57件中 11 - 20件表示
  • 引き分け

    引き分けから見た日本の大学野球日本の大学野球

    日本の大学野球ではグループトーナメント方式を採用しているが、再試合が行われている傾向がある。多くが2勝先勝方式をとっており、2勝するまで勝ち点が入らないため、引き分けにより、長期戦になることもある。東京六大学野球連盟では延長12回で引き分け再試合としており、ナイトゲームで神宮球場においてプロ野球の試合(ほとんどが東京ヤクルトのホームゲーム)が行われる場合、9回までで引き分け再試合としている。引き分け フレッシュアイペディアより)

  • 至学館大学硬式野球部

    至学館大学硬式野球部から見た日本の大学野球日本の大学野球

    至学館大学硬式野球部(しがっかんだいがくこうしきやきゅうぶ)は、愛知大学野球連盟に所属する大学野球チーム。至学館大学の学生によって構成されている。女子部の愛称は「PUFFS(パフス)」。至学館大学硬式野球部 フレッシュアイペディアより)

  • 第3回明治神宮野球大会

    第3回明治神宮野球大会から見た日本の大学野球日本の大学野球

    第3回明治神宮野球大会は、11月3日から11月8日まで明治神宮野球場および明治神宮第二球場で行われた大学野球の大会である。第3回明治神宮野球大会 フレッシュアイペディアより)

  • 第1回明治神宮野球大会

    第1回明治神宮野球大会から見た日本の大学野球日本の大学野球

    第1回明治神宮野球大会は、1970年11月6日から11月10日まで明治神宮野球場および明治神宮第二球場で行われた大学野球の大会である。明治神宮鎮座50年を記念して行われた。優勝は東海大学、準優勝は中京大学だった。第1回明治神宮野球大会 フレッシュアイペディアより)

  • 第2回明治神宮野球大会

    第2回明治神宮野球大会から見た日本の大学野球日本の大学野球

    第2回明治神宮野球大会は、11月5日から11月11日まで明治神宮野球場および明治神宮第二球場で行われた大学野球の大会である。第2回明治神宮野球大会 フレッシュアイペディアより)

  • 平光清

    平光清から見た日本の大学野球日本の大学野球

    平光 清(ひらこう きよし、1938年7月15日 - 2011年8月9日)は、東京都大田区出身の元プロ野球審判員、野球解説者。大学野球、プロ野球選手経験は無い。通称「先生」「審判先生」。平光清 フレッシュアイペディアより)

  • 勝率

    勝率から見た日本の大学野球日本の大学野球

    日本の大学野球で現用になっている例がある(北東北大学野球連盟など)。勝率 フレッシュアイペディアより)

  • 皇子山球場

    皇子山球場から見た日本の大学野球日本の大学野球

    皇子山球場(おうじやまきゅうじょう)は、滋賀県大津市の皇子山総合運動公園にある野球場。正式名称は皇子山総合運動公園野球場。1960年開場。高校野球や大学野球などに使用されている。施設は大津市が所有し、公益財団法人大津市公園緑地協会が指定管理者として運営管理を行っている。皇子山球場 フレッシュアイペディアより)

  • 戸塚球場

    戸塚球場から見た日本の大学野球日本の大学野球

    今日の感覚にすれば一大学の野球部のホームグラウンドであり練習場にしか過ぎないが、当時は日本の野球草創期でプロ野球もなく、大学野球が人気を集めていた頃であり、かつ本格的な野球場が少ないこともあって、慶應義塾大学の三田綱町野球場とともに東京の代表的な野球場だった。戸塚球場 フレッシュアイペディアより)

  • 東京六大学

    東京六大学から見た日本の大学野球日本の大学野球

    日本の大学野球の先駆者的な立場であった早稲田大学と慶應義塾大学の対抗戦(早慶戦)に端を発する。明治36年(1903年)に第1回の早慶戦が挙行され(明治39年から中断)、大正3年(1914年)に明治大学が加わり、早慶明の三大学によって初めてリーグ戦が組織された。その後大正6年(1917年)に法政大学が加わり、大正10年(1921年)に立教大学が加わった。6校目の参加大学として1925年秋に東京帝国大学(現在の東京大学)の加盟が決定し、組織化が行われ東京六大学野球連盟が発足(詳細については同項を参照)。これをもって「東京六大学」という存在が誕生した。東京六大学 フレッシュアイペディアより)

57件中 11 - 20件表示

「大学野球」のニューストピックワード