このような状況のなか、大学では学生確保のため、AO入試など推薦入試枠の拡大、入試地方会場の設置、独自の学部の設置、受験機会(回数)の増加など、様々な対策を行っている。大学全入時代 フレッシュアイペディアより)

114件中 31 - 40件表示

「大学全入時代」のニューストピックワード