前へ 1 2 3 4 5
44件中 1 - 10件表示
  • 柳本 晶一

    柳本晶一から見た大山加奈大山加奈

    2003年2月、全日本女子代表監督に就任。吉原知子をキャプテンとして全日本に復帰させ、大山加奈、栗原恵ら若手選手を積極的に起用するなど大胆な策を見せた。同年11月開催のワールドカップでは、強豪のキューバから金星を挙げ5位となる快進撃を演じ、翌2004年5月開催のアテネオリンピック世界最終予選では開幕6連勝を果たして、2大会振りの出場権を獲得した。同年8月開催のアテネオリンピックは5位の成績を残した。柳本晶一 フレッシュアイペディアより)

  • 下北沢成徳高等学校

    下北沢成徳高等学校から見た大山加奈大山加奈

    大山加奈、荒木絵里香、木村沙織等のオリンピック選手を輩出した高校バレー界が誇る名門校。下北沢成徳高等学校 フレッシュアイペディアより)

  • 東レ・アローズ (女子バレーボール)

    東レ・アローズ (女子バレーボール)から見た大山加奈大山加奈

    2003年は、元アメリカ代表のモニーク・アダムス、大型新人の大山加奈と荒木絵里香が入団。第10回Vリーグでアダムスが敢闘賞とベスト6、荒木がベスト6、大山が新人賞を受賞する活躍を見せるが、惜しくも準優勝。黒鷲旗では優勝を果たした。2004/05シーズンの第11回Vリーグはアダムスの体調不良などが響き8位で終わる。このシーズンを以って、ユニチカ時代の1995年より指揮していた達川実監督が退任し副部長に就任(翌年デンソー・エアリービーズ監督就任)。菅野幸一郎コーチが監督に昇格した。東レ・アローズ (女子バレーボール) フレッシュアイペディアより)

  • 江戸川区立篠崎第五小学校

    江戸川区立篠崎第五小学校から見た大山加奈大山加奈

    大山加奈(元バレーボール選手)江戸川区立篠崎第五小学校 フレッシュアイペディアより)

  • 辻知恵

    辻知恵から見た大山加奈大山加奈

    試合への出場は少なかったが、辻が裏方としてレギュラー選手の洗濯を黙々としている姿を見て佐々木みきや大山加奈などの若手選手は、モチベーションを下げることなく戦うことができた。辻知恵 フレッシュアイペディアより)

  • 大山未希

    大山未希から見た大山加奈大山加奈

    実姉の大山加奈がバレーボールを始めた影響を受け、小学1年よりバレーボールを始める。小学校6年生で身長169cmとなり、1997年全日本バレーボール小学生大会(ライオンカップ)で全国制覇。成徳学園中学に進学後、1999年さわやか杯優勝。大山未希 フレッシュアイペディアより)

  • 河村聖子

    河村聖子から見た大山加奈大山加奈

    翌年の第33回春高バレーでは、決勝戦で大山加奈らを擁する成徳学園高校(現・下北沢成徳高校)に敗れ準優勝となった。河村聖子 フレッシュアイペディアより)

  • 小川良樹

    小川良樹から見た大山加奈大山加奈

    同校の同部からは、荒木絵里香、落合真理、大山加奈、木村沙織、横山友美佳、横山雅美、細川麻美、冨永こよみ、井上奈々朱、大竹里歩など、全日本選手を多数輩出している。小川良樹 フレッシュアイペディアより)

  • 横山友美佳

    横山友美佳から見た大山加奈大山加奈

    尊敬する選手は、高校の先輩であった大山加奈横山友美佳 フレッシュアイペディアより)

  • 2005年バレーボール・ワールドグランプリ

    2005年バレーボール・ワールドグランプリから見た大山加奈大山加奈

    日本代表は、今回の大会で竹下佳江や菅山かおるなどのベテラン選手の積極的な起用が目立った。一方で、アテネオリンピックで一躍その名を知らしめた長身の若手選手である大山加奈、栗原恵などは今回代表に選ばれなかった。こうした布陣で望んだ今大会で、セッター竹下などの活躍もあって、速攻や時間差攻撃、フェイント、ブロックなどで得点機につなげるシーンも多く見られたが、一方で長身の外国選手の強いスパイクに対しては、時に全く歯が立たないような様子を見せた。2005年バレーボール・ワールドグランプリ フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5
44件中 1 - 10件表示

「大山加奈」のニューストピックワード