114件中 51 - 60件表示
  • 大学全入時代

    大学全入時代から見た学校法人千里国際学園

    また、学校法人関西学院と学校法人千里国際学園が合併、千里国際学園中等部・高等部を関西学院千里国際中等部・高等部とした。大学全入時代 フレッシュアイペディアより)

  • 大学全入時代

    大学全入時代から見たマスプロ大学

    私立大学における経営収入の大部分を占める授業料を免除してまで学生を確保する動きがはじまったことは、大学全入時代の大学間競争が教育研究面での戦いだけでなく、財務状況、経営体力の争いであることを示している。よって、学生数を膨張させるマスプロ大学化が進んでいる。大学全入時代 フレッシュアイペディアより)

  • 大学全入時代

    大学全入時代から見た動機づけ

    大学間の競争が激しくなっても、単位取得や卒業を厳格にすると志願者が減少するため、教育サービスの質が下がる。しかし、東京理科大学のように単位取得要件や卒業要件をあえて厳格にすることによって理科大生に対する勉学を外発的に動機づけることにより就職状況や大学院進学率を向上させるという戦略を取る大学もある。大学全入時代 フレッシュアイペディアより)

  • 大学全入時代

    大学全入時代から見た公立大学法人

    国公立大学に関して言えばむしろ国立大学法人・公立大学法人化に伴う再編により絶対数は減少傾向にあるが、これは前述の私立大学の合併とはやや事情が異なる。一般に同等の教育やサービスが受けられるならば、授業料等の安い国公立大学が選ばれやすく、国公立大学への影響は少ないと見られている。実際定員割れを起こしているのはほとんどが私立大学である。大学全入時代 フレッシュアイペディアより)

  • 大学全入時代

    大学全入時代から見た三大予備校

    一方、浪人生、ひいては受験生全体の数の減少を受け、予備校においても現役生を視野に入れた経営を行うようになっている。三大予備校の他、東進ハイスクールは現役生中心の授業を行い業績を伸ばしにかかる一方、地方の中小予備校は生徒集めに苦しい状況となっている。大学全入時代 フレッシュアイペディアより)

  • 大学全入時代

    大学全入時代から見た大阪国際大学

    2002年の大阪国際大学による大阪国際女子大学の吸収を発端に、2008年には東海大学が北海道東海大学と九州東海大学を吸収した他、慶應義塾大学と共立薬科大学が合併。共立薬科大学が、慶應義塾大学薬学部となった。歴史ある共立薬科大学の、他大学との合併という選択は大学関係者に大きな驚きを与えた。大学全入時代 フレッシュアイペディアより)

  • 大学全入時代

    大学全入時代から見た日本

    大学全入時代(だいがくぜんにゅうじだい)とは、2007年頃(細かい年は諸論分かれる)に日本の大学への入学希望者総数が入学定員総数を下回る状況を迎えるとされる状況を指す言葉である。この言葉を使う場合、それに伴う諸問題もあわせて扱われる。ここで言う問題とは、主に大学教育の質の低下、定員割れ、さらにその結果として引き起こされる大学崩壊などである。大学全入時代 フレッシュアイペディアより)

  • 大学全入時代

    大学全入時代から見たクリティカルシンキング

    大学進学率が統計上は上昇し、大学卒業者の割合が増加してもあまり勉強しない学生が多いので、我が国における国民全体の知的水準が下がり、学歴のインフレーション状態に陥り、かつ我が国の国民がクリティカルシンキングできなくなる可能性が考えられる。大学全入時代 フレッシュアイペディアより)

  • 大学全入時代

    大学全入時代から見た併願受験

    大学によっては、オープンキャンパスで周辺主要都市からキャンパスへの無料送迎バスの運行や交通費の補助をしたり、学内食堂の無料券の配布、記念品の配布などが行われることもある。さらに、入試の成績優秀者に対して、入学金や授業料の全額または一部免除を行う大学も増えている。これには、併願受験を行う受験生を囲い込むという側面もある。大学全入時代 フレッシュアイペディアより)

  • 大学全入時代

    大学全入時代から見た早稲田摂陵中学校・高等学校

    2009年には摂陵中学校・高等学校が早稲田大学の系列となり、早稲田摂陵中学校・高等学校となった。大学全入時代 フレッシュアイペディアより)

114件中 51 - 60件表示

「大学全入時代」のニューストピックワード