114件中 41 - 50件表示
  • 大学全入時代

    大学全入時代から見た免除

    大学によっては、オープンキャンパスで周辺主要都市からキャンパスへの無料送迎バスの運行や交通費の補助をしたり、学内食堂の無料券の配布、記念品の配布などが行われることもある。さらに、入試の成績優秀者に対して、入学金や授業料の全額または一部免除を行う大学も増えている。これには、併願受験を行う受験生を囲い込むという側面もある。大学全入時代 フレッシュアイペディアより)

  • 大学全入時代

    大学全入時代から見た北海道東海大学

    2002年の大阪国際大学による大阪国際女子大学の吸収を発端に、2008年には東海大学が北海道東海大学と九州東海大学を吸収した他、慶應義塾大学と共立薬科大学が合併。共立薬科大学が、慶應義塾大学薬学部となった。歴史ある共立薬科大学の、他大学との合併という選択は大学関係者に大きな驚きを与えた。大学全入時代 フレッシュアイペディアより)

  • 大学全入時代

    大学全入時代から見た国立大学法人

    国公立大学に関して言えばむしろ国立大学法人・公立大学法人化に伴う再編により絶対数は減少傾向にあるが、これは前述の私立大学の合併とはやや事情が異なる。一般に同等の教育やサービスが受けられるならば、授業料等の安い国公立大学が選ばれやすく、国公立大学への影響は少ないと見られている。実際定員割れを起こしているのはほとんどが私立大学である。大学全入時代 フレッシュアイペディアより)

  • 大学全入時代

    大学全入時代から見た富士常葉大学

    「大学職員による高校への出張面接」(富士常葉大学)などがある。これらについては、奇を衒ったものである、学生の質を落とすものであるなど批判もある。大学全入時代 フレッシュアイペディアより)

  • 大学全入時代

    大学全入時代から見た携帯電話

    「カメラ付き携帯電話で撮影した映像を課題として大学に送信するケータイ入試」(大阪電気通信大学)大学全入時代 フレッシュアイペディアより)

  • 大学全入時代

    大学全入時代から見た高校入試

    一方、定員割れを引き起こしている全入大学で新たに生じた珍現象として、いかに平易な入試問題であっても対応できない受験生が発生し、大学側の困惑を引き起こしている。程度によっては、およそ大学で学ぶに値しない(高校入試問題ですら解けない)受験生が出現し、入試の合否判定会議が紛糾する事態を迎えている。「解答用紙に名前さえ書いてもらえたら何とかします」という大学もある。(2007年5月23日 読売新聞中部版)大学全入時代 フレッシュアイペディアより)

  • 大学全入時代

    大学全入時代から見た国立大学

    1980年代後半から1990年代前半、バブル期に18歳人口がピークを迎えたことや大学不合格者が増加したことにより、各大学に臨時定員増加が認められた。これは後に18歳人口が減少することを前提とした、あくまで一時的な措置であったが、政治家や私学関係者の働き掛けにより、国立大学は元に戻すが、公立大学と私立大学は臨時増加分の半分を維持してよいこととされた。大学全入時代 フレッシュアイペディアより)

  • 大学全入時代

    大学全入時代から見た萩国際大学

    2005年6月には萩国際大学(現・山口福祉文化大学)が定員割れが原因としては初の民事再生法適用を申請した。大学全入時代 フレッシュアイペディアより)

  • 大学全入時代

    大学全入時代から見た教育学部

    2009年4月には、関西学院大学と聖和大学が合併。聖和大学が関西学院大学教育学部となった。大学全入時代 フレッシュアイペディアより)

  • 大学全入時代

    大学全入時代から見た単位

    大学間の競争が激しくなっても、単位取得や卒業を厳格にすると志願者が減少するため、教育サービスの質が下がる。しかし、東京理科大学のように単位取得要件や卒業要件をあえて厳格にすることによって理科大生に対する勉学を外発的に動機づけることにより就職状況や大学院進学率を向上させるという戦略を取る大学もある。大学全入時代 フレッシュアイペディアより)

114件中 41 - 50件表示

「大学全入時代」のニューストピックワード