前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
748件中 1 - 10件表示
  • モンテディオ山形

    モンテディオ山形から見た大宮アルディージャ大宮アルディージャ

    補強面では、大宮から佐藤悠介、浮氣哲郎、佐藤太一を、京都から大島秀夫を、湘南から鈴木健太郎を、水戸から渡辺卓を、札幌から大野貴史を、浦和から高橋厳一を完全移籍で獲得し、札幌から佐賀一平をレンタル移籍で獲得した。新人では、山形中央高から吉見一星が加入した。モンテディオ山形 フレッシュアイペディアより)

  • 柏レイソル

    柏レイソルから見た大宮アルディージャ大宮アルディージャ

    明神智和がG大阪、波戸康広・土屋征夫が大宮、玉田圭司が名古屋、大野敏隆が東京V、矢野貴章・永田充が新潟へ完全移籍したが、4年ぶりの復帰となった北嶋秀朗を清水から完全移籍で、SEパルメイラスから前年神戸でプレーしていたディエゴを期限付き移籍で獲得した。J2リーグ戦は横浜FC・神戸と自動昇格枠を争い、2位神戸と勝ち点差1の3位で迎えた最終節・湘南戦に勝利し、神戸が仙台に敗れたため、2位での自動昇格を決め、1年でのJリーグ ディビジョン1(J1)復帰を果たした。なお、84得点は2006年シーズンJ2最多得点であった。柏レイソル フレッシュアイペディアより)

  • サガン鳥栖

    サガン鳥栖から見た大宮アルディージャ大宮アルディージャ

    岸野体制3年目。藤田祥史が大宮に移籍し、期限付き移籍の船谷圭祐が所属元の磐田に復帰した一方、ブラジル2部・3部のクラブで42試合29得点のFWトジン、MF島田裕介、元日本代表の山田卓也や、右SB柳沢将之、左SB磯崎敬太などを獲得した。サガン鳥栖 フレッシュアイペディアより)

  • 酒井宣福

    酒井宣福から見た大宮アルディージャ大宮アルディージャ

    酒井 宣福(さかい のりよし、1992年11月9日 - )は、新潟県三条市出身のプロサッカー選手。Jリーグ・大宮アルディージャ所属。ポジションはMF。酒井宣福 フレッシュアイペディアより)

  • 清水エスパルス

    清水エスパルスから見た大宮アルディージャ大宮アルディージャ

    開幕戦の大宮戦、スコアレスドローに終わり、リーグ開幕戦で初めて無得点に抑えられた。夏場までは引き分けが多い(28節までに11引き分け)ものの、負けないサッカーを展開。特にホームでは負けることがなく、前年から続くリーグ戦ホーム無敗記録を20まで伸ばした(ただし、その間にナビスコカップのホームゲームで山形に敗れている)。9月29日に長谷川健太の監督続投決定。10月3日第28節広島戦で1対1で引き分けるも得失点差で鹿島を上回り首位に立ったが、第29節の負ければJ2降格となる大分にシーズン初の逆転負けをしたのを皮切りに、第30節にはFC東京戦ではシーズン初のリーグ戦ホームでの1-2での黒星になるなど、優勝はおろかACL出場権も得られず最終順位は7位。天皇杯は準決勝で名古屋に敗れた。清水エスパルス フレッシュアイペディアより)

  • ギラヴァンツ北九州

    ギラヴァンツ北九州から見た大宮アルディージャ大宮アルディージャ

    大宮から新井涼平(前年度所属はFC岐阜)、徳島から登尾顕徳、水戸から常盤聡を完全移籍で、甲府から加部未蘭、東京Vからキローラン木鈴、キローラン菜入、高野光司、清水から竹内涼、横浜FMから端戸仁をレンタルで獲得した。さらに渡大生(広島皆実高校)と、前年度特別指定選手だった武田大(東京学芸大学)が入団した ほか、柏よりレンタル移籍していた池元友樹とFC東京からレンタル移籍していた森村昂太を完全移籍で獲得した。ギラヴァンツ北九州 フレッシュアイペディアより)

  • ヴィッセル神戸

    ヴィッセル神戸から見た大宮アルディージャ大宮アルディージャ

    東京Vから現役日本代表DF三浦淳宏を獲得。開幕戦で勝利して以降、公式戦12試合勝ちなしとなり、6節広島戦終了後に松永英機が辞任し、エメルソン・レオンが就任したが成績は上向かず、2か月余りで解任された。その後パベル・ジェハークが正式に監督に就任。2001年からクラブの顔として在籍したFW三浦知良が構想から外れたこともあり、7月に退団。8月にブンデスリーガでのプレー経験もあるFWイヴォ、DFマルティンを獲得。2004年加入のMFホルヴィを加えて、チェコ人3人体制となった(2004年から所属のDFホージェル、2005年6月加入のMFディエゴ・ソウザは退団)。第7節に最下位に転落して以降、年間通して低迷し、11月20日の大宮戦に敗れ、J2に降格した。ヴィッセル神戸 フレッシュアイペディアより)

  • 川崎フロンターレ

    川崎フロンターレから見た大宮アルディージャ大宮アルディージャ

    ベット体制2年目。元日本代表の岩本輝雄を獲得して同時に主将に据えた。リーグ戦は開幕3連敗でスタートし、第5節のヴァンフォーレ甲府戦に勝利した後、ベットを監督から解任。Jリーグカップ(ナビスコ杯)1回戦のG大阪戦 を挟み、第6節、4月18日の札幌戦から松本育夫に監督が交代した。久々のクラブチーム監督となった松本に対して反発した岩本はやがてチーム構想から外されたが、岩本に代わって主将に就任した中西の起用や柏から途中加入したDF森川拓巳などが守備を安定させ、攻撃面ではブラジル人のティンガが活躍した。松本就任後のチームは順調に勝ち点を伸ばし、7月30日・第19節の大宮戦に勝利して首位に立ち、11月5日の鳥栖戦(等々力)に勝利し、J1昇格条件のJ2の2位以内が確定。11月8日にJ2優勝も決めた。川崎フロンターレ フレッシュアイペディアより)

  • 村山祐介

    村山祐介から見た大宮アルディージャ大宮アルディージャ

    2009年オフに大宮アルディージャを戦力外となり、12月29日に大分トリニータへの移籍が両チームの公式サイトより発表された。村山祐介 フレッシュアイペディアより)

  • ピム・ファーベーク

    ピム・ファーベークから見た大宮アルディージャ大宮アルディージャ

    ピム・ファーベーク(Pim Verbeek, 1956年3月12日 - )は、オランダ出身の元プロサッカー選手、サッカー指導者。実弟は元大宮アルディージャ監督のロバート・ファーベーク。Jリーグ時代の登録名はピム。ファーベークは英語発音で、オランダ語発音ではフェルベークになる。ピム・ファーベーク フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
748件中 1 - 10件表示
[an error occurred while processing this directive]

「大宮アルディージャ」のニューストピックワード

[an error occurred while processing this directive]