168件中 91 - 100件表示
  • 大宮アルディージャ

    大宮アルディージャから見た長谷川悠

    補強としては新潟からチョ・ヨンチョル、川崎から菊地光将、山形から長谷川悠、G大阪から下平匠を完全移籍で獲得。また、新外国人選手としてサンパウロFCからカルリーニョスを期限付き移籍で獲得し、市川雅彦をレンタル移籍から復帰させた。大宮アルディージャ フレッシュアイペディアより)

  • 大宮アルディージャ

    大宮アルディージャから見た横浜F・マリノス

    張が監督を続投。主力選手だったDF波戸康広が横浜FMへ、DF冨田大介が神戸へ、MF片岡洋介は京都へ移籍したが、新潟の正GKだった北野貴之、大分からDF深谷友基、甲府からDF杉山新らを獲得した。大宮アルディージャ フレッシュアイペディアより)

  • 大宮アルディージャ

    大宮アルディージャから見たギラヴァンツ北九州

    鈴木体制3年目。ホドリゴ・ピンパォン、李天秀、2010年2月に右大腿骨骨肉腫を患い、人工関節への置換手術を受け復帰を目指していた塚本泰史が退団(その後アンバサダーに就任)。7年間在籍していた藤本主税が熊本に、石原直樹が広島に、杉山新が横浜FCに、2年間岐阜にレンタル移籍していた新井涼平が北九州に完全移籍。木原正和が福岡へ、宮崎泰右が湘南にレンタル移籍。富山にレンタル移籍していた福田俊介、大分にレンタル移籍していた土岐田洸平はレンタル移籍期間延長となった。大宮アルディージャ フレッシュアイペディアより)

  • 大宮アルディージャ

    大宮アルディージャから見た川崎フロンターレ

    補強としては新潟からチョ・ヨンチョル、川崎から菊地光将、山形から長谷川悠、G大阪から下平匠を完全移籍で獲得。また、新外国人選手としてサンパウロFCからカルリーニョスを期限付き移籍で獲得し、市川雅彦をレンタル移籍から復帰させた。大宮アルディージャ フレッシュアイペディアより)

  • 大宮アルディージャ

    大宮アルディージャから見たカターレ富山

    鈴木体制3年目。ホドリゴ・ピンパォン、李天秀、2010年2月に右大腿骨骨肉腫を患い、人工関節への置換手術を受け復帰を目指していた塚本泰史が退団(その後アンバサダーに就任)。7年間在籍していた藤本主税が熊本に、石原直樹が広島に、杉山新が横浜FCに、2年間岐阜にレンタル移籍していた新井涼平が北九州に完全移籍。木原正和が福岡へ、宮崎泰右が湘南にレンタル移籍。富山にレンタル移籍していた福田俊介、大分にレンタル移籍していた土岐田洸平はレンタル移籍期間延長となった。大宮アルディージャ フレッシュアイペディアより)

  • 大宮アルディージャ

    大宮アルディージャから見たコンサドーレ札幌

    監督に東京Vや札幌で指揮を執っていた張外龍が就任。大宮アルディージャ フレッシュアイペディアより)

  • 大宮アルディージャ

    大宮アルディージャから見たNTTドコモ

    1998年、旧大宮市をホームタウンとして、アマチュアチームのままチーム名を「」へ改称。1998年12月、東日本電信電話が中心となりNTTドコモ、NTTデータ、NTTファシリティーズ、NTTコムウェア、日本コムシスなどのNTTグループ関連企業18社が出資して運営会社となる「エヌ・ティ・ティ・スポーツコミュニティ株式会社」が設立された。大宮アルディージャ フレッシュアイペディアより)

  • 大宮アルディージャ

    大宮アルディージャから見たカップル

    アルディとミーヤは仲良しのカップルであり、公式プロフィールにもアルディの欄には「好きな女性のタイプ:ミーヤ」、ミーヤの欄には「将来の夢:アルディとNACK5スタジアム大宮で結婚式をあげること」と書かれている。大宮アルディージャ フレッシュアイペディアより)

  • 大宮アルディージャ

    大宮アルディージャから見たベガルタ仙台

    シーズン開始後、第2節終了時に8位であったが、2014 FIFAワールドカップ・アジア4次予選によるリーグ戦中断直前の第13節終了時点で15位の順位であった。5月、監督の鈴木淳、ヘッドコーチの石井知幸を解任し、6月に千葉、名古屋、仙台で監督を務めていたズデンコ・ベルデニックが監督に、ユースコーチだった井上卓也がヘッドコーチにそれぞれ就任した。戦力面では7月にFWラファエルがボタフォゴFRへ移籍した一方、FWノヴァコヴィッチ、ズラタンやDF河本裕之を獲得した。第24節時点で17位に順位を落としたが、第24節埼玉ダービー(引分)から最終節までリーグ戦11戦連続(5勝6分)、天皇杯を含めて公式戦13試合連続負けなしの成績で、第25節ホーム鳥栖戦での勝利により15位に浮上して以降降格圏に順位を落とすことなく、第33節の磐田戦に勝利した時点でJ1残留を確定。最終的に13位でリーグ戦を終えた。大宮アルディージャ フレッシュアイペディアより)

  • 大宮アルディージャ

    大宮アルディージャから見た浦和レッドダイヤモンズ

    2000年、三浦俊也が監督に就任。この年、初めて浦和との「さいたまダービー」が行われた(大宮の1勝3敗)。大宮アルディージャ フレッシュアイペディアより)

168件中 91 - 100件表示

「大宮アルディージャ」のニューストピックワード