223件中 91 - 100件表示
  • 大宮アルディージャ

    大宮アルディージャから見た杉山新

    張が監督を続投。主力選手だったDF波戸康広が横浜FMへ、DF冨田大介が神戸へ、MF片岡洋介は京都へ移籍したが、新潟の正GKだった北野貴之、大分からDF深谷友基、甲府からDF杉山新らを獲得した。大宮アルディージャ フレッシュアイペディアより)

  • 大宮アルディージャ

    大宮アルディージャから見た富山貴光

    補強は東京Vから高橋祥平を、レンタル移籍だったカルリーニョスが完全移籍で獲得。福田俊介、宮崎泰右がレンタル移籍から復帰。富山貴光、今井智基、川田修平が加入した。大宮アルディージャ フレッシュアイペディアより)

  • 大宮アルディージャ

    大宮アルディージャから見た長谷川悠

    補強としては新潟からチョ・ヨンチョル、川崎から菊地光将、山形から長谷川悠、G大阪から下平匠を完全移籍で獲得。また、新外国人選手としてサンパウロFCからカルリーニョスを期限付き移籍で獲得し、市川雅彦をレンタル移籍から復帰させた。大宮アルディージャ フレッシュアイペディアより)

  • 大宮アルディージャ

    大宮アルディージャから見たファジアーノ岡山FC

    リーグ戦は、前年後半からの無敗を継続。第7節浦和戦で鹿島が持っていたJ1連続無敗記録を更新すると、次の柏戦で首位に立ち、第11節仙台戦で敗北を喫するまでにJ1記録を21(13勝8分)に伸ばした。ナビスコカップはグループリーグ敗退。J1リーグ戦でも、コンフェデレーションズカップによる中断明けの7月、第16節から連敗を喫し、5連敗目となった第20節の翌日の8月11日にベルデニックを解任して、小倉勉が監督に就任。なお、カルリーニョスが磐田へ、清水慎太郎が岡山へレンタル移籍したが、仙台から和田拓也、元シドニーFCでオーストラリア代表のニールを補強した。しかし、小倉指揮下でもJ1リーグ戦で連敗を止めることができず、結果的に連敗は8まで伸びたが、第24節横浜F・マリノス戦で連敗を止めた。第25節から第32節までシーズン2度目の8連敗を喫したが、第33節・第34節と連勝して最終順位は14位。なお、第34節湘南戦の勝利により、J1通算100勝を達成した。シーズン終了後に小倉が監督を退任した。また、岡本武行がGM、古矢武士が強化部長をそれぞれ退任した。大宮アルディージャ フレッシュアイペディアより)

  • 大宮アルディージャ

    大宮アルディージャから見たカターレ富山

    鈴木体制3年目。ホドリゴ・ピンパォン、李天秀が退団。7年間在籍していた藤本主税が熊本に、石原直樹が広島に、杉山新が横浜FCに、2年間岐阜にレンタル移籍していた新井涼平が北九州に完全移籍。木原正和が福岡へ、宮崎泰右が湘南にレンタル移籍。富山にレンタル移籍していた福田俊介、大分にレンタル移籍していた土岐田洸平はレンタル移籍期間延長となった。大宮アルディージャ フレッシュアイペディアより)

  • 大宮アルディージャ

    大宮アルディージャから見た栃木SC

    一方、カルリーニョスが徳島、藤井悠太が横浜FC、片岡洋介が鳥取、富山貴光が鳥栖、渡邉大剛が釜山アイパークへ完全移籍、清水慶記・高瀬優孝が群馬、川田修平が栃木へレンタル移籍した。大宮アルディージャ フレッシュアイペディアより)

  • 大宮アルディージャ

    大宮アルディージャから見た東京ヴェルディ1969

    柏からDF土屋征夫、波戸康広、東京VからMF小林慶行、小林大悟、神戸から佐伯直哉を獲得し、またFWには吉原宏太(G大阪)、サウル・マルティネス(前・上海申花・ホンジュラス代表)、GK江角浩司(前・大分)など各ポジションに選手を補強、シーズン途中に元磐田のFWロドリーゴ・グラウを獲得した。大宮アルディージャ フレッシュアイペディアより)

  • 大宮アルディージャ

    大宮アルディージャから見たベガルタ仙台

    リーグ戦は、前年後半からの無敗を継続。第7節浦和戦で鹿島が持っていたJ1連続無敗記録を更新すると、次の柏戦で首位に立ち、第11節仙台戦で敗北を喫するまでにJ1記録を21(13勝8分)に伸ばした。ナビスコカップはグループリーグ敗退。J1リーグ戦でも、コンフェデレーションズカップによる中断明けの7月、第16節から連敗を喫し、5連敗目となった第20節の翌日の8月11日にベルデニックを解任して、小倉勉が監督に就任。なお、カルリーニョスが磐田へ、清水慎太郎が岡山へレンタル移籍したが、仙台から和田拓也、元シドニーFCでオーストラリア代表のニールを補強した。しかし、小倉指揮下でもJ1リーグ戦で連敗を止めることができず、結果的に連敗は8まで伸びたが、第24節横浜F・マリノス戦で連敗を止めた。第25節から第32節までシーズン2度目の8連敗を喫したが、第33節・第34節と連勝して最終順位は14位。なお、第34節湘南戦の勝利により、J1通算100勝を達成した。シーズン終了後に小倉が監督を退任した。また、岡本武行がGM、古矢武士が強化部長をそれぞれ退任した。大宮アルディージャ フレッシュアイペディアより)

  • 大宮アルディージャ

    大宮アルディージャから見たJリーグカップ

    リーグ戦は第16節時点で7位につけたが、リーグ戦15試合で6得点のクリスティアンがサンパウロFCに移籍した。また、桜井をはじめ故障者が続出し、第22節から第28節まで7連敗。第28節時点で16位まで順位を下げたが、レアンドロ、若林学らの活躍もあり第29節から4連勝して、最終成績は13位。優勝したG大阪に2戦2勝だったほか、ホームのさいたまダービーに勝利した。ナビスコ杯はベスト8。天皇杯はベスト4へ進出した。大宮アルディージャ フレッシュアイペディアより)

  • 大宮アルディージャ

    大宮アルディージャから見た徳島ヴォルティス

    一方、北野貴之とチョ・ウォニが退団し、増田誓志は、レンタル終了で蔚山現代へ復帰し、江角浩司が富山へ、中村北斗が福岡へ、高橋祥平が神戸へ、橋本晃司が川崎へ、長谷川悠が徳島へそれぞれ完全移籍した。大宮アルディージャ フレッシュアイペディアより)

223件中 91 - 100件表示
[an error occurred while processing this directive]

「大宮アルディージャ」のニューストピックワード

[an error occurred while processing this directive]