168件中 81 - 90件表示
  • 大宮アルディージャ

    大宮アルディージャから見た菊地光将

    補強としては新潟からチョ・ヨンチョル、川崎から菊地光将、山形から長谷川悠、G大阪から下平匠を完全移籍で獲得。また、新外国人選手としてサンパウロFCからカルリーニョスを期限付き移籍で獲得し、市川雅彦をレンタル移籍から復帰させた。大宮アルディージャ フレッシュアイペディアより)

  • 大宮アルディージャ

    大宮アルディージャから見た朴原載

    湘南からFW石原直樹、鳥栖からFW藤田祥史、Kリーグからは水原のDFマト、浦項のMF朴原載が移籍。大宮アルディージャ フレッシュアイペディアより)

  • 大宮アルディージャ

    大宮アルディージャから見たピム・ファーベーク

    1999年、オランダ人のピム・ファーベークが監督に就任。オランダ流のトータルフットボールを唱えながら、堅い守備陣と強力な外国人FWで勝ち抜こうとするスタイルによって、成績が上昇。大宮アルディージャ フレッシュアイペディアより)

  • 大宮アルディージャ

    大宮アルディージャから見た北野貴之

    張が監督を続投。主力選手だったDF波戸康広が横浜FMへ、DF冨田大介が神戸へ、MF片岡洋介は京都へ移籍したが、新潟の正GKだった北野貴之、大分からDF深谷友基、甲府からDF杉山新らを獲得した。大宮アルディージャ フレッシュアイペディアより)

  • 大宮アルディージャ

    大宮アルディージャから見たラファエル・マルケス・マリアーノ

    シーズン開始後、第2節終了時に8位であったが、2014 FIFAワールドカップ・アジア4次予選によるリーグ戦中断直前の第13節終了時点で15位の順位であった。5月、監督の鈴木淳、ヘッドコーチの石井知幸を解任し、6月に千葉、名古屋、仙台で監督を務めていたズデンコ・ベルデニックが監督に、ユースコーチだった井上卓也がヘッドコーチにそれぞれ就任した。戦力面では7月にFWラファエルがボタフォゴFRへ移籍した一方、FWノヴァコヴィッチ、ズラタンやDF河本裕之を獲得した。第24節時点で17位に順位を落としたが、第24節埼玉ダービー(引分)から最終節までリーグ戦11戦連続(5勝6分)、天皇杯を含めて公式戦13試合連続負けなしの成績で、第25節ホーム鳥栖戦での勝利により15位に浮上して以降降格圏に順位を落とすことなく、第33節の磐田戦に勝利した時点でJ1残留を確定。最終的に13位でリーグ戦を終えた。大宮アルディージャ フレッシュアイペディアより)

  • 大宮アルディージャ

    大宮アルディージャから見たホルヘ・ルイス・デリー・バルデス

    2001年、前半戦を17勝3分2敗の首位で終えたが、後半戦ははFWジョルジーニョおよびパナマ代表FWのバルデスが共に重傷を負い、後半戦より加入したバレーが活躍したが、後半戦は9勝3分10敗の成績で最終順位は5位であった。なお、この年限りで三浦は監督を辞任した。大宮アルディージャ フレッシュアイペディアより)

  • 大宮アルディージャ

    大宮アルディージャから見た久永辰徳

    また、同じくJ1昇格に大きく貢献した久永辰徳はレンタル終了に伴い福岡へ復帰、土屋は東京Vへ完全移籍した。また、三浦が監督を退任した。大宮アルディージャ フレッシュアイペディアより)

  • 大宮アルディージャ

    大宮アルディージャから見た富山貴光

    補強は東京Vから高橋祥平を完全移籍で獲得、レンタル移籍だったカルリーニョスが完全移籍に、福田俊介、宮崎泰右がレンタル移籍から復帰、富山貴光が新加入した。大宮アルディージャ フレッシュアイペディアより)

  • 大宮アルディージャ

    大宮アルディージャから見たロバート・ファーベーク

    元監督ピム・ファーベークの弟であるロバート・ファーベークが監督に就任。しかしリーグ前半戦、3勝7分8敗の16位(入れ替え戦圏内)と低迷。ロバートは解任され、強化育成部長の佐久間悟が新監督に就任。大宮アルディージャ フレッシュアイペディアより)

  • 大宮アルディージャ

    大宮アルディージャから見た坪内秀介

    一方、京都から片岡洋介が復帰。同じく京都から渡邉大剛、FC東京から金英權、大分から東慶悟、磐田から上田康太が完全移籍で加入し、レンタル移籍だった坪内秀介は完全移籍となり、清水慎太郎が加入した。8月にはCRヴァスコ・ダ・ガマから、7月までC大阪に所属していたホドリゴ・ピンパォンをレンタル移籍で獲得した。大宮アルディージャ フレッシュアイペディアより)

168件中 81 - 90件表示

「大宮アルディージャ」のニューストピックワード