前へ 1 2 3 4
32件中 1 - 10件表示
  • 野球

    野球から見た日本の大学野球日本の大学野球

    現在野球で用いられているボールは硬式球・準硬式球・軟式球の3種類があり、使用するボールにより、それぞれ硬式野球・準硬式野球・軟式野球と呼ばれる。日本では、プロ野球や都市対抗野球(社会人)、大学野球、甲子園の高校野球では硬式が使われており、一般的に組織名や大会名などで単に野球と称する場合は硬式野球を示す場合が通例。一般のレクリエーションとしての野球や、小学校や中学校などで行われる野球は、軟式野球が主である。準硬式野球は、あくまで運営組織の分類上も多くの場合は軟式野球の一種として扱われているが、用具や試合会場は硬式と共用の物が用いられる。野球 フレッシュアイペディアより)

  • 至学館大学硬式野球部

    至学館大学硬式野球部から見た日本の大学野球日本の大学野球

    至学館大学硬式野球部(しがっかんだいがくこうしきやきゅうぶ)は、愛知大学野球連盟に所属する大学野球チーム。至学館大学の学生によって構成されている。愛称は「PUFFS(パフス)」。至学館大学硬式野球部 フレッシュアイペディアより)

  • 野球総合板

    野球総合板から見た日本の大学野球日本の大学野球

    日本のプロ野球・高校野球以外の話題全般を扱う。メジャーリーグベースボールに関するスレッドが大半を占めており、他に日本の大学野球・社会人野球や独立リーグ、韓国・台湾・キューバなど諸国の野球、国際大会などについてのスレッドも存在する。一方で、野球という競技そのものを叩くスレッドも散見される。野球総合板 フレッシュアイペディアより)

  • 武藤哲裕

    武藤哲裕から見た日本の大学野球日本の大学野球

    武藤 哲裕(むとう てつひろ、1960年 - )は、日本の元大学野球及び社会人野球選手(投手、右投右打)。武藤哲裕 フレッシュアイペディアより)

  • モダン日本

    モダン日本から見た日本の大学野球日本の大学野球

    それまで『文藝春秋』『オール讀物』を発行していた菊池寛が、1930年10月に創刊。創刊号巻頭で菊池は「現代日本」の生活、実際科学、娯楽、趣味を中心とした興味本位の雑誌という趣旨とした。誌名は当初「モダン・ライフ」が考えられており、創刊号には久米正雄「外出着のモダン・ライフ」も寄稿された。表紙絵は東郷青児、記事はエロ・グロ・ナンセンスが基調で、女性の恋愛に関する読み物や外国女優のグラビア、浜尾四郎による海外の猟奇事件を紹介する読み物、中村正常、辰野九紫、徳川夢声の読み物などが掲載、谷譲次、丸木砂土などの連載小説があった。また大学野球に力を入れた。モダン日本 フレッシュアイペディアより)

  • 川崎市等々力球場

    川崎市等々力球場から見た日本の大学野球日本の大学野球

    川崎市内には以前、この等々力球場と川崎区富士見にある川崎球場の2つの硬式野球場があった。等々力球場はアマチュア野球や草野球など一般利用が主体で、川崎球場はかつてプロ野球の大洋ホエールズやロッテオリオンズが本拠地とし、アマチュアでも高校野球や大学野球(首都大学野球など)、社会人野球などの公式戦が数多く開催され、野球以外でもアメリカンフットボールやプロレス、イベントなどに幅広く使用されてきた。しかし、川崎球場がスタンドの老朽化で2000年3月をもって一旦閉場して施設の一部撤去を行うこととなり、スタンドが解体されることになった。この代替措置として、等々力球場はそれまで内野がクレー、外野が天然芝で舗装されていたのを全面人工芝に張替え、多目的利用ができるように改修された。川崎市等々力球場 フレッシュアイペディアより)

  • 神奈川県立保土ヶ谷公園硬式野球場

    神奈川県立保土ヶ谷公園硬式野球場から見た日本の大学野球日本の大学野球

    1949年開場。開場以来主に高校野球や大学野球など県内のアマチュア野球公式戦で使用されている。高校野球の夏の県大会は、準々決勝までこの保土ヶ谷球場で行われる(2005年まで、2006年より準々決勝以降の試合は横浜スタジアムで行われる)。神奈川県立保土ヶ谷公園硬式野球場 フレッシュアイペディアより)

  • 入れ替え戦

    入れ替え戦から見た日本の大学野球日本の大学野球

    大学野球(採用しているリーグとしていないリーグがある。下記は採用している場合のみ。)入れ替え戦 フレッシュアイペディアより)

  • 大田スタジアム

    大田スタジアムから見た日本の大学野球日本の大学野球

    開場以来、社会人野球をはじめ首都大学野球連盟、東京新大学野球連盟などの大学野球、高校野球などアマチュア野球公式戦で使用されている他、プロ野球でも東京ヤクルトスワローズがイースタン・リーグ(二軍)公式戦を年数試合開催している他、オープン戦を開催したこともある。大田スタジアム フレッシュアイペディアより)

  • 戸塚球場

    戸塚球場から見た日本の大学野球日本の大学野球

    今日の感覚にすれば一大学の野球部のホームグラウンドであり練習場にしか過ぎないが、当時は日本の野球草創期でプロ野球もなく、大学野球が人気を集めていた頃であり、かつ本格的な野球場が少ないこともあって、慶應義塾大学の三田綱町野球場とともに東京の代表的な野球場だった。戸塚球場 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4
32件中 1 - 10件表示

「大学野球」のニューストピックワード