57件中 21 - 30件表示
  • 再試合

    再試合から見た日本の大学野球日本の大学野球

    日本の大学野球では、勝ち点制(1カード3戦2勝制)を採用している大会が多い(地区により異なる方式がある)が、その場合でも、引き分けとなった場合は事実上再試合となる。また、優勝決定戦(プレーオフ)も優勝を完全に決するため同点で試合が終わった場合は再試合となることが多い。その代表例として1960年の「早慶六連戦」(レギュラーリーグでは早稲田が勝ち越して勝ち点4・9勝4敗で慶応と並んだ。その後規定により同点決勝が行われたが、2試合連続引き分け。第3試合目で早稲田が勝ち上がって優勝を決めたというもの)が挙げられる再試合 フレッシュアイペディアより)

  • 川崎市等々力球場

    川崎市等々力球場から見た日本の大学野球日本の大学野球

    川崎市内には以前、本球場と川崎区富士見にある川崎球場の2つの市営硬式野球場があった。本球場はアマチュア野球や草野球など一般利用が主体で、川崎球場はかつてプロ野球の大洋ホエールズやロッテオリオンズが本拠地とし、アマチュアでも高校野球や大学野球(首都大学野球など)、社会人野球などの公式戦が数多く開催され、野球以外でもアメリカンフットボールやプロレス、イベントなどに幅広く使用されてきた。しかし、川崎球場がスタンドの老朽化で2000年3月をもって一旦閉場して施設の一部撤去を行うこととなり、スタンドが解体されることになった。この代替措置として本球場はそれまで内野がクレー、外野が天然芝で舗装されていたのを全面人工芝に張替え、多目的利用ができるように改修された。川崎市等々力球場 フレッシュアイペディアより)

  • 韓国人メジャーリーガー

    韓国人メジャーリーガーから見た日本の大学野球日本の大学野球

    韓国人野球選手のメジャーリーグ(MLB)挑戦は、日本と同じく1990年代半ばから始まったが、日本とは明らかな相違点がある。日本の場合は、日本プロ野球(NPB)で実績を積んでからメジャーに移籍する事例が圧倒的に多く、アマチュア(高校・大学・社会人野球)から直接渡米しメジャーリーガーになったのは、マック鈴木(鈴木誠)、多田野数人、田澤純一などごく少数である。これに対して韓国の場合は、2016年までアマチュアから直接渡米しメジャーリーガーになった選手が10人で、韓国プロ野球で経験を積んでからメジャーリーガーになった選手は9人とほぼ同じである。韓国人メジャーリーガー フレッシュアイペディアより)

  • 入れ替え戦

    入れ替え戦から見た日本の大学野球日本の大学野球

    大学野球(採用しているリーグとしていないリーグがある。下記は採用している場合のみ。)入れ替え戦 フレッシュアイペディアより)

  • 野球の歴史

    野球の歴史から見た日本の大学野球日本の大学野球

    1871年(明治4年)に来日した米国人ホーレス・ウィルソンが当時の東京開成学校予科(その後旧制第一高等学校、現在の東京大学)で教え、その後「打球おにごっこ」という名で全国的に広まった。従って、日本国内の野球の創世記の歴史は、そのまま大学野球の創世記の歴史と重なっている(詳細については当該記事を参照のこと)。なお、ホーレス・ウィルソンは2003年(平成15年)、その功績から日本野球殿堂入り(新世紀表彰)している。ただし野球を「試合」と定義すると明治6年4月下旬,開拓使仮学校で既に始められていた可能性がある。ウィルソンが試合を始めたのは開成学校に運動場が完成した明治6年8月以降のことである。野球の歴史 フレッシュアイペディアより)

  • 立浪和義

    立浪和義から見た日本の大学野球日本の大学野球

    主将として第59回選抜甲子園大会と第69回夏の甲子園選手権大会の甲子園春夏連覇を達成。春の甲子園優勝後から立浪の名前がドラフト指名候補に挙がるようになったが、当時の評価は5位・6位と決して高いものではなく、PLの中村順司監督も「身体も大きくないのだから、それぐらいの評価なら大学か社会人で野球を続けて、それからプロに進んでも遅くない」と、当時点でのプロ入りには否定的であった。立浪和義 フレッシュアイペディアより)

  • 明治神宮野球大会

    明治神宮野球大会から見た日本の大学野球日本の大学野球

    明治神宮鎮座50年を記念して行われた1970年(昭和45年)の奉納野球が同大会の始まりである。第3回までは大学野球のみであったが、第4回大会から高校野球も加わり、高校と大学の2つの部となり、現在に至っている。明治神宮野球大会 フレッシュアイペディアより)

  • 戦没野球人モニュメント

    戦没野球人モニュメントから見た日本の大学野球日本の大学野球

    戦没野球人モニュメント(せんぼつやきゅうじんモニュメント)は、東京都文京区後楽の東京ドーム内に置かれた野球殿堂博物館内にある記念碑。太平洋戦争などで戦死した中等学校野球・大学野球・社会人野球選手の功績を記念したものである。管理は野球殿堂博物館が行なっている。戦没野球人モニュメント フレッシュアイペディアより)

  • 筑波大学硬式野球部

    筑波大学硬式野球部から見た日本の大学野球日本の大学野球

    筑波大学硬式野球部(つくばだいがく こうしきやきゅうぶ、Tsukuba University Baseball Team)は、首都大学野球連盟に所属する大学野球チーム。筑波大学の学生によって構成されている。筑波大学硬式野球部 フレッシュアイペディアより)

  • 札幌市円山球場

    札幌市円山球場から見た日本の大学野球日本の大学野球

    外苑球場は翌1935年(昭和10年)から市に移管し7月14日に開場。市史などではこの日を開場日としている。球場名も現名称の札幌市円山球場に改められた。翌1936年(昭和11年)から現在に至るまで高校野球、大学野球、社会人野球など道内のアマチュア野球公式戦が行われている他、プロ野球公式戦も数多く開催されている。戦時中はバックネットや金網などの金属製品が回収され、フィールドも畑や資材置場となった。戦後は再びアマやプロの試合が行われるようになり、1953年(昭和28年)10月21日には日米野球の読売ジャイアンツ(巨人)対ニューヨーク・ジャイアンツ戦が開催された。開場当初は内外野とも土盛りスタンドで観客の収容能力が小さく、1972年(昭和47年)以前に開催されたプロ野球公式戦等ではスタンド上段にやぐらを組んで収容人員を確保したこともあった。現在では安全性の問題がある上に消防法にも抵触するため、こうした措置は行えない。札幌市円山球場 フレッシュアイペディアより)

57件中 21 - 30件表示

「大学野球」のニューストピックワード