748件中 81 - 90件表示
  • ディビッドソン純マーカス

    ディビッドソン純マーカスから見た大宮アルディージャ大宮アルディージャ

    父親がアメリカ人、母親が日本人。小学3年生時にサッカーを始め、東京ガス(後のFC東京)の下部組織に加入。柴田峡らの指導により力を付けた。同期には尾亦弘友希、石川高大、来栖由基ら。高校生時には父の故郷であるアメリカのサッカースクールに渡り、多国籍の環境下でプレーすることで精神的にも鍛えられた。同スクールの監督がJリーグ・大宮アルディージャのピム・ファーベーク監督と知己だったことから大宮での練習に参加する機会を得て、2002年8月より正式加入。加入当初は出場機会に恵まれなかったが、2004年より監督に就いた三浦俊也によってレギュラーに抜擢された。ディビッドソン純マーカス フレッシュアイペディアより)

  • 大熊清

    大熊清から見た大宮アルディージャ大宮アルディージャ

    2014年から大宮アルディージャの監督に就任。東京ガス在籍時からの盟友・鈴木は同年より大宮のチーム統括に就いた。情熱と規律を併せ持つ姿勢を評価されたことも相まって、大宮でも球際、攻守の切り替え、運動量といった「サッカーの本質」を重視した指導を続けたが、主力選手の負傷も重なって“らしさ”を浸透させることができず、FIFAワールドカップによるリーグ戦中断明け以降も8試合で3分5敗と立て直しに失敗。J1第22節浦和戦(さいたまダービー)敗戦翌日の8月31日付けで退任した。鈴木も翌9月1日付で退任。大熊清 フレッシュアイペディアより)

  • 西村卓朗

    西村卓朗から見た大宮アルディージャ大宮アルディージャ

    国士舘大学卒業後、浦和レッドダイヤモンズに入団。2004年7月、浦和から大宮アルディージャに期限付き移籍し、J1昇格に貢献した。2005年より大宮に完全移籍した。西村卓朗 フレッシュアイペディアより)

  • 安藤智安

    安藤智安から見た大宮アルディージャ大宮アルディージャ

    安藤 智安(あんどう ともやす、1974年5月23日 - )は、日本の元サッカー選手。最終所属は大宮アルディージャ。ポジションはゴールキーパー。2006年シーズン後現役引退を発表。今後は浦和レッズハートフルクラブのコーチに就任する。安藤智安 フレッシュアイペディアより)

  • 金東秀 (1995年生)

    金東秀 (1995年生)から見た大宮アルディージャ大宮アルディージャ

    金 東秀(キム・ドンス、朝鮮語: ???、1995年2月21日 - )は、大韓民国出身のプロサッカー選手。Jリーグ・大宮アルディージャ所属。U-23韓国代表。ポジションは、ディフェンダー(DF)。金東秀 (1995年生) フレッシュアイペディアより)

  • 原一樹

    原一樹から見た大宮アルディージャ大宮アルディージャ

    2007年に清水エスパルスへ入団。5月9日のナビスコ杯大宮アルディージャ戦で公式戦初出場し、12月8日に行われた天皇杯5回戦、横浜F・マリノス戦で初得点と初アシストを決めた。2008年5月3日のジュビロ磐田戦でリーグ戦初得点、5月25日のナビスコ杯磐田戦でカップ戦初得点を決めた。9月29日に母が死去した直後の10月4日に行われたFC東京戦で先発しゴールを決めた。2008年はリーグ戦27試合に出場し、チーム3位となる6得点を挙げた。長友佑都(FC東京)や小川佳純(名古屋)と共に優秀新人賞を受賞した。2009年は背番号を11に変更した。原一樹 フレッシュアイペディアより)

  • 河合竜二

    河合竜二から見た大宮アルディージャ大宮アルディージャ

    2000年、この年から新監督に斉藤和夫が就任し、登録ポジションをミッドフィールダーに変更するとプロ4年目にして念願の出場機会が訪れる。主力ボランチとして起用されていた石井俊也が累積警告で出場停止となると、さいたまダービーとなった5月22日J2第14節大宮戦で監督の斉藤は河合をボランチでスタメンに抜擢する。この起用により公式戦初出場を果たし勝利に貢献した1人となった。この試合をきっかけに以降の試合でも徐々に起用されようになり主力に定着した。10月に横山謙三が総監督に就任するとリーグ戦でこそ控えに留まったものの天皇杯では積極的に起用され4回戦進出に貢献する。この年チームは最終的にJ1昇格を達成し、翌年以降の飛躍を期待させるシーズンとなった。河合竜二 フレッシュアイペディアより)

  • 安柄俊

    安柄俊から見た大宮アルディージャ大宮アルディージャ

    2013年より、川崎フロンターレに入団。同年1月21日に以前から痛めていた右膝半月板の手術を行い、全治2カ月と診断された。5月15日、ナビスコ杯予選リーグの大宮アルディージャ戦でプロデビューを果たしたが、その後再び膝を痛め戦列を離脱。7月18日、再手術を行い全治3カ月と発表された。安柄俊 フレッシュアイペディアより)

  • 白井淳

    白井淳から見た大宮アルディージャ大宮アルディージャ

    2001年シーズンを最後に現役を引退し、2002年より大宮アルディージャのGKコーチに就任。チームのGKに負傷者が続出する事態になり、2002年3月に急遽選手登録した。ただ、出場機会はなく再びコーチに戻り、2009年まで8年間に渡って大宮のGKコーチの任を務めあげた。2010年から2シーズン、アルビレックス新潟にてGKコーチを務める。再び大宮に戻り、2012年から2017年までGKコーチを務めた。白井淳 フレッシュアイペディアより)

  • 重松健太郎

    重松健太郎から見た大宮アルディージャ大宮アルディージャ

    2010年3月28日、J1第4節大宮戦でJリーグデビュー。長友佑都からのクロスボールをヘディングで合わせ、デビュー戦で初ゴールを記録した。同月31日の名古屋戦でも得点を挙げ、城福浩監督からは「短い時間、狭いスペースの中で仕事ができる選手」と評価を受けた。9月には、AFC U-19選手権2010に背番号11で登録されエース候補として布啓一郎監督からの期待をうかがわせたが、予備登録に留まり選出されなかった。重松健太郎 フレッシュアイペディアより)

748件中 81 - 90件表示
[an error occurred while processing this directive]

「大宮アルディージャ」のニューストピックワード

[an error occurred while processing this directive]